仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ第32話ネタバレ感想戦アギト編:その② ジオウトリニティとトリニティフォーム夢の共演と失われた記憶に隠されたツクヨミの力

2019年4月21日放送の仮面ライダージオウ第32話「2001: アンノウンなキオク」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダージオウを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ
仮面ライダージオウ考察&ネタバレ感想戦まとめ

←仮面ライダージオウ第31話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダージオウ第31話ネタバレ感想戦アギト編:その① アナザーアギトが量産化!?アギトとジオウのマリアージュを堪能せよ!

仮面ライダージオウ第33話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダージオウ第33話ネタバレ感想戦響鬼編:その① 響鬼を襲名したのは強鬼!?とりあえず京介をよろしく!

仮面ライダージオウ第32話予告動画

仮面ライダージオウ第32話「2001: アンノウンなキオク」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

仮面ライダージオウ第32話見逃し配信中

auビデオパス[PR]にて仮面ライダージオウ第32話の見逃し配信を放送終了後から7日間限定で配信中です。

30日間のお試し登録で簡単に視聴ができるので、第33話を見る前にもう一度見返したいって人はぜひご利用ください。

下の記事でauビデオパス[PR]について詳しく書いています。

auビデオパス[PR]を徹底解説

仮面ライダージオウ第32話あらすじ

仮面ライダージオウ第32話「2001: アンノウンなキオク」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

スウォルツ(兼崎健太郎)らタイムジャッカーは、ツクヨミ(大幡しえり)を人質に取ると、アギトからライダーの力を強奪。アギトライドウォッチを作り出す。変身を解除させられた翔一(賀集利樹)はアナザーアギトに襲われそうになるが、その時またもツクヨミが時間を止めて…!?

 時間を止めたツクヨミはタイムジャッカーだったのか? ツクヨミが記憶喪失だった頃に何が? ソウゴやゲイツ(押田岳)らは思い悩むツクヨミを心配するが、翔一はかつて記憶喪失だった自らを重ね合わせ、「これからも一緒にいてあげればいい」とソウゴらを勇気づける。

 ウールが操るアギトが人々を襲い始めた。アギトウォッチを取り戻そうとソウゴとゲイツらは現場へ急行。翔一はツクヨミと会い、真魚(秋山莉奈)とともに優しく語りかけ、その頑なな心をほぐしていく。そして、翔一は警視庁の尾室(柴田明良)にある秘策を依頼するのだが…!
引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

平成仮面ライダー20作品記念サイトあらすじ↓

戦闘用特殊強化服“G3”の演習中に起きた、アナザーアギト襲撃事件。
ソウゴたちは、アナザーアギトである”仮面ライダーアギト”との接触を計画した末、ついに津上翔一と出会う。

しかし、そこに現れたのは、タイムジャッカー。
彼らは、仮面ライダーアギトの力を利用し、”アギトライドウォッチ”を作り出すと、アナザーアギトに埋め込む。
強化されたアナザーアギトに苦戦するソウゴたち。

方や、戦いの中で自身の秘められた力が露見し、ひとり悩むツクヨミだったが、翔一が現れて…。
引用:https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/32

仮面ライダージオウ第32話ネタバレ感想戦

ストームフォーム、フレイムフォームへフォームチェンジし、アナザーアギトを次々と撃破していく仮面ライダーアギト。

これならアナザーアギトを殲滅できると感じたツクヨミですが、手に持っていたファイズフォンをオーラに奪われ、銃口を突きつけられてしまいます。

「そこまでよ。この女がどうなってもいいの?」

オーラの脅しにアギトも攻撃をやめざるを得ません。

タイムジャッカーに人質に取られたツクヨミ。

そこにソウゴ、ゲイツ、ウォズも到着します。

変身して助け出そうとしますが、ツクヨミを人質にとられているので手が出せません。

その隙にウールはアナザーアギトからアナザーアギトウォッチを取り出しました。

増殖したアナザーアギトの体内でもウォッチが作られるんですね。

ウールはアナザーアギトウォッチを片手にアギトへ歩み寄ります。
そして時間を止めて、ウォッチをアギトの体内へと入れました!

アギトがアナザーアギトになっちゃう!!!
オリジナルにアナザーの力が入るのは初めてのことですね。

苦しむアギトは変身が解除され、ウールの手にはアギトライドウォッチがありました。

翔一は力を奪われ、その場に膝をつきます。
そこをアナザーアギトが襲い掛かってきました。

「あぶない!」

ツクヨミが叫ぶと周辺の時間が止まりました。

止まった時間の中で自身の力に戸惑うツクヨミ。
スウォルツも目を動かすのがやっとの強さです。

再び時間が動き出し、全員困惑。

「やはりお前は、、、」

スウォルツはツクヨミを見てつぶやきます。

「こいつが無ければ常盤ソウゴがオーマジオウの力を手にいれることはできない。」

ウールはアギトライドウォッチをアナザーアギトへと入れました。
するとアナザーアギトが仮面ライダーアギトへと変身!?

変身後アギトはどこかへと走り去ってしまいました。

「お手並み拝見といこうか。」

スウォルツ達も立ち去ろうとしたところをツクヨミが止めます。

「あなたは何を知っているの?私のこと。」

ツクヨミの質問に答えずにスウォルツは去っていきました。

「いただきまーす」

クジゴジ堂へ帰ったソウゴ達。
翔一はおじさんの作ったぶり大根を食べていました。

「緊張するな。プロのシェフのお眼鏡にかなうかな。」

じっくりと味わう翔一をソワソワしながら見つめるおじさんw

顔芸がヤバすぎるw

「うん。美味しい。」

満面の笑みで料理の感想を言う翔一に、おじさんは昇天していきそうな顔で喜びますw

「プロのシェフに褒められちゃった。スカウトされちゃうかも。」

おじさんは浮かれています。

「僕はねぇ、こう見えて時計屋としてのプライドがあるんだ。」

ソウゴもスカウト!?みたいな顔をして引き気味ですw

「すみません、スカウトに関してはちょっと考えさせてください!」

おじさんは翔一に言って台所へ帰っていきましたw

「君は王様になるためにあの時計がだったんだよね?」

翔一は真面目な顔になってソウゴにウォッチのことを聞きます。
そして最高最善の王様へなるために必要な力を奪われたと謝罪。

ツクヨミも自分が人質に取られたせいだと落ち込んでいます。

ソウゴとゲイツが慰めた後、さっきスウォルツに何を聞こうとしたのかと質問しました。

「放っておいて。」

ぼそっとつぶやき、ツクヨミはどこかへ行ってしまいました。

「さっき時間を止めたのはあの女?」

ビルの屋上にいたスウォルツにオーラが質問をします。

「あの女もタイムジャッカーってこと?」

スウォルツはオーラの質問に答えませんでした。

「あんなにソウゴを責めてたのに、私にも時間を操る力があったなんて、、、」

ツクヨミは自身の力に困惑するのと同時に、恐れているような様子でした。

ソウゴ、ゲイツ、ウォズ、翔一も公園でツクヨミの力について会議中。

ツクヨミの失われた記憶が鍵だという話に、翔一は先輩としてのアドバイスを送ります。

「記憶かぁ、心配?」

「そりゃぁ今まで一緒に戦ってきた仲間だから。」

ソウゴは翔一の質問に答えます。

「じゃあこれからも一緒にいてあげればいいよ。」
「過去より君たちといる未来の方が彼女にとって大切なんじゃないかな。」

翔一かっこよすぎだろ。

すると翔一の携帯に着信が。
電話の相手は尾室さんでした。

街でアギトが暴れていて、翔一じゃないことを確認する電話だったようです。

「俺たちが行くよ。アギトの力を取り返す。」

ツクヨミのことを翔一に任せて、ソウゴとゲイツはアギトの元へと向かいました。

「まさか、ツクヨミ君が。」

ウォズはツクヨミの力について心当たりがある様子で、別行動をとりました。

街ではアギトが人を襲ってアナザーアギトを絶賛製造中。

ソウゴとゲイツはジオウ2とゲイツリバイブ剛烈へと変身して、アギトを止めようとします。

群がるアナザーアギトを倒していきますが、数が多すぎてキリがあきません。

高みの見物状態のウールとアギト。
さらにアナザーアギトの量産ペースを上げようとしているようです。

ジオウ2は未来予知能力でアナザーアギトが量産される未来を見ます。

「ゲイツまずい。このままだと俺達でも倒しきれない数になる。」

「こんな時にウォズはどこへ行った!」

2人がアナザーアギトと奮闘している時にウォズはスウォルツに会いに行ってました。

「君はツクヨミ君をタイムジャッカーにしようとしているのかい?」

スウォルツは「俺は何もしていない」とウォズの質問に答えます。

「それはおかしい」とウォズ。

「本来、時間を操る能力は君にしか与えられていないはずだからね。」

(;゚Д゚)!?
そうなの!?
これは物語の革新をつくような新情報ですね。

「君がツキヨミ君に力を分け与えていないとすれば、、、」

「あの女が俺と同じだという事になるな。」

スウォルツはニヤリと笑って言いました。

「バカな、、、彼女があの?」

ウォズにも心当たりがあるようで、信じられないといった表情でした。

1人自身の力について悩むツクヨミ。
そこに翔一が現れます。

翔一はレストランAGITΩへとツクヨミを招待し、料理をふるまいます。

そこで自身が記憶喪失であった過去と、津上翔一ではなく沢木哲也であることを教えました。

記憶を失って、気が付けばアギトという力を手に入れた翔一にツクヨミは興味を抱きます。

「(記憶を失って)それで、どうしたんですか?」

「一生懸命暮らしたかな。野菜作ったり、料理したり。」

「おかしいでしょ?今と全然変わんない。」

真魚も笑って言いました。

翔一はコック服を脱ぎながら続けます。

「だって記憶とか力とか、あってもなくても俺は俺だから。」
「君だって、そうやって生きてきたんじゃないの?」

「私は、、、」ツクヨミは自分の生き方について迷っている様子。

そんなツクヨミに翔一は料理を食べてと促します。

料理を口にし、「美味しい」とツクヨミの顔も笑顔になりました。

「その笑顔をみんなにも見せてあげてよ。」

「みんな?」翔一の言葉にツクヨミは不思議そうに聞き返しました。

「君の美味しそうな顔が見たくて料理を作ってくれる人がいるじゃない。あの仲間達だって君が君でいるから、仲間になったんだよ。」

翔一のイケメン過ぎる言葉にツクヨミの中にあった悩みは無くなりました。

アナザーアギトを倒し切ってボロボロのソウゴとゲイツ。
そこにツクヨミが駆けつけます。

「ごめんなさい。私!」

「あのさツクヨミ。」

今にも泣き出しそうなツクヨミの言葉をソウゴが遮って言います。

「ツクヨミは世界を良くしたいって思って戦ってきたんでしょ?それでこの時代に来た。」
「俺も少しでも世界を良くしたい。だから俺は王様になる。」

ソウゴはまっすぐとツクヨミを見て言葉を続けます。

「ツクヨミやゲイツやウォズがいるからこそ、最高最善の魔王になれる。そう思うんだ。」

笑顔で語り掛けるソウゴにツクヨミも答えます。

「私も世界を良くしたい。過去に何があっても、私が本当は誰でも関係ない。」

泣き出しそうだったツクヨミの顔が笑顔になります。

「だって私は私だから。」

「おかえり。ツクヨミ。」

ソウゴ、ゲイツ、ツクヨミは笑顔で仲間の絆を確かめ合いました。

そこにウォズも合流。

「我が魔王。アギトとは戦わない方がいい。これは罠だ。」

「どういうことだ?」

笑顔だったゲイツの眉間にしわが寄ります。

「1人が目醒めれば、次々目醒めるのがアギトの力。ウールは君でも倒しきれないアナザーアギトを作り出して待ち受けている。スウォルツからそう聞いた。」

スウォルツしゃべり過ぎじゃない!?

「でも何でスウォルツはあなたに教えるの?」

ツクヨミも同じ疑問を持ったようですね。

「貴様ぁ、また2重スパイとしてたち、、、」

怒りをあらわにするゲイツをソウゴが止めます。

「罠でもいいさ。それは俺がすでに予知した未来だ。」

ソウゴカッコいい!!!

アギトの力を取り返すためにソウゴ達は、罠だと分かったうえでウールの元へと向かいました。

ソウゴ達が現場に到着したころには、おびただしい数のアナザーアギトが。

ソウゴ、ゲイツ、ウォズはウールからアギトの力を取り戻すべく、ジオウ2、ゲイツリバイブ剛烈、ウォズフューチャリングキカイへと変身!!!

最近ゲイツリバイブの副作用の演出が無いですね。
克服したのだろうか?

「ウォズ、お前のシノビと俺の疾風。どちらが早いか勝負しないか?」

「ふっ、おもしろい。」

2人はゲイツリバイブ疾風、フューチャリングシノビへフォームチェンジしスピード勝負に持ち込みます。

以前決着がついただろってツッコミは受け付けてないようです。

ゲイツリバイブは空中から、ウォズは神出鬼没に姿を現せてアナザーアギトを撃破していきます。

「アギトの力を返してもらう!」

ジオウ2がアギトに攻撃を仕掛けます。
この時のアギトが、ストームハルバードとフレイムセイバーを模した緑の武器を使用していて、こだわりをみせていましたね!

「返すって、君たちの力じゃないじゃないか。」

ウールが正論を返します。

「君の力でもないよね?」

その言葉と共にG3がアナザーアギトへ攻撃を仕掛けます。

翔一のG3は熱すぎる!

しかしアナザーアギトの数が多すぎて、G3は吹っ飛ばされてしまいます。

このときG3の頭部パーツが外れてまさかの面無し状態!
神回過ぎるんだが!!!

襲い掛かってくるアナザーアギトを何とか振り払っていく翔一。

ツクヨミは翔一を助けるために、アナザーアギトの時間を止めました。

もう使いこなせてるだと!?

翔一がアナザーアギトを引き付けてくれたおかげで、アギトからアギトライドウォッチを取り返すことに成功。
アギトはアナザーアギトへと戻ってしまいます。

ジオウ2は取り返したアギトライドウォッチを翔一に投げました。

「あの、ほら!ポチっと!ポチっと!」

ライドウォッチの使い方をざっくり教えるジオウ2w

翔一はアギトライドウォッチを起動し、アギトの力を取り戻しました。

「変身!」

アギトの変身キタ――(゚∀゚)――!!

それに続いてジオウ2もジオウトリニティへフォームチェンジ!!!

「ひれ伏せ。我こそは仮面ライダージオウトリニティ。大魔王たるジオウとその家臣ゲイツ、ウォズ三位一体となって未来を創出する時の王者である。」

「いいかげん恥ずかしいから止めろ!」

「うるさいな、右肩。」

キレ気味のゲイツを右肩呼ばわりするウォズw

「どっちも肩じゃん」

両肩でケンカをされるソウゴもうんざりしていますw

「本当に面白いね。君の仲間。」

アギトはツクヨミに向かって言いました。

ジオウトリニティの姿を見てアギトも「負けてられないな」といってアギトトリニティフォームへフォームチェンジ!

2人のトリニティがここに集結です!

「これは!?祝わなばなるまい!!!」

この激熱な展開に左手をバタバタとさせてウォズが祝いますwww

「祝え!ジオウトリニティとアギトトリニティフォーム。三位一体と三位一体、合わせて六位一体の力が、、、」

「もーいいからー!」

暴走気味のウォズをソウゴが止めますw

「とにかく、これならいける気がする。」

ここでアギトの挿入歌「BELIEVE YOURSELF」が!!!
アギト編力入り過ぎじゃないすか!?

2つのトリニティによる必殺技でアナザーアギトを一掃。

そのままオリジナルのアナザーアギトへトリニティタイムブレークバーストエクスプロージョンとライダーシュートが炸裂!

見事にアナザーアギトを撃破することができました。

結局変身者は分からずじまいでしたね。

ジオウトリニティを満面の笑顔で見つめるツクヨミ。
「ただいま」とオフレコだったのは良い演出でした。

アナザーアギトとの戦いが終わり、翔一はソウゴにアギトライドウォッチを託します。

「いいのか?」とゲイツ。

「王様んなってよ。王様って人、俺会ったこと無いからさ。」

そういって翔一はソウゴの肩をポンと叩き立ち去ろうとしました。

「あの!」とツクヨミが翔一を呼び止めます。

「私、どんな過去でもちゃんと受け止めて見せます。」

「俺も新しい料理作って、待ってるよっ。」

ツクヨミの決意を聞いて翔一も嬉しそうにフランスへ帰っていきました。

かくしてソウゴ達はアギトライドウォッチを手に入れ、残るライドウォッチは5つ。

次のレジェンドライダーは響鬼!!!

友情出演で桐矢京介とトドロキさんが登場します!

思わず「ゆうとーーーーーー」って叫んでしまいましたが、今回は京介での出演。

次回の響鬼編も面白くなりそうですね。

とりあえず次回放送に向けて鍛えてきます。

シュッ

仮面ライダージオウ第32話時点での考察

仮面ライダージオウ第32話時点での考察ポイントは以下の2つ。

  • スウォルツが与えられた時を操る力
  • ツクヨミの過去と力の正体

これらのポイントについて考察していきます。

スウォルツが与えられた時を操る力

スウォルツを始めとした、タイムジャッカーの時を止める能力。

これはスウォルツが誰かから与えられ、スウォルツからウールとオーラに分け与えられた能力のようです。

となると誰がスウォルツに力を与えたのでしょうか?

有力なのは最低最悪の魔王であるオーマジオウ。

ウォズがスウォルツの能力について知っていたことも踏まえると、2人はオーマジオウの家臣だったと考えられます。

しかしスウォルツは己の野望を果たすために、オーマジオウを裏切ったのではないでしょうか。

スウォルツがウールとオーラに力を分け与えたから、スウォルツの方が時を止める能力が強いってことも納得です。

今後の戦いで追い詰められたスウォルツが、ウールたちから無理やり力を取り返してパワーアップする展開とかが予想されますね。

でも冬映画に登場したスーパータイムジャッカーのティードはどう説明するんでしょうか?
設定的にはタイムジャッカーより能力は上なので、スウォルツが自分より強い存在を作ったってことか?

ここら辺はうるさいことを言うと怒られそうですねw

ツクヨミの過去と力の正体

ツクヨミの時を止める力は、スウォルツから与えられたものではありませんでした。

つまりスウォルツと同じ存在であると第32話内で言っていました。

ツクヨミの過去は、今後の物語の鍵を握る存在だというのは間違いなさそうですね。

私の考察通りなら、ツクヨミの力もオーマジオウが与えたという事になります。

スウォルツとツクヨミに時を操る力を譲渡したことで、オーマジオウは能力を失ったのかもしれません。
だから過去に干渉してきたゲイツとツクヨミを野放しにしているのかもしれませんね。

まとめ

謎の力の入りようで、かなりアツい展開が続いた第32話。

まさに神回といっても過言ではありません。

ツクヨミは時を操る力を手に入れて、歴代ヒロイン最強となりました。
これからどのようにソウゴ達をサポートしていくのか注目です。

そして次回は響鬼編。

細川茂樹さんの登場は無いにしても、中村優一さんと川口真五さんが登場するのは熱すぎる。

平成最後と令和最初の放送を楽しみにしつつ、鍛えておこうと思います。