仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ第31話ネタバレ感想戦アギト編:その① アナザーアギトが量産化!?アギトとジオウのマリアージュを堪能せよ!

2019年4月14日放送の仮面ライダージオウ第31話「2001: めざめろ、そのアギト!」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダージオウを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ
仮面ライダージオウ考察&ネタバレ感想戦まとめ

←仮面ライダージオウ第30話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダージオウ第30話ネタバレ感想戦ブレイド編:その②ジオウトリニティは魔王、救世主、予言者のてんこ盛り

仮面ライダージオウ第32話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダージオウ第32話ネタバレ感想戦アギト編:その② ジオウトリニティとトリニティフォーム夢の共演と失われた記憶に隠されたツクヨミの力

仮面ライダージオウ第31話予告動画

仮面ライダージオウ第31話「2001: めざめろ、そのアギト!」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

仮面ライダージオウ第31話を視聴したい人はコチラ

仮面ライダージオウ第30話を見返したいなら

auビデオパス[PR]にて仮面ライダージオウ第30話の見逃し配信を放送終了後から7日間限定で配信中です。

30日間のお試し登録で簡単に視聴ができるので、第31話を見る前にもう一度見返したいって人はぜひご利用ください。

下の記事でauビデオパス[PR]について詳しく書いています。

auビデオパス[PR]を徹底解説

仮面ライダージオウ第31話あらすじ

仮面ライダージオウ第31話「2001: めざめろ、そのアギト!」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

オーマジオウと肩を並べるぐらいの力は持ちたい…。ソウゴ(奥野壮)は、ゲイツ(押田岳)らの前ですべてのライダーウォッチを集める、と強い決意を口にするが、どうやってウォッチを集めたら良いものか。

アナザーライダーに警視庁のG3ユニットが襲われる事件が発生した。ソウゴらはG3の演習場でアナザーライダー、アナザーアギトと遭遇。ソウゴ、ゲイツ、ウォズ(渡邊圭祐)はライダーに変身して戦いを挑むが、なんとアナザーアギトはG3をアナザーアギトへと変えてしまう。

3体になったアナザーアギトは警視庁の尾室(柴田明良)を攻撃、万事休すと思われたその時、ツクヨミ(大幡しえり)が信じられない力を使い…!?

オリジナルの仮面ライダーアギトと接触しようと、ソウゴとゲイツは「レストランAGITO」へ。二人を出迎えた真魚(秋山莉奈)に、アギトである翔一(賀集利樹)に会いたいと告げるのだが…。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

平成仮面ライダー20作品記念サイトあらすじ↓

これまでに集めたライドウォッチは14個。
ソウゴが魔王としての力を手に入れるためには、残り6個を手にしなくてはならない・・・・。

警察の特殊部隊、G3ユニットがアナザーアギトと戦闘中。
ソウゴ達は加勢し、アナザーアギトと戦う。だが、アナザーアギトは次々と増殖する!
埒があかないと判断したソウゴたちは、「仮面ライダーアギト」を探そうとする。
調べたところ、レストランAGITOという店があって ・・・・

引用:https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/31

仮面ライダージオウ第31話を視聴したい人はコチラ

仮面ライダージオウ第31話ネタバレ感想戦

警察の訓練施設ではG3ユニットのテストが行われていました。

その訓練、開発の指揮を執るのが尾室さん。

アギト放送当時が24歳なので、もう42歳ですよ。
そりゃ偉くもなりますね。

テスト訓練の様子を見ている警察のお偉いさんは、10年以上も前に開発されたG3ユニットを今更開発するのが気に食わないようです。

「優先すべきは全国配備というのが私の考えです。こなれた技術の方が量産に向きますし。」

尾室さんはお偉いさん方に言いました。

すると異常事態を知らせる警報が鳴ります。

壁を破壊して現れたのはアナザーアギト!

アナザーライダーの特徴である「ライダーの文字と年を表す数字」は書いてありますが、その姿はまさしく私達が知るアナザーアギトそのもの。

アナザーアギトはG3ユニット目がけて突進し、ボッコボコにしていきました。

10年以上の研究の成果があっさりと打ち砕かれ尾室さんも放心状態です。

一方クジゴジ堂でこれまで手に入れたライドウォッチを並べて、今後の方針を会議するソウゴ達。

しっかりと龍騎ライドウォッチもありますね。

仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダー龍騎の感想戦はコチラ↓

仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダー龍騎第1話ネタバレ感想戦 平成最後のライダーバトル始動!

「俺はすべてのウォッチを集めようと思う。」

オーマジオウの言うとおりに動こうとするソウゴに、ゲイツとツクヨミも不安そうな表情です。

「どのみち今の俺の力じゃ、まだオーマジオウには歯が立たない。」

オーマジオウと戦った時のことを思い出すソウゴ。

「せめて、オーマジオウと肩を並べるくらいの力を持たないと。」

ソウゴの意見を聞いて納得したゲイツとツクヨミ。
ですがウォッチを集めると言っても手段が分かりません。

「今まで通りドンと構えていればいい。」

ウォズはソウゴに言いました。
(これからは区別する必要が無いので黒ウォズ表記を撤廃します。)

そこにおじさんが帰宅。
アナザーアギトの事件で街が大変になっていると聞きます。

おじさんと一緒にニュースの映像を確認したソウゴ達。
事件にアナザーライダーが関わっていると知りました。
そして舞台はフランスのとあるレストラン。

アナザーアギトのニュースを知った1人の男性は、日本へと帰国することを決めます。

この男こそ2番目の平成仮面ライダーである仮面ライダーアギト/津上翔一!

翔一の見た目が全然変わってなくて感激です。

アナザーアギト事件が起きている中、ウールとオーラはスウォルツの行動に疑問視していました。

「お前たちの意見を聞くつもりはない。」

いつの間にか現れたスウォルツ。

「逢魔の日を迎え、常盤ソウゴはオーマジオウへとなろうとしている。」
「これ以上ウォッチを集めさせていては、取り返しのつかないことになる。」

言葉とは裏腹に、そうなって欲しいといった笑みを浮かべながらスウォルツは言いした。

「すでに作戦は動き出した。」

スウォルツの作戦とは一体?

ニュースを見たあと、ツクヨミがアナザーアギトについて調べました。

どうやらアナザーアギトの事件は、G3ユニットの訓練施設のみで発生しているようです。

「もしそうなら、アナザーライダーを待ち伏せできる。昔からそうだが実に冴えてるじゃないか、ツクヨミ君。」

昔の上司であるウォズはツクヨミを褒めます。

何でか知らないですけど、この場面からウォズの声が強めに加工されてるんですねよ。
なんか関係があるのでしょうか?

昔の話になりソウゴはツクヨミの過去にも興味を持ちます。

実はツクヨミがレジスタンスに参加した時、記憶を無くしていたようです。

ツクヨミという名前もコードネームのようなもの。
本当の名前は誰にも分かりません。

ですがツクヨミ自身、あまり気にしていないようでした。

G3ユニット訓練施設を襲うアナザーアギト。
そこへソウゴ達が駆けつけます。

ソウゴ、ゲイツ、ウォズの3人同時変身!!!

アナザーアギトと戦闘中にジオウは胸の文字を確認。

「アギ、アギオメガ?」

「アギトだ!」

ジオウの疑問に秒で答えるウォズw

「AGITO」表記ではなく「AGITΩ」表記なんですね。

抑えるゲイツを振り払い、アナザーアギトはG3ユニットへ襲い掛かります。

そのまま装備を剥がし、体に喰らいつきました!

苦しむ装着者、ですがその後にアナザーアギトとなってしまいます!

アナザーアギトに噛まれた人間は、アナザーアギトになってしまう。
まるでゾンビ映画のようです。

増殖していくアナザーアギト、気が付けばその数3体。

ウォズが戦闘していたアナザーアギトが、近くにいた尾室さんに襲い掛かりました。

「危ない!」

ツクヨミが尾室さんを突き飛ばします。

そのままアナザーアギトはツクヨミに飛び掛かってきました。

目をつむり絶体絶命のツクヨミですが、気が付くと目の前には空中で時が止まって動かないアナザーアギトが!

意味の分からない光景にツクヨミも困惑します。

その光景を見ていたウォズとスウォルツも同様に困惑している様子。

ツクヨミがアナザーアギトのそばから逃げた瞬間、時が動き出します。

ウォズはアナザーアギトに攻撃し撃退しました。

同時にジオウとゲイツが戦っていたアナザーアギトも退散。

「まさか増殖するなんて。」

今までのアナザーライダーとは違い厄介な特性に頭を抱えるソウゴ。

「変だと思わないか?全く俺たちを相手にせず、G3だけを狙ってた。」

ゲイツはアナザーアギトとの戦闘で感じた違和感を口にします。

「ひとまず仮面ライダーアギトに接触してみようか。」

ソウゴの言葉に「居場所は知ってるのか?」とゲイツ。

「知らない」というソウゴにウォズもあきれています。

そこで諦めない現代っ子のソウゴ。
アギトをググりだしますw

「お前な、いくら何でも出てくるわけないだろ。」

ゲイツもぶっきらぼうに言いました。

「出てきた!」

「AGITΩ」と検索すると一番上にはレストランAGITΩのホームページが!

これは仮面ライダーアギトの最終回で翔一が開いたレストランじゃないですか!!!

何か関係があるかもと、ソウゴとゲイツが調べに行きました。

「元気ないじゃないか。」

そんなやり取りを黙ってみていたツクヨミにウォズが声をかけます。

「さっきのことを気にしているのかい?」

さっきのこととはツクヨミが時間を止めた件です。

そのことを見られていたことに驚いてるツクヨミ。

「私が時間を止めた、、、」

ツクヨミに秘められた力とは一体何なのでしょか?

アナザーアギトの増殖能力について話し合うウールとオーラ。
そしてジオウたちではなくG3を襲っていることに、ますますスウォルツの考えが分からなくなります。

「分からせてやるんだよ。僕たちがいないと何もできないってことをね。」

ウールの逆襲が始まります!

そんなことを知る由もない(知ったところで問題ない?)スウォルツはツクヨミの時間を止める能力について考えていました。

「あの力、確かめてみる必要があるな。」

ツクヨミの力はスウォルツにとっても予定外なものだったようですね。

一方、レストランAGITΩに到着したソウゴとゲイツ。

店内に入ると1人の女性が出迎えてくれました。

真魚ちゃん!!!
電王のナオミちゃんとは違って、落ち着いた大人の女性へと成長していました。

「あの俺、常盤ソウゴって言います。仮面ライダーアギトさんはいますか?」

直球過ぎる質問にゲイツも面喰いますw

ゲイツに注意されソウゴは質問し直します。

「俺、王様になるためにアギトに会わないといけないんです!」

天を仰ぐゲイツw

「王様?アギトって翔一君のこと?」

真魚ちゃんはソウゴの質問に困惑しつつも、翔一の名前をだします。

しかし翔一はフランスへ修行に出ていて日本にいません。

仮面ライダーアギトに会えないと分かり落ち込むソウゴはゲイツと共に店を後にします。

すると店内の電話が鳴りました。

「ただいま、真魚ちゃん。」

電話の相手は日本へ帰国した翔一でした。

帰国早くね!?

翔一は真魚からアナザーアギトの事件の詳細とソウゴ達のことを聞きました。

ここからどう絡んでいくのか楽しみです。

「せっかくアギトに会えそうだったのにね。」

これからどうしようかとゲイツに相談するソウゴ。

「ああ、海外か、、、タイムマジーンで飛んでいくか?」

「おお!それいいね。」

個々のセリフ、アドリブっぽいなー(`・ω・´)

仲良く作戦会議するソウゴ達にウォズが合流。
尾室さんからアナザーアギトが現れたと連絡があったと聞き、3人は現場へ急ぎました。

そのころベンチで座り黄昏ているツクヨミのもとにスウォルツが現れます。

「さしずめ、自分の力に戸惑っていると言ったところか。」

「あなたには関係ない」と拒絶するツクヨミですが、スウォルツは話を続けます。

「私がここに来たということ。すなわち私が関係しているという事だ。」

驚くツクヨミの背後にアナザーアギトが現れます。

襲ってくるアナザーアギトにツクヨミはファイズフォンで応戦。

「見せてみろ。お前の力を。」

アナザーアギトの容赦ない攻撃は続きます。
どうなるツクヨミ!

ソウゴ達も、アナザーアギトが現れたと報告のあった場所へ到着。

ジオウ2、ゲイツリバイブ疾風、ウォズフューチャリングクイズへと変身。
本日2度目の3人同時変身です!!!

G3ユニットの装着者を守ろうとしますが、やはりアナザーアギトはジオウ2達を無視して行動します。

「あーーーもう!3人バラバラじゃ埒が明かない。1つになるよ!」

長引く戦闘にしびれを切らしたジオウ2は、ジオウトリニティウォッチを取り出します。

「え!?今かい!?」

「逆じゃないのか!?」

ゲイツリバイブ、ウォズもジオウ2の判断に驚きますw

私も2人の意見に賛成です(`・ω・´)

ですが主導権はトリニティウォッチを持つジオウ2にあります。
スウォルツばりに意見を求めないジオウ2は、ジオウトリニティへ変身!

「よし!」と意気込むソウゴを「待ちたまえ」とウォズが止めます。

「戦いの前に、やっておきたいことがある。」

主導権がウォズへ移ります。

「ひれ伏せ!我こそは仮面ライダージオウトリニティ。大魔王たるジオウとその家臣ゲイツ、ウォズ、三位一体となって未来を創出する時の王者である!」

カマシスギッ!の音声と共に冷ややかな目線がジオウトリニティに集まりますw

着々とウォズがネタキャラ化していますねw

周りの冷ややかな反応に「ん?聞いてなかった?」といった反応のウォズw

再び「である!」とドヤ顔のウォズに「ちょっと!」とキレるソウゴ。

「ウォズ何なの?」

「何?とは?」

「だいたい誰が家臣だ。」

「静かにしてくれないか。」

ジオウトリニティ内での会議面白いなw

「この姿こそ我が魔王の覇道の証。世に喧伝しなければならない。」

相変わらずのウォズに「恥ずかしいよ」とため息をつくソウゴでした。

3人がバカをやっている間にもツクヨミのピンチは続きます。

「ツクヨミというのは偽名だな。本名はなんだ?」

「知らない!」

アナザーアギトの攻撃を避けながら、わざわざスウォルツの質問に答えるツクヨミ。

「さては、記憶を失っているという事だな?」

「あなた、何か知っているの!?」

自身の過去について何か知っている様子のスウォルツ。
その一瞬の隙をつかれてアナザーアギトの攻撃を受けてしまいました。

「忘れているなら、思い出さない方が幸せだ。」

アナザーアギトがツクヨミにとどめを刺そうとした時、遠くから聞き覚えのある変身待機音が!!!

オルタリングを纏った翔一がアナザーアギトに殴りかかります!

応戦するアナザーアギトのパンチを避けた瞬間、仮面ライダーアギトへ変身!

今度はディケイドじゃなくて、しっかりとアギトです!!!

うおおお!!!かっけーーー(`・ω・´)

アギトの登場にスウォルツはニヤリと笑います。

そのころジオウトリニティも勝負を決めるべく、ジカンジャックローとジカンデスピアの合体技によって1体のアナザーアギトを撃破。

倒されたアナザーアギトは元の人間に戻ります。

この調子で他のアナザーアギトを倒そうとしますが、辺りにいたはずのアナザーアギトの姿がありません!

なんとアギトに引き寄せられるように、アナザーアギト達が集結。

アギトを襲い始めました。

「まんまと現れてくれたな、仮面ライダーアギト。」

一連のアナザーアギト事件は仮面ライダーアギトをおびき出すための作戦だったようです。

「お前の持つアギトの力を手に入れるためだ。」

いったいスウォルツはアギトの力を使って何を企んでいるのでしょうか!?

仮面ライダージオウ第31話を視聴したい人はコチラ

仮面ライダージオウ第31話時点での考察

仮面ライダージオウ第31話時点での考察ポイントは以下の3つ。

  • 増殖するアナザーアギト
  • ツクヨミの失った記憶
  • スウォルツが手に入れたいアギトの力とは?

これらのポイントについて考察していきます。

仮面ライダージオウ第31話を視聴したい人はコチラ

増殖するアナザーアギト

最近増えてきた、2019年表記のアナザーライダーです。

しかしアナザーアギトは、これまでのアナザーライダーとは違った特徴を持っています。

  • 仮面ライダーの表記にギリシャ文字が使われている
  • ウォッチを使わずにアナザーライダーを増やせる増殖能力
  • 見た目が完全に木野薫が変身するアナザーアギト

ギリシャ文字に関しては、アギトを単に欧州表記にしているだけと考えられます。

増殖能力に関しては、とても興味深いです。

本来であればアナザーウォッチを体内に埋め込まれた人間が、アナザーライダーへと変身します。
ですがアナザーアギトの場合は、アナザーアギトに噛まれるだけで変身できてしまいます。

これは人間が本来持っているアギトの力を増幅させているのではないでしょうか?

増殖したアナザーアギトの身体全体のデザインが無いため、アナザーライダーの特徴があるかは不明です。

そしてアナザーアギトの見た目問題です。

仮面ライダーアギトテレビ本編にて、木野薫が変身する仮面ライダーアナザーアギトとうり二つ。
ていうか一緒のデザインです。

仮面ライダージオウ放送当初から心配されていたアナザーアギトの扱い方ですが、ここまで直球勝負されると清々しいですねw

仮面ライダーアギトテレビ本編ではアギトとアナザーアギトの見た目に差異はないような描写があります。

ですが仮面ライダージオウに登場するアナザーアギトは違います。
すでに仮面ライダーディケイドが変身するディケイドアギトを見ているため、ソウゴ達もアギトのデザインは知っているはず。

そのアギトと別物扱いできていることから、アギトとアナザーアギトは別のデザイン。
ただ私達、視聴者サイドでは違和感があるよねって話なんだと思います。

ツクヨミの失った記憶

今回初めて明かされたツクヨミの記憶喪失設定。
さらにアナザーアギトに襲われた時に発言した時を止める能力。

時を止める能力自体はタイムジャッカーが使用しているので、珍しくもないのですがなぜツクヨミが使用できるのか?
ていうか、そもそもタイムジャッカーは何で時を止められるんだ?

ツクヨミの能力がタイムジャッカーと同じものなのであれば、記憶を失う前のツクヨミはタイムジャッカーだったという事になります。

まさかツクヨミはレジスタンスに潜り込んだスパイだったりして!

スウォルツ曰く、ツクヨミが忘れた過去は思い出さない方がいい辛い過去のようです。

不思議な能力、記憶喪失という仮面ライダーアギトならではの展開の続きが気になりますね。

スウォルツが手に入れたいアギトの力とは?

本来タイムジャッカーは新たな時の王を擁立するためにアナザーライダーを生み出します。

ですが今回生み出されたアナザーアギトは別です。

アナザーアギトを生み出した目的は、仮面ライダーアギト/津上翔一をおびき出すこと。

そしてスウォルツはアギトの力を奪おうとしているようです。

ここで気になるのがスウォルツが欲しいのは「仮面ライダーアギトの力」なのか、「アギトの力」なのかってこと。

仮面ライダーアギトの力が欲しいのであれば、今までと行動の目的は変わりません。
ていうかアナザーアギトを誕生させた時点で奪ったも同然です。

なのでスウォルツが欲しいのは「アギトの力」という事になります。

アギトの力とはオーバーロードである火のエルが「知恵=アギトの力」という形で人間に与えた力。

アギトの力を持つ人間はアギト覚醒への前兆として、さまざまな超能力を発現させます。

しかしスウォルツが欲しいのは知恵でも超能力でもないはず。

アギトの力の本質は「限りなく進化すること」。

スウォルツはさらなる高みを目指すためにアギトの進化し続ける力が欲しいのではと考えられます。

まとめ

アギト編として始まった仮面ライダージオウ31話。

翔一たちオリジナルキャストの登場で、私のテンションも高めです。

さらに今回はアナザーライダーとしてですがアナザーアギトも登場しています。

まさにアギトファン必見の内容でした。

ツクヨミの隠された真実も気になるし、ますます面白くなってきた仮面ライダージオウから目が離せませんね。