仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ最終回(第3話)ネタバレ感想戦 新たな仮面ライダーが4人も登場!?鎖鎌、クナイ、釵、爆弾の使い手忍者

2019年3月31日に動画配信アプリ「東映特撮ファンクラブ」にて独占配信される「仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ」最終回(第3話)「八ポウ塞がり危機一髪の巻」の考察&ネタバレ感想戦です。

本編動画を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ
仮面ライダージオウ考察&ネタバレ感想戦まとめ

←「仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ」第2話感想戦
仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ第2話ネタバレ感想戦 忍び寄る闇忍。シノビとハッタリのタッグ忍ポウ!

3日間限定!RIDER TIME 仮面ライダーシノビ 第1話を無料視聴

4月12日(金)~4月14日(日)までの3日間限定で、RIDER TIME 仮面ライダーシノビ第1話を無料視聴することができました。

ですが公開期限を過ぎたため、現在RIDER TIME 仮面ライダーシノビを無料で視聴する方法はありません。

また無料公開をする可能性も無いことは無いですが、いつになるか分からない状況です。

視聴したいのであれば、東映特撮ファンクラブに登録するしかありません。

ですが月額料金960円が発生してしまうため、配信コンテンツに納得した上での登録をおススメします。

下の記事で東映特撮ファンクラブ利用者の私がまとめたレビュー記事があるので、良かったら参考にしてください。

東映特撮ファンクラブ会員歴1年の私が徹底レビュー

RIDER TIME 仮面ライダーシノビ動画(試聴版)

RIDER TIME 仮面ライダーシノビ第1話「ハッタリの恋はイッポウ通行の巻」の試聴版がYouTubeにて配信中です。

OP映像も見れるので、まだ見れていない方はご視聴ください。

仮面ライダージオウ スピンオフRIDER TIME 前夜祭トークショー動画

3月30日に行われた仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 前夜祭のトークショー動画が公開中!。

ここでしか聞けない仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIMEの裏話は必見です。

RIDER TIME 仮面ライダーシノビ配信日程

RIDER TIME 仮面ライダーシノビの各話配信日程は以下のとおりです。

第1話「ハッタリの恋はイッポウ通行の巻」:3月31日(日)0時配信
第2話「闇忍の暗殺殺ポウの巻」:4月7日(日)0時配信
最終回(第3話)「八ポウ塞がり危機一髪の巻」:4月14日(日)0時配信

配信後は東映特撮ファンクラブ内にてアーカイブ視聴ができます。

RIDER TIME 仮面ライダーシノビ第3話感想戦

正体がバレただけでなく、シノビドライバーを出すひょうたんまで奪われた蓮太郎。

さらに闇の忍者が放った藪蛇の術の餌食になり身動きが取れません。

絶体絶命のピンチを中、紅芭が投げた手裏剣によって藪蛇の術が解除されます。

闇の忍者の前に立ち紅芭に蓮太郎も「早く逃げろ!」と怒鳴りました。

「やだ!絶対にお兄ちゃんは助ける。」

ええ子や(´;ω;`)

蓮太郎を救うため刀を構える紅芭でしたが、闇の忍者の放った忍法を喰らっい意識を失ってしまいます。

兄を救おうとする紅芭を見て、土産としてさらおうとする闇の忍者。

蓮太郎も阻止しようと動きますが、闇の忍者の放った風遁の術によって戦闘不能に。

「きさまの心臓は後日ゆっくりつぶしてやる。」

完全勝利に機嫌のよさそうな笑い声をあげる闇の忍者は紅芭の元へ歩み寄ります。

しかしそれを許すまいと、仮面ライダーハッタリが参上!

「ここから先は、一歩も通さない!」

愛する人を守るため、ハッタリは闇の忍者に斬りかかりました。

しかし実力差がありすぎたため、あっさりと反撃され変身解除、戦闘不能になります。

「やはり仮面ライダーになるには限界があるようだな。」

そう言いながら勇道のゴールドひょうたんを奪う闇の忍者。

2つのひょうたんを手に入れ、最後に紅芭をさらおうとした時に足元で人の気配!

奇襲を間一髪で回避した闇の忍者の前に現れたのは、顔をオレンジの頭巾で隠した謎の忍者(蓮太郎)が!

攻撃を避けたつもりでしたが、蓮太郎の手には2つのひょうたんが!

闇の忍者が気づいた時には、両手に合ったはずのひょうたんがカエルの人形にすり替えられていました。

「忍法。この葉隠れで一挙両得返し。」

ひょうたんを取り返そうと斬りかかる闇の忍者。

蓮太郎はその斬撃をかわし、勇道にゴールドひょうたんを投げます。

「どこの誰だか知らないが、感謝する。」

ひょうたんを取り戻し、いっきに形勢逆転です。

蓮太郎と勇道のダブル変身!!

かっけーーー(`・ω・´)

「え!?お前シノビだったのか!?」

隣にいた謎の忍者(蓮太郎)がシノビに変身して驚くハッタリでしたが、どこか納得のいった様子。

シノビとハッタリは紅芭救出のため共闘します。

しかし手下たちを始末している間に、闇の忍者は紅芭を連れ去ってしまいました。

逃げる闇の忍者を追いかけ、挟み撃ちにしたシノビたち。

一斉攻撃を仕掛けましたが、闇の忍者の体が離れた所へワープ。
その後繰り出された謎の忍法によって、シノビたちの周りに黒いモヤがかかり、ダメージを負います。

「しまった!結界を張られた!」

どうやらモヤの正体は闇の忍者の結界。

シノビは結界を破るため、遠くにいる闇の忍者へ手裏剣を投げましたが結界内で乱れ飛び2人を襲います。

「結界内に跳ね返しの印を結んだ。よって物理的攻撃は全て跳ね返る。」

どや顔で説明する闇の忍者。

「どうにか破る方法はないのか?」と焦るシノビ。

「闇の忍者は光に弱いと聞いたことがある。」

ここでハッタリは闇の忍者の弱点を思い出します。

弱点が分かりシノビは光遁の術を使うようにハッタリに指示を出しました。

しかし光遁の術は上忍でも扱いに苦労する上位忍術。
ハッタリの実力を以てしても使いこなせません。

「俺にもっと力があれば。」

光遁の術が使えず己の無力さを嘆くシノビ。

その時紅芭との貧乏生活での出来事を思い出します。

電気を止められたある日、紅芭は蓮太郎をある装置の前に呼びました。

その装置は、電極の刺さった氷の柱の下にアルコールランプを設置した物。
電極の先には電気で動くランプがあります。

紅芭がアルコールランプに火遁の術で火を着けるとランプが光りだしました。

「炎で電気が付いた!?」

蓮太郎は謎の装置に目を丸くします。

「ゼーベック効果を利用して作ったランプだよ。」

ゼーベック効果ってなんだ?

すごく簡単に言うと物体に温度差が発生すると、電気が発生する現象のようです。

天才物理学者じゃないんでよく分かりませんでしたw

紅芭は学校で学んだことを応用して、このランプを作ったようです。

「そうか!ハッタリ、俺をまたカチコチに凍らせてくれ。」

急に意味の分からないことを言われてハッタリも困惑します。

ですがこの状況を打破するためハッタリは、シノビに氷遁の術を放ち氷漬けにしました。

氷漬けになる瞬間にシノビは火遁の術を自身に放ち、氷を温め始めます。

「助からないと悟って錯乱したか?」

闇の忍者もシノビたちの行動に笑いが止まりません。

炎の中氷漬けのシノビが光り輝きます。

弱点である光を浴びて弱る闇の忍者。

「暮らしの知恵から学んだ忍法だ。名付けて忍法エコ光遁の術!」

サンシャイーン忍POW!ってシノビドライバーも反応してるw

見事に結界を破ったシノビとハッタリは闇の忍者に攻撃を仕掛けます。

闇の忍者も手下を召喚し応戦。

激しく斬りあうシノビと闇の忍者。

「貴様のようなひよっこに負ける私ではない!」

闇の忍者は刀を構えなおします。

「お前は確かに強いが、力の使い方を間違えている!」

仮面ライダージオウテレビ本編でも似たようなセリフがありましたね!

再び斬りあうシノビと闇の忍者。

「力とは自分のためにあるのではない。守るべきものに使う物だ。」

シノビは力強い言葉と共に、闇の忍者を斬り飛ばし隙を作ります。

「終幕の時間だ。いざ参らん!」

シノビはシノビドライバーの手裏剣を回し、必殺技「成敗忍POW!」を放ちます。

初見の必殺技ですね。
両手から火炎放射を放つだけで、フィニッシュ忍POW!との落差が激しい(´・ω・)

同時にハッタリもドライバーの風車を回し、必殺技「ファンタスティック忍POW!」を手下の忍者に放ちます。

垂直に高く跳んだハッタリの体が無数の蜂となり消えます。
直後、ライダーキックの姿勢で突っ込んでくると思いきや、直撃の瞬間に再び消えます!

完全に姿を見失った忍者たちの後方に蜂が集まり、そこからハッタリが現れ刀で斬りかかり敵を撃破!

ハッタリのライダーキックカッコよすぎるんだが!!!
名前とおりハッタリの効いた必殺技でした。

成敗忍POW!の火炎放射を何とか受け止めていた闇の忍者。
しかし成敗忍POW!はまだ終わってませんでした!

続けざまに竜巻を起こし、闇の忍者を上空へ飛ばします。

空中で身動きの取れない闇の忍者を無数のシノビが囲み、一斉に斬りかかりました!

そして2人のシノビがさらに上空へと闇の忍者を蹴り上げます。

それに合わせてシノビがオーバヘッドシュートのようなライダーキックを放ち、闇の忍者を叩きつけました!!!

完全にうずまきナルト連弾だ!!!
かっけーーー(`・ω・´)

シノビの攻撃によって地面へと叩きつけられた闇の忍者は変身解除。

そういえば変身した姿でしたね。

「なぜ手を抜いた。忍者は殺しあうのが当たり前。」

「紅芭の命を狙う者であれば容赦はしない。だが、お前は紅芭を傷つける様子が無かった。」

紅芭に対する闇の忍者の対応を汲んでの手加減だったようです。

「誰の差し金だ!」

ハッタリが問いただします。

「誰でもない!女の心を奪うために独断で動いている!」

(;゚Д゚)え?

「シノビを消して悲しみに暮れた時、女にそっと寄り添ってやるのだ!」

(;゚Д゚)え?え?

「さすれば!女の心は私に向くはず。」

闇の忍者は頬を赤らめながら言いました。

(;゚Д゚)ヤベー奴だ!!!

絶句のシノビ。

「まさか!お前も紅芭さん狙いか!!!」

分からんでもないといった様子のハッタリw

「いったい何の話だ?」

シノビはハッタリと闇の忍者のやり取りについていけません。

「まだ分からない!?鈍感が過ぎる!」

ハッタリはシノビにあきれた様子でしたw

ここバカしかいないなw

シノビたちが会話をしている間に、闇の忍者はすくっと立ち上がり服についた木の葉を落としていました。

めっちゃシュールでしたw

「今日の1件は口外しないでおいてやろう。」

なぜか上から目線の闇の忍者。

「命を救われた恩として、貴様の心臓は私の手でえぐってやろう!」

「恩返しがえぐいぞ。」

シノビはため息混じりで答えました。

「それが闇の忍者としての礼儀だ!さらば!!!」

煙玉を地面に投げつけ闇の忍者は逃げていきました。

「あああ!またライバルが増えてしまった!」

新たな恋敵の出現にハッタリは頭を抱えますw

「しかーし!真のライバルは仮面ライダーシノビ!おーまーえーだけだぁ!」

振り返った先にはもうシノビの姿はありませんw

さらに紅芭の姿もなく、森には虚しく紅芭の名を叫ぶハッタリの声が響きました。

気を失った紅芭をおんぶして帰る蓮太郎。

紅芭も目を覚まし忍術大会の結果を知りたがります。

「巻物が紛失したとかで忍術大会は流れた。」

紅芭を降ろし、忍術大会の結果を教えます。

しかし巻物は紅芭が最後までずっと持っていたのです。

巻物は「お米一年分」と書かれた目録となっていました。

「最後まで持っていたから優勝だよね?」

嬉しそうにはしゃぐ紅芭。

蓮太郎も「やるな!」と喜びます。

「ウチね、いつかシノビ様みたいな立派な忍者になるんだ。」

「なれるよ。紅芭なら。」

いい兄妹や。

その日の夜、蓮太郎宅には優勝賞品のお米一年分が入った俵がありました。

「無事に優勝賞品を手に入れたようだな。」

蓮太郎はお供え物として、山盛りのご飯と魚、たくあんをガマノ師匠の掛け軸前に置きました。

「ふっふー!3ヶ月ぶりの白米はいいのー!」

ガマノ師匠はご機嫌です。

「闇忍から気になることを耳にしました。仮面ライダーになるには限界がある。とか。」

「やつらもひょうたんのことを調べ始めたか。」

ガマノ師匠も真面目なトーンで話をします。

「金のひょうたんがあることも含め、どういうことか教えてください。」

蓮太郎の質問に「余計な詮索はするな」と聞く耳を持ちません。

「わしがいなければ、とうに命を落としていた身だということを決して忘れるでない。」

蓮太郎とガマノ師匠の間に何があったのでしょうか?

「蓮太郎!蓮太郎はいるか!?大変なんだ!」

蓮太郎は家の外で自分の名前を呼ぶ勇道の元へと向かいます。

「どうした、いっちー?」

「紅芭さんがシノビにさらわれた!」

今にも泣きだしそうな勇道。

「おにーちゃーん。ご飯できたよー」

しかしその直後に晩御飯の支度ができたと紅芭の声が聞こえました。

「なんだぁ。家に帰ってたのか。」

安心して座り込んだ勇道。
たしかにシノビ=蓮太郎と分かっていない勇道にとっては、さらわれたと思ってもおかしくないですね。

蓮太郎は今日のお礼だと言って、「晩御飯を食べて行かないか?」と勇道を誘います。

何のことだかさっぱり分からない勇道ですが、紅芭との晩御飯を断る訳がありません。

「いーろはっさーん!」

勇道はスキップで晩御飯の準備を手伝いに行きましたw

いいキャラしてるわ。

勇道を見送った蓮太郎は月を見上げます。

「影になりて紅芭を守ります。紅芭が18歳になるその日までは。」

「この命に代えてでも。」

蓮太郎は強いまなざしで言いました。

「お兄ちゃん!ねえ!会社から連絡来たよ!」

今日、無断欠勤したことがバレて紅芭はブチ切れです。

「あーヤバ。会社に連絡するの忘れてた!」

怒りながら追いかけてくる紅芭から逃げる蓮太郎。

蓮太郎ドンマイ!

「早々に光を生み出す上位忍術を取得するとは、消費させるには適任な人選だったやもしれん。」

掛け軸の絵が飛び出し、ガマノ師匠が人間の姿で現れます。

ガマノ師匠が掛け軸へ手をかざすとひょうたんの絵から紫の煙があふれ出してきました。

いったい「消費させる」とは何のことでしょうか!?

めっちゃ続きが気になるんですけど!!!

その後も恐らく今後登場するであろう仮面ライダーのビジュアルが公開されました!

緑のボディに鎖鎌をモチーフにした仮面ライダー。

黄色のボディにクナイをモチーフにした仮面ライダー。

水色のボディに釵(さい)をモチーフにした仮面ライダー。

赤色のボディに爆弾をモチーフにした仮面ライダー。

これにシノビとハッタリが加わり、合計で6人の仮面ライダーが活躍する「仮面ライダーシノビ」。

今後どのような物語が待っているのか、気になって仕方ありません!

マジでクラウドファンディングとかで作ってくれないかな。

もしくは2022年にガチで放送してくれ!!!

東映さん御一考お願いします!

まとめ

仮面ライダージオウに未来のライダーとして登場した仮面ライダーシノビ。

その物語が作られるということで、期待に胸を膨らませて観たのですが正直予想以上の出来でした。

設定もしっかりと練られていて、これから本当に物語が続いていくようなワクワク感はさすがの一言です。

そして何と言っても今後登場するであろう4人の仮面ライダーはヤバい!

それぞれ忍者が使う忍具をモチーフにしていて、ドライバーは共通でしたね。

仮面ライダーファンなら観て損はない作品なので、東映特撮ファンクラブに登録する価値はあると思います。

ですが無料お試し登録が終了したので、月額料金やコンテンツに納得した上での登録をおススメします。

下の記事で東映特撮ファンクラブを使っての感想をまとめているので、良かったら参考にしてください。

東映特撮ファンクラブ会員歴1年の私が徹底レビュー

先ほども言いましたが、マジでクラウドファンディングでの制作お願いします東映さん!