仮面ライダーゼロワン

仮面ライダーゼロワン第5話ネタバレ感想戦:フレイミングタイガー登場!情熱で描けAIの未来

2019年9月29日放送の仮面ライダーゼロワン第5話「カレの情熱まんが道」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダーゼロワンを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ↓
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめ

あわせて読みたい
感想戦
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめこれまで放送された仮面ライダーゼロワンのネタバレ感想戦記事をまとめました。 テレビ本編の他にも、劇場版や仮面ライダーゼロワン関連イ...

←仮面ライダーゼロワン第4話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダーゼロワン第4話ネタバレ感想戦:デイブレイクの真相が明かされる!?

仮面ライダーゼロワン第6話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダーゼロワン第6話ネタバレ感想戦:仮面ライダー迅は親子の絆を理解できるのか?

仮面ライダーゼロワン第5話予告動画

仮面ライダーゼロワン第5話「カレの情熱まんが道」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

【超お得情報】Youtubeにて第1話と第2話が無料公開中

現在期間限定で仮面ライダーゼロワン第1話と第2話がYoutube公式チャンネルにて無料公開中です。

配信期限は10月31日(木)24:00まで

auビデオパスに登録しないでも、完全無料で視聴できるチャンスなので、ぜひご利用ください。

第1話「オレが社長で仮面ライダー」

第2話「AIなアイツは敵?味方?」

【ファン必見】ウラ仮面ライダー配信中

仮面ライダーゼロワンの制作秘話などを語っている「ウラ仮面ライダー」が隔週日曜朝10時から各サイトにて配信中です。

司会進行は仮面ライダー大好き芸人でもお馴染みのオジンオズボーン篠宮さんということで、かなり突っ込んだ内容になっていました。

ここでしか聞けない裏話やNGシーン集などがあるので、ファン必見の番組となっています。

ウラ仮面ライダーはテレビ朝日公式やYoutubeの公式チャンネルにて配信される「Sウラ仮面ライダー」と東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパスの会員限定で配信される「Lウラ仮面ライダー」の2部構成。

前半部分である「Sウラ仮面ライダー」は無料で視聴することができます。

この動画の続きである「Lウラ仮面ライダー」は各配信サイトの有料会員登録が必要です。

東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパス2つあるのですが、一度も利用したことが無いなら30日間の無料お試し登録ができるauビデオパスがおススメ

続きが気になる方は、今すぐ無料お試し登録をしてファン必見のウラ仮面ライダーを視聴しましょう!

下のリンクからauビデオパスのお試し登録ができます↓

auビデオパス公式HPはコチラ

仮面ライダーゼロワン第5話あらすじ

仮面ライダーゼロワン第5話「カレの情熱まんが道」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 或人(高橋文哉)は、イズ(鶴嶋乃愛)を連れて大人気漫画家・石墨超一郎(勝矢)のアトリエへ。子供のころから石墨作品を愛読している或人は石墨との対面に大興奮だったが、森筆ジーペン(徳角浩太郎)らアシスタントのヒューマギアを道具のように扱う石墨に失望してしまう。

そんなジーペンに滅亡迅雷.netの迅(中川大輔)が接近。或人の目の前でジーペンにゼツメライズキーを装着させて…!

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

仮面ライダーWEBあらすじ↓

大人気漫画家である石墨超一郎(いしずみ・ちょういちろう)の自宅兼アトリエを訪れた或人とイズ。社長直々に、新しい漫画家アシスタントヒューマギアをお届けするというのだが、実は或人自身が石墨の大ファンだった。大好きな漫画『パフューマン剣(つるぎ)』を描いた憧れの漫画家との対面をついに果たした或人だったが、石墨はもはや自分自身で漫画を描いておらず―――。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/6

仮面ライダーゼロワン第5話ネタバレ感想戦

飛電インテリジェンスのサイトでヒューマギアの発注方法をイズから教えてもらう或人。

ヒューマギアの注文方法で選ぶ項目は「職業」「プラン」の2つ。

けっこうお手軽にヒューマギアを注文することができるようです。

モンスターハンターみたいなイメージですね。

ひととおり説明を受けた後、ヒューマギアの納品に向かった或人とイズ。

納品先は超人気漫画家の石墨超一郎(いしずみ ちょういちろう)の家です。

或人は子どもの頃から石墨先生の代表作「パヒューマン剣」の大ファンで、しれっとサイン色紙を持ってきていました。

石墨先生の豪邸に到着し、玄関であいさつをする或人。

ですが、石墨先生は素っ気ない態度で家の中へと案内します。

さっそく漫画家アシスタントヒューマギアの納品場所である、仕事部屋にてヒューマギアを起動。

その頃デイブレイクタウンでは、迅が仮面ライダー滅の姿を思い出してワクワクしている様子でした。

「滅~、僕も欲しいなっ。プログライズキー。」

子どもが親にねだるように迅は滅に頼みます。

「我々の目的は人類滅亡だ。そのためにはゼツメライズキーが先だ。」

そう言って滅は迅の要求を拒否。

「戦闘後のデータを収集し、アークを復活させなければならない。アークに接続できれば一斉にヒューマギアを暴走させられる。」

しれっとアーク計画の概要を明かした滅は、自我の芽生えたヒューマギアを発見し、迅にゼツメライズキーを手渡しました。

そのヒューマギアこそ、石墨先生の下で働く漫画家アシスタントヒューマギアの「森筆ジーペン」でした。

ジーペンは石墨先生から頼まれた買い出しを済ませ、他のヒューマギアと共に、マンガ制作に励みます。

漫画家アシスタントヒューマギアの作業スピードは速く、仕事も正確なためどんどん漫画が完成していきました。

たしかに現実の漫画家さんも、全て手書きで書くって人は少ないと聞きます。
AIやパソコンの技術の発展の影響をもろに受ける職業と言っても過言ではないのかもですね(`・ω・´)

そんな作業風景を見学していた或人がある事に気が付きます。

「先生、絵は描かないのですか?」

或人の質問に石墨先生は鼻で笑って答えます。

「もう絵なんか描かないよ。ぜーんぶAIがやってくれるんだもん。」

これで長年のファンである或人も納得がいきました。

「だから絵のタッチが変わったんですね。僕、前の方が好きでしたよ。下手だけどその分、熱があって。」

「下手?」と石墨先生も少しオコですw

すぐに「豪快で、熱い絵が好きでした」と訂正する或人。

そんな会話をしている時に、一体のアシスタントヒューマギアがダウン。

どうやらバッテリーの劣化によって、度々動かなくなっていたようです。

動かなくなったヒューマギアを乱暴に扱う石墨先生を見て、或人も黙ってはいません。

或人が物申そうとした時、一緒に作業していたジーペンがいきなり立ち上がります。

「なんだよジーペン?なんか文句あるのか?なんだ?突っ立ってるなら買い出しして来い。」

そう命令されたジーペンは買い出しに出かけました。

仲間を乱暴に扱われて、ジーペンは怒っているようにも見えました。
これが自我の目覚めってやつなのかもですね。

「先生。ヒューマギアを乱暴に扱ってもらっては困ります。」

「なんだよ。こいつらはただの道具でしょ。飛電さん、こいつのバッテリーが寿命みたいなんで、交換できます?」

若干、失望気味の或人に変わってイズが「承知しました」と回答。

石墨先生の仕事場を後にする或人達と買い出しを終えたジーペンが
すれ違います。

或人はジーペンに質問をします。

「ねえ君。先生はさすがにストーリーは作ってるんだよね?」

「いえ。ストーリーは出版社の編集担当さんが。僕もたまに考えますが。」

これを聞いて完全に失望してしまった或人は元気なく歩き出しました。

その直後、迅がゼツメドライバーをジーペンに装着!

「ついでだから~、プログライズキーを奪っちゃおう。」

迅はプログライズキーをあきらめていないようです。

「おーい!ゼロワーン!」

迅はゼツメライズキーをジーペンに渡した後、或人に声をかけました。

或人が駆けつけたタイミングでジーペンはビカリアマギアへとマギア化。

今回のモデルとなった「ビカリア」は新生代に絶滅した貝ですね。
中学の時に習ったので懐かしい(`・ω・´)

ビカリアマギアは頭と両腕にビカリアを模しドリルを装備したデザインで結構好みです。

或人はすぐにゼロワンへと変身。

アタッシュカリバーでビカリアマギアに切りかかりますが、固いドリルに歯が立ちません。

イズはビカリアマギアを分析し、バイティングシャークが有効かもしれないと提案。

しかしビカリアマギアの攻撃でうっかりバイティングシャークプログライズキーを落としてしまったゼロワン。

そこに迅が飛びつきますが、ギリギリでゼロワンが回収。
奪われずに済みました。

そのままゼロワンはバイティングシャークにフォームチェンジ。

ゼロワンとビカリアマギアの戦闘が激化したこともあり、様子を見に他のアシスタントヒューマギアがやってきました。

すかさずビカリアマギアがケーブルを伸ばし、マギア化させます。

3対1と数的有利を取られたゼロワンは劣勢に。

そこにやって来た諌。

バルカンに変身して、ゼロワンと共にマギアと戦闘開始です。

やっぱりプログライズキーの承認は済んでいないんですねw
無理やり展開するスタイルがデフォルトになるのか?(;゚Д゚)

少し遅れてA.I.M.Sの車両が到着し、唯阿がやってきました。

「暴走ヒューマギアを一体発見。アタッシュショットガン、テストします。」

そう言って唯阿は新武器の「アタッシュショットガン」をバルカンに投げます。

使い方も教わってない状態で、バルカンは試行錯誤してショットガンモードへ展開。

後は普通のショットガンの要領で、引き金を引きます。

すると威力が強すぎて、後方へと吹っ飛んでいきましたw

銃弾はそのまま、つばぜり合いをするゼロワンとビカリアマギアの間へ。

その時、ビカリアマギアの頭部ドリルをかすめたようで、煙が上がっていました。

うろたえた様子のビカリアマギアはそのまま地面に穴を掘って逃走。

「対策が必要だな。」

「おい刃!いきなりすぎるだろ!」

バルカンはキレ気味に唯阿にアタッシュショットガンを投げつけましたw

戦闘終了後、すぐにアシスタントヒューマギアが破壊されたことを石墨先生に報告した或人とイズ。

これでは仕事が進まないと、石墨先生もいますぐ代替機を持ってこいと激怒しています。

「先生、お言葉ですが。先生が絵を描けばよろしいんじゃないでしょうか?」

それな(´・ω・)

「お、俺がキャラを書いても、急に絵が変わったって読者が混乱するだけだ。いいんだよ。AIがさっさと描けば。」

「先生。先生はそれでお仕事が楽しいんですか?」

或人の訴えに「は?」と言葉を返した石墨先生は、或人達が帰った後会社にクレームを入れました。

これには福添副社長たちも騒ぎ立てます。

しかし、ヒューマギアを奴隷のように扱う石墨先生に代替機を手配したくない或人。

「やる気のない人が使っても、それは単なる金儲けの道具でしかない。」

或人の言葉を会社として聞き入れるわけにはいかないと、福添副社長は代替機の手配を進めるため社長室を出ていきました。

「はー。ガッカリだな。あんな先生だったとは。なぁイズ。」

「私は或人社長のおっしゃることが理解できておりません。」

味方だと思っていたイズにも理解されていなかったと知り、或人は焦りますw

「先生にはもう情熱がないじゃん。ヒューマギアに助けて欲しいんじゃなくて、怠けているだけだと思うんだよね。」

或人の言葉を聞き、イズは「情熱」の意味を検索。

「或人社長。情熱を所有する人間は、体が熱くなって困らないのでしょうか?」

イズの質問に或人は笑って答えます。

「それはね、イズ。は!」

或人はイズの質問からビカリアマギアの弱点を思いつきます。

さっそくイズは衛星ゼアに通信し、対抗策を作り出します。

対抗策が完成する間に、イズは飛電インテリジェンスの利用規約から「情熱」という項目が無いか検索。

ですが、利用規約にはどこにも情熱に関する規約はありません。

イズは情熱を理解することができるのでしょうか?

その頃、石墨先生はパヒューマン剣のアニメ制作のアフレコ現場にいました。

アフレコ現場では女性声優ヒューマギアの「セイネ」が石墨先生と顔合わせ。

ってこのヒューマギア、美山加恋さんじゃん!(;゚Д゚)
本物の声優を使ってくるとは、さすが東映。

「ついに声優もAIか。いいねー刺激になるね。」

「手塩にかけてじっくり育てたいと思います。」

声優事務所の社長は石墨先生と違って、ヒューマギアを大事にするタイプのようですね。

その言葉に石墨先生は、AIは疲れないから酷使するべきだと言って、その場を去りました。

アフレコ現場を出た石墨先生の前にイズが現れます。

「石墨超一郎様。この度はご迷惑をおかけしております。」

「おい。早くしてくれよ。さっきな、1話分休載が決まったんだよ。15年連載して初めてなんだぞ。」

それはすごいな(;゚Д゚)

「申し訳ございません。ですが、1つ確認に上がりました。」
「石墨様。情熱、を所有されていますでしょうか?」

この質問に石墨先生は「は?」と怒っているようでした。

イズは何でこのような質問をしたのでしょうか?

翌日、石墨先生の仕事場へとお詫びに来た或人と山下専務。

山下専務は代替機の納期が遅れていることを詫びます。

頭を下げる山下専務ですが、或人は浮かない顔です。

「先生。本当にそれでいいんですか?」

或人の言葉に石墨先生は大きなため息をつきます。

「あんたら何なんだよ。昨日もあのAIが、わざわざ俺の所に変なことは無しに来たんだぞ。」

初耳だった或人は驚きます。

その時、玄関からチャイムの音がしました。

代替機が届いたと嬉しそうな石墨先生でしたが、やって来たのはイズ。

「石墨超一郎様への代替機の配送を、先ほど正式に中止しました。」

社長である或人ですら知らない内容に、その場の全員が驚きます。

これには石墨社長と山下専務もマジギレです。

「或人社長。ルールを破ってしまい、申し訳ありません。弊社の利用規約によると、情熱、を所有していなくてもヒューマギアを注文することは可能でした。しかし、それを所有していることが、先代の理想でした。」

イズは利用規約から情熱の項目を探した時に、自身の記憶データから情熱に関してを検索していたのです。

そこにあった記憶データには先代、是之助社長の姿がありました。

「君は社長の秘書だが、私のためだけに働いてはいけない。情熱を持って仕事をしている全ての人々を助ける。これが我が社のやるべきことだ。」

めっちゃいい事言うじゃん(`・ω・´)

或人は祖父の気持ちを知ることができ、少し嬉しそうです。

真逆に呆れた様子の石墨先生は、自分の席へと歩いていきます。

「儲けるだけの漫画で、いいんでしょうか?僕は先生の描く漫画が大好きでした。毎週笑って、泣いて、勇気が湧いて、それで大人になったんです。もっと情熱を込めて漫画を描いてください!漫画家は人の心を動かす、スゴイお仕事なんですよ!」

或人の熱い思いに、さすがの石墨先生も心が動いた様子です。

「もし、人間に情熱が無くなったら、AIの勤勉さに負けるだけではないでしょうか?」

「俺には無理だ。もう漫画を描く熱は、、、」

石墨先生が天井を見上げて話していると、窓を突き破ってビカリアマギアがやってきました!

仕事場を荒らそうとするビカリアマギア。

石墨先生は「これだけは!」と自分の机にあったGペンを持ち出します。

その姿を見て或人は少しホッとした顔で、ゼロワンフライングファルコンへと変身。

最初っからフォームチェンジした状態に変身する時は、バッタとハヤブサが同時にやってくるんですね!

「先生、あるじゃないですか。情熱!」

石墨先生はとっさに手に取ったGペンを見つめました。

ゼロワンはビカリアマギアを連れて、外の廃工場へ。

必死に剣を振りますが、固いドリルを破ることができません。

そこに、バルカンパンチングコングが放った「シューティングカバンストラッシュ」がビカリアマギアにヒット!

「なるほど、パンチングコングだと力負けしないな。」

唯阿が冷静に分析。

ビカリアマギアに隙ができたため、ゼロワンも追撃しよう立ち上がります。

そこにイズと石墨先生も到着。

イズはゼロワンに「フレイミングタイガープログライズキー」を投げます。

このプログライズキーは、或人が思いついたビカリアマギアの弱点の「熱」をヒントに作られた物。

「これも使ってくれ!」

石墨先生もパヒューマン剣で使用されている剣のレプリカをゼロワンに投げようとしますw

「大丈夫です。」とイズに止められましたがw

バルカンはパンチングコングプログライズキーをアタッシュショットガンに装填し、必殺の2射目を放ちました。

2発の必殺技を受け、ビカリアマギアの両手にあったドリルは木っ端微塵。

この隙に、ゼロワンはフレイミングタイガーにフォームチェンジ!

燃え盛る炎を纏ったトラがゼロワンを包みます。

黒ベースのボディを強調するように、トラの縞々部分が切り取られたデザイン!

これも個人的にかなり好みのフォームです(`・ω・´)

しかも両手にはネコ科っぽく肉球まであります!

可愛い!!!(`・ω・´)

その肉球の中心は火炎放射機となっていて、両手から火柱が上がって、ゼロワンも「熱ッ!?」と驚いてますw

「あっち!ひーーー!ふぁーーーーいやーーーー!」

慌てふためきながらギャグを言うゼロワンに、バルカンはもちろん笑いを堪えていますw

「ギャグが、冴えてんなー。」

マジで良いコンビになりそうですねw

一通りボケ終わった後、ゼロワンとバルカンが並びます。

「戦いにはな、熱が必要なんだ!」

この姿に石墨先生の漫画家魂に火が付きます。

火炎放射をビカリアマギアの頭部ドリルに放射!

バルカンも「炙れ!炙れ炙れ!」とノリノリです。

熱さに耐えきれずビカリアマギアは頭部のドリルを取り外しました。

それ取れたんか(;゚Д゚)!?

みすぼらしい見た目になってしまったビカリアマギアを見て、石墨先生の筆が走る!

ここからの戦闘シーンは全て漫画タッチに!

「ダッ!ダッ!ダッ!」と効果音が実際の音と共に文字で表現され、コマ割りもされてマジで動く漫画状態で見ごたえが半端ないです(`・ω・´)

「ジーペン、お前を止められるのはただ一人。」

「俺だ!」

このキメ台詞シーンは「ドン」と擬音も入って結構カッコよかったです。

ゼロワンは必殺技「フレイミングインパクト」を発動!

火の輪をくぐり、全身に炎を纏ったゼロワンがビカリアマギアに突っ込み、回転攻撃!!!

見事にビカリアマギアの撃破に成功します。

「なんだこれ。」

戦闘の一部始終を見ていた石墨先生は立ち上がり、活き活きした笑顔を浮かべています。

後日石墨先生の元にやって来た或人とイズ。

「先生。新章、最っっっ高の出だしじゃないですか!」

情熱を取り戻し自らペンを取っている石墨先生も、或人の言葉に嬉しそうです。

「いやー、君には感謝しているよ!刺激を受けた。」

そう言って或人にパヒューマン剣のキャラ絵が描かれたサイン色紙を手渡します。

「うわーーーー!先生の熱いタッチ、やっぱり好きです!」

或人は興奮を抑えられないって様子です。

「新しいヒューマギアが背景を頑張ってくれているからな。おかげさまで、新キャラを作る余裕ができた。」

これには或人も期待が膨らみます。

それはショットガンを構えたゴリラのキャラ。その名もゴリカン。

「俺じゃないの~。」

イズも思わず「アルトじゃないと」とキメポーズw

そのころ、回収したゼツメライズキーを滅に手渡す迅。

「勝手にプログライズキーを狙うな。」

「なんで?僕は滅のなんなの?」

滅の言葉に迅は少し落ち込んだ様子です。

「あ!分かった。僕はアシスタントってやつだよね?きっと。」

すぐに笑顔になって滅に話しかける迅。

「いや、もっと大事な存在さ。」

滅は迅の方を向いて言葉を続けます。

「迅、お前は俺の息子だ。」

え?(;゚Д゚)
どういうことだ?
最後の最後にブッコんできましたね!

果たして滅と迅の関係とは一体?

仮面ライダーゼロワンの見逃し配信を視聴したい人はコチラ

仮面ライダーゼロワン第5話時点での考察

仮面ライダーゼロワン第5話時点での考察ポイントは以下の2つ。

  • ヒューマギアを利用するまでの流れ
  • 滅と迅の関係

これらのポイントについて考察していきます。

仮面ライダーゼロワンの見逃し配信を視聴したい人はコチラ

ヒューマギアを利用するまでの流れ

ヒューマギアを利用した場合には、まず飛電インテリジェンスのサイトから注文する必要があります。

注文の流れはとても簡単で、購入者が選択するのは「性別」「職業」「料金プラン」の3つだけ。

用意されている職業のジャンルは以下の17種類

  • 法律系
  • 公務員系
  • 公務保安関係
  • 金融系
  • 対人サービス系
  • 技能サービス系
  • 営業・販売系
  • 事務系
  • マスコミ系
  • 芸能・芸術系
  • デザイン系
  • 教育系
  • 社会福祉系
  • 医療・看護系
  • IT系
  • 建築系
  • 運輸系

ジャンルを選択すると、そこからさらに細かな業種を選択することができます。

性別、職業を選択したら、料金プランを選択。

飛電インテリジェンスで扱っている料金プランは3つ。

  • Sクラスプラン
    スペシャルな仕様でお届けするハイクラスなプラン
  • Aクラスプラン
    バランスの取れた性能でお届けするスタンダードなプラン
  • おまかせプラン
    飛電インテリジェンスが選ぶおまかせプラン

Sクラスプランは容姿を選択できるプランで、顔や身長を自分好みにカスタマイズできるプランのようです。

感想戦でも書きましたが、モンスターハンターなどで自分のキャラクターを作る感じでした。

顔のカスタマイズで選べる項目は以下の11項目

  • 顔のタイプ
  • 輪郭
  • 肌の色
  • 髪型
  • ヒゲ
  • 化粧

結構自由にカスタマイズできたので、自分の顔そっくりのヒューマギアも作れるかもしれませんね。

こういったカスタマイズに時間をかけたくない人は、おまかせプランがおススメのようです。

おまかせプランでは、飛電インテリジェンス側で設定された顔や身長のヒューマギアが届くため、お手軽にヒューマギアを利用することができますね。

そして、ヒューマギアは大きな段ボールで納品されます。

納品後はライズフォンを使用して、ヒューマギアを起動。

いちおうマニュアルもついているので、初心者でも簡単に操作できると思われます。

起動後は、「ラーニング」と呼ばれる工程が必要になってきます。

ラーニングとは文字通り、ヒューマギアに仕事を学習させることです。

このラーニングは一度仕事内容を見せてあげるだけでいいため、すぐに終わらせることができます。

ですがラーニングしたからと言って、完璧に仕事をこなせるわけではないようです。

実際に仕事をして、ヒューマギアの方で学習し微調整をして熟練度を上げていくシステムだと考えられます。

料金プランを設定したり、起動にライズフォンを使用したりと飛電インテリジェンスの経営はとても上手だなといった印象です。

イメージ的にはAppleが近いかなって思いました。

これから社長を目指そうと考えている人は、飛電インテリジェンスのビジネスモデルをマネするのもありかもしれませんね。

滅と迅の関係

最後の方で、滅が迅のことを「息子」と呼んでいました。

これは迅を喜ばせるためだけに言ったセリフとも取れますが、もしかしたら深い意味があるのかもしれません。

まず滅と迅の見た目から予想される年齢的に、滅と誰かの間に生まれた子どもって可能性は低いです。

また、迅は滅が生み出したヒューマギアって線も考えてみたのですが、迅は第1話で「人間を殺す」と命令されたマギアに襲われていました。

マギアに襲われる=人間ってことになるので、この可能性も低そうです。

そうなってくると考えられるのは、迅は滅の「クローン」であること。

クローンであれば、作った時期によっては見た目の年齢差がそこまで開くこともありません。

もしかしたら成長を促進させる技術もあるかもです。

またクローンといえど人間なので、マギアに襲われる対象にもなります。

自分の細胞から生み出したって意味でも、滅から見たら迅は息子同然ですしね。

なぜ滅が自分のクローンを生み出したのかは不明ですが、クローン説が有力なのかなと個人的に思っています。

次回放送の注目ポイント

続々と新フォームが登場する中、次回は仮面ライダーバルキリーの新フォームである「ライトニングホーネット」が登場です!

蜂とライトニングってことで、電気系や光系の能力を使った攻撃が得意と予想されます。

どちらにしてもラッシングチーター同様にスピードを活かした戦闘スタイルになりそうですね。

そしてそして、何と言っても次回は仮面ライダー迅が初登場する回でもあります(`・ω・´)

迅は或人の持つ「フライングファルコン」と奪って、変身すると予想されます。

まだゼロワン自身があまり使ってないのに奪われるとか、かわいそうですね(´・ω・)

これでフライングファルコンの値段が高騰すると予想されるので、まだ持ってないって方は早めに購入することをおススメします。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥1,200
(2019/11/19 04:52:32時点 Amazon調べ-詳細)