仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ第40話ネタバレ感想戦電王編:その② グランドジオウが導く未来は最高最善か最低最悪か?

2019年6月23日放送の仮面ライダージオウ第40話「2017:グランド・クライマックス!」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダージオウを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ
仮面ライダージオウ考察&ネタバレ感想戦まとめ

←仮面ライダージオウ第39話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダージオウ第39話ネタバレ感想戦電王編:その① グランドジオウ参上!最初っからクライマックスでかーなーり熱い!

仮面ライダージオウ第41話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダージオウ第41話ネタバレ感想戦アナザージオウ2編:その① アナザージオウ2登場!歴史改変の影響で歪む世界

仮面ライダージオウ第40話予告動画

仮面ライダージオウ第40話「2017:グランド・クライマックス!」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

仮面ライダージオウ見逃し配信中

動画配信サイトのauビデオパス[PR]に登録すると、仮面ライダージオウ放送終了後の見逃し配信を1週間何度も視聴することができます。

30日間のお試し登録で簡単に視聴ができるので、見逃してしまった、もう一度見返したいって人はぜひご利用ください。

下の記事でauビデオパス[PR]について詳しく書いています。

auビデオパス[PR]を徹底解説

仮面ライダージオウ第40話あらすじ

仮面ライダージオウ第40話「2017:グランド・クライマックス!」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 ソウゴ(奥野壮)はモモタロス(声・関俊彦)から、最強の力・グランドジオウウォッチを受け取るが、ソウゴを“世界を破壊する魔王”と言い張る侑斗(中村優一)が阻止。ソウゴはウォッチをモモタロスに取り返されてしまう。

ソウゴらはユキヒロ(重徳宏)から、今は亡き恋人の弟・タクヤ(後藤大)がユキヒロを恨み、アナザー電王となってしまった事情を聞く。そのきっかけとなった過去は2017年。ゲイツ(押田岳)、ウォズ(渡邊圭祐)、そしてモモタロスはタイムマジーンで2017年の世界へと飛ぶ。

ゲイツらと別行動をとったソウゴは、アナザー電王が現れた2017年の世界で当時のタクヤと会い、ユキヒロの思いを説明しようとするのだが…。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

平成仮面ライダー20作品記念サイトあらすじ↓

電王ウォッチを手に入れたことにより、ソウゴの手にグランドジオウウォッチが誕生した。
全ての平成ライダーの力を集めた、最強の力を秘めたウォッチ。

だが、ソウゴを魔王と警戒する桜井侑斗とデネブの介入により、グランドジオウウォッチは消えてしまった。

クジゴジ堂に戻ったソウゴたちは、アナザー電王、タクヤが何かを強く願っていたことを知る。
その願いが叶う時、イマジンとの契約が完了するというのだがーー。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/40

仮面ライダージオウ第40話ネタバレ感想戦

モモタロスから電王ライドウォッチを受け取り、20個のライドウォッチが揃いました。

ソウゴの手には最強の力グランドジオウライドウォッチが握られています。

ですが侑斗がグランドジオウライドウォッチを渡してはいけないと、モモタロスに忠告。

「そいつを渡したらダメだ!そいつは世界を滅ぼす魔王なんだ。」

「そうだ!」とデネブも続きます。

「魔王?お前!俺をだましやがったな!返せ!コラッ!放せっ!」

モモタロスはソウゴの手をペチペチ叩いて電王ライドウォッチを没収します。

するとソウゴが持っていたグランドジオウライドウォッチも消滅。

グランドジオウの登場はもう少しおあずけです。

ソウゴが最強の力を手に入れるのを阻止した侑斗は、イマジンがいつの時間へ飛んだかをチケットに記録します。

行先は2017年5月11日。

「この件は俺が解決する。お前たちは手を出すな。」

侑斗はソウゴ達に釘を刺します。

「よく覚えておいてください!」

デネブも珍しく強気です。

侑斗はデネブを連れて、過去へと向かいました。

手を出すなと言われても、アナザー電王を放っておくわけにはいきません。

ソウゴ達はクジゴジ堂へ戻り、ユキヒロからその時間についての情報を聞き出します。

この日はアナザー電王の変身者タクヤの姉であり、ユキヒロの恋人であるサユリを病院から連れ出した日。

病院を抜け出した後サユリの容体が急変し命を落としたため、タクヤはユキヒロを恨んでいるようです。

一通り話を聞き終え、ゲイツ、ウォズ、モモタロスはタイムマジーンに乗ってアナザー電王達を追いかけます。

その頃、デンライナーをジャックしたアナザー電王はウラタロス、キンタロス、リュウタロスを鎖で拘束。

「邪魔をしなければお前達に危害は加えない。」

意外とアナザー電王は良い奴ですね。

「狭いじゃないかゲイツ君。」

タイムマジーンに3人で乗っているため、操縦席はギュウギュウですw

「もうちょっとそっち行け!トゲトゲ刺さってるんだよ!」

ゲイツはモモタロスに文句を言いますw

「あーーもう!なに、ちんたら走ってんだ!よしッ!いいから!」

モモタロスは強引にゲイツから操縦桿を奪い取り、タイムマジーンをぶっ飛ばしましたw

デンライナーとは勝手が違うと思うけど、よく操縦できたなw

目的の時間へとゲイツ達が到着する少し前にアナザー電王とイマジンがやってきました。

病院内が騒がしくなったため、サユリの病室にいたその時間のタクヤが様子を見に行きます。

すると院内ではアナザー電王とイマジンの登場に混乱状態。

そこにゲイツ達が出くわし、モモタロスが逃げている男性に声を掛けます。

「ああ!ここにも怪物ー!」

「んあ!?誰が怪物だコノヤロー!」

まあ赤鬼ですからねw仕方ないです。

「ここにも、という事はやつらがこの中にいるね。」

ウォズの言葉とおり、アナザー電王達はすでに病院の中です。

「イマジンの匂いだ!」とモモタロスが病院に入ろうとするのをゲイツが止めます。

「待て!だいたいお前は目立ちすぎる。」

「だったらー」とモモタロスはゲイツに憑依しようとします。

「させるか!」

ゲイツはウォズを盾代わりにして代わりに憑依させましたw

髪をオールバックにして赤のエクステを付けたウォズの完成です。

第39話に引き続き、イマジン憑依状態の表記はM、U、K、Rでいきます。

Mウォズが病院内で暴れるイマジンを発見。

イマジンは右手の爪で壁を引っ掻き、嫌な音を出してイライラした様子です。

Mウォズは荒々しい感じで廊下を走りながらウォズギンガファイナリーへと変身!

走っている途中で逢魔降臨歴をフルチャージ時のライダーパスみたいに捨ててるのが個人的にツボです。

「俺、参上!ん?なんじゃこら?まいっか!行くぜ行くぜ行くぜ!」

ウォズギンガファイナリーのマントが一瞬気になるも、すぐに戦闘開始です。

そのころ、病院内にいたアナザー電王は過去の自分の元にいました。

「姉ちゃんは俺が守る。」

そう言ってアナザー電王は過去の自分を攻撃し、気絶させます。

若干暴走気味のアナザー電王はそのままサユリの病室へ。

アナザー電王の姿を見て悲鳴を上げるサユリの元にゲイツが登場します。

ゲイツはゲイツリバイブ剛烈に変身。

そのまま病院の外で戦闘開始。

病院の外でゲイツ、屋上ではMウォズが戦闘中です。

「俺に前振りはねえ。最初から最後までクライマックスだぜぇ。んお!?」

いきなりMウォズの動きが止まります。

その隙をついてイマジンは逃走。

「なぜだ?体が動かねぇ。」

そのまま変身と憑依が解除されました。

「なにすんだよ!」とモモタロスはウォズに詰め寄ります。

「ウォッチは欲しいが、二度と体を奪うのは止めてもらえないか。」

眉間にしわを寄せ怒りをあらわにするウォズ。

「セリフが恥ずかしすぎてね。口が腐る。」

なら良太郎の口は大変なことになってますね( ゚Д゚)

その頃目を覚ましたタクヤは病院を抜け出したサユリとユキヒロを発見します。

追いかけようとするタクヤですが、ダメージが残っているため、ふらついてしまいます。

そこを遅れてやって来たソウゴが受け止めました。

病院の外で戦闘を続けていたゲイツ達。

アナザー電王も病院を抜け出すサユリとユキヒロを発見し、ゲイツを無視していこうとします。

「お前の相手はこの俺だと言っただろ。」

ゲイツリバイブ疾風へとフォームチェンジし、アナザー電王の前に立ちはだかります。

疾風のスピードを活かした連撃に万事休すのアナザー電王。

ゲイツはとどめのツメ連斬を放った時、イマジンが運転するデンライナーが間に入り攻撃を防ぎました。

「ざんねーん!こいつらつえーぞ!手を組もうぜ!」

イマジンのアシストもあり、アナザー電王は何とか逃げることができました。

ソウゴはウォズ、モモタロスと合流しタクヤにこれまでの経緯を話します。

そこでユキヒロの行動によってサユリの容体が悪化したことを知り、怒りをあらわにするタクヤ。

ソウゴはユキヒロから聞いた真実を語ります。

「もうサユリは助からなかった。でもサユリはそのことを弟のタクヤ君には言えなかった。」

ツクヨミが何で本当のことを言わなかったのか聞きます。

「言ったって、タクヤ君の心に空いた穴は埋まらない。タクヤ君も辛いんだ。俺のせいにして、怨む相手がいた方がタクヤ君はまだ楽になれるかもしれないじゃないか。」

めっちゃいい人(´;ω;`)

真実を知ったタクヤには、もう怒りの表情はありませんでした。

「ユキヒロさんがサユリさんを連れ出したのには、何か理由がある。きっと、サユリさんにとって大事なことなんだ。それを未来のタクヤさんが邪魔しようとしている。」

「止めてくれ。未来の俺を。」

タクヤはソウゴに頼みます。

ソウゴは笑顔で「分かった」と快諾。

「お前なかなかカッコいいじゃねーか。」

モモタロスはソウゴのことを見直したようです。

「あ、でもユキヒロさんたちがどこに行ったか分からないな。思い出の場所とはいってた言ってたんだけど、、、」

「はっは。そこは聞くだろ普通。えぇ?なんで聞いとかなかったんだよ!てめーは!」

しんみりとした口調から怒りの口調へw

ソウゴとモモタロスがお互いの顔を鷲掴みして取っ組み合いを始めますw

「手がかりならある。」

ウォズは病室にあった写真を手に取ります。

そこには灯台の前で笑顔のユキヒロとサユリが映ってました。

一連の様子を遠くで見ていたデネブ。

変装?のために医者の恰好をしていますw

「侑斗!侑斗!侑斗。世界を滅ぼす魔王って良い奴だねぇ。」

「デネブ。バカ!すぐ信用すんな!あれが魔王の手口だ。」

侑斗はデネブの首を絞めて説教。

「何だその恰好?」

「え?ドクターですけど?あ、あ!侑斗!」

侑斗を追いかけてデネブは病院を後にします。

ユキヒロとサユリが写真に会った灯台に到着。

同時にアナザー電王とイマジンも到着し、ユキヒロを襲うとします。

そこに「待て!」とソウゴとモモタロスが間に合いました。

アナザー電王とイマジンはソウゴ達に襲い掛かります。

ですがなぜかイマジンの数が何体も増えていました。

どうやらデンライナーを使って、少し前の過去からを自分を大量に連れてきたようです。

電王の夏映画方式ですね。
てなるとこの後イマジンのクライマックスフォームへと繋がる話が、無いですね。

モモタロスがイマジンにてこずっている所に侑斗たちがやってきます。

「ウォッチを渡してやれ。」

「侑斗!いいのかよ?」

「俺のこと信じてくれるの?」

モモタロスは驚き、ソウゴは嬉しそうに質問します。

「信用したわけじゃない。だが、認めてやってもいい。」

さっきの病院での件で侑斗もソウゴが最低最悪の魔王にならないと感じたようです。

「相変わらず面倒くさい奴だぜ。おらよ!」

モモタロスは電王ウォッチをソウゴに投げます。

「イマジンは任せろ!変身!」

侑斗はゼロノスアルタイルフォームへと変身。

「最初に言っておく。俺はかーなーり、強い!」

ゼロノスはイマジンに突っ込んでいきます。

一方ですべてのライドウォッチが揃ったことで、ソウゴは再びグランドジオウライドウォッチを手に入れました。

ソウゴはそのままグランドジオウへと変身!

変身待機音が歴代の平成仮面ライダーの変身音なので、めちゃくちゃテンション上がりますね(`・ω・´)

ポーズを決めるソウゴを中心に、クウガ~ジオウまでの像が出現!

ジオウのオープニングのように、像のサビが取れる演出は痺れました!!!

「変身!」

ソウゴは最強の力「グランドジオウ」へと変身!

最初はどうかと思ったんですけど、なんやかんやでカッコいい!!!(`・ω・´)

「祝え!!!いや、もはや言葉は不要。ただこの瞬間を味わうがいい!!!」

ウォズは噛みしめるように天を仰ぎますw

RIDER CHIPSが歌う新挿入歌の「Next New Wφrld」も流れて、テンション爆上がりです。

「まずはこれだ!」

グランドジオウはビルドの像を触ります。

ここからは第39話の冒頭と同じシーンです。

ビルド、クウガのライダーキックを喰らうアナザー電王。

さらにグランドジオウはクウガをタッチ。

するとタイタンフォームのリント文字が現れ、タイタンソードが出てきました!

そんな使い方もできるのかよ!

「次はこれ!」とオーズをタッチ。

タトバキックが直撃した瞬間にグランドジオウの頭部にあるジオウの像がヌルヌルと動きます!

「時間よ戻れ!」

ジオウの像が指をくるくるさせて前にセリフと共に突き出した瞬間、タトバキックが逆再生し一時停止!

ビルドをタッチしフルボトルバスターを取り出し、フルフルマッチブレイクを放ちます。

その瞬間止まっていたオーズが再び動き出し、追い打ちのタトバキック!

もうアナザー電王が可哀そうなくらいボコボコですw

ですがグランドジオウ無双はまだ終わりません。

鎧武をタッチし、輪切りにされます。

「これが、魔王の力。」

ソウゴが新たな力に感動している所を見たモモタロスの闘争心に火が付きます。

「だったら俺も!変身!!!」

ライダーパスをセタッチしますが、肝心の電王ベルトがありませんw

「ん?あれ?あらららら!?」

腰を触ってベルトを探しますが、どこにもありませんw

「君は電王の力を我が魔王に渡した。変身する力は失われているようだね。」

「あ、なるほどな!」

モモタロスは納得したように手を打ちます。

「あーーーー!ってなんだよそりゃ!?えーー!どうなってやがんだ!そらねーだろ!」

納得してるわけもなく、頭を抱えて暴れるモモタロスw

「あ、ちょっと!だったらこれに!」

グランドジオウは電王をタッチ!

やる気のない時の電王ソードフォームが参上w
仮面ライダー電王第18話「時計じかけの婚約者」の時ですね。

ちなみにこれ↓

ここだけ切り取るとネタ感がすごいですけど、この後、新必殺技が生まれたり、良太郎との絆が深まったりと実はいい話なんですよねー。

下の記事で電王第18話を無料で視聴する方法も書いてるので、気になった人はぜひ視聴してみてください。

仮面ライダーオタクが選んだ、過去作動画を無料視聴できるサイト4選

「そういう事ね!」

モモタロスは電王に憑依します。

「本当の俺!ようやく参上!!!こっちもてんこ盛りだ!」

この時のケータッチのウラタロスのボタンだけ音が違ったのが気になりましたが、クライマックスフォームが見れるのは感激でした!!!

R「わーい!わーい!久しぶり!」

U「あーー、キンちゃん、また足踏んでる。」

K「しょうがないやろ!狭いんやから!」

M「うるせー!!!行くぜ行くぜ行くぜぇ!」

クライマックスフォームいいわw

「んお!みんなばっかりズルい!」

クライマックスフォームを見たデネブがうらやましがります。

そのタイミングでゼロノスから「来い!」と指示が入りました。

ゼロノスベガフォームへとフォームチェンジ!

「改めて言っておく!侑斗をよろしく!」

デネブかわいいw

「へっへぇ。俺たちの必殺技クライマックスバージョン!」

クライマックスバージョンだ(`・ω・´)!!!

周りにいたイマジンを一掃。

ゼロノスも続き、残りのイマジンを撃破します。

「これで最後だ。」

グランドジオウは必殺技を発動!

やっぱりグランドジオウライドウォッチが大きすぎるから、両手で丁寧に回してましたねw

上空にビルドジーニアスフォーム、鎧武スイカアームズ、クウガペガサスフォーム(ゴウラムぶら下がり状態)、ガタキリバ(セイヤー祭り)が出現!

アナザー電王は出現した仮面ライダーに攻撃を仕掛けますが、攻撃が当たった瞬間爆発と共に動きが止まりました。

爆発を纏ったライダー達が周りにいる状態で、グランドジオウがサイキョーギレードで斬りかかります。

ライダーフェイスを「ジオウサイキョウ」に切り替え攻撃、アナザー電王は上空へ!

頭部のジオウ像の「行っけーーー!」の号令と共に、止まっていたライダー達が一斉に動き出します。

5人の仮面ライダーの必殺技を受け、アナザー電王はようやく倒れました。

そのまま変身解除、アナザー電王ウォッチの破壊に成功します。

思い出の灯台から海を眺めていたユキヒロとサユリ。

そこに真実を聞いた未来のタクヤが現れます。

「ユキヒロを責めないで、私がお願いしたの。どうしてもこの場所に行きたいって、最後に2人でこの風景を見たいって。」

タクヤは目に涙を浮かべます。

「よかったね、姉ちゃん。ありがとう、ユキヒロさん。」

一件落着ですね(`・ω・´)

タクヤたちの様子を遠くで見ていたソウゴ達。

「なあ、お前は本当に常盤ソウゴなのか?」

侑斗がソウゴに意味深な質問をします。

「どうして?」

ソウゴも質問の意味が分からず聞き返します。

「いや、何でもない」と言って侑斗はデネブを連れて帰っていきました。

「俺は気に言ったぜ。大したやつだ。まあ、良太郎ほどじゃぁねーけどな。」

モモタロスが振り返ると、さっきまでいたソウゴの姿がありません。

「あれ?どこ行った?・・・あれぇ?」

カッコが付かなかったモモタロスはあたりをキョロキョロと探しますが、ソウゴはいませんw

え?ボケなの?マジなの?と若干、困惑していると、グランドジオウはオーマジオウと対峙していました!

マジの方だ(;゚Д゚)
モモタロスが絡むとどっちなのかややこしいw

どうやらオーマジオウがソウゴを呼び寄せたようです。

「若き日の私よ。全ライダーの力を手に入れたか。だが、まだ私には及ばない。」

「どうかな。行ける気がする!」

最高最善と最低最悪の戦いが始まります!!!

仮面ライダージオウ第40話時点での考察

仮面ライダージオウ第40話時点での考察ポイントは以下の3つ。

  • グランドジオウライドウォッチの獲得条件
  • グランドジオウのスペック
  • 電王が変身できなくてゼロノスが変身できた理由

これらのポイントについて考察していきます。

仮面ライダージオウの見逃し配信を視聴したい人はコチラ

グランドジオウライドウォッチの獲得条件

グランドジオウライドウォッチの獲得条件はソウゴがクウガ~ビルドまでの全平成仮面ライダーのライドウォッチを手に入れる事。

ライドウォッチをそろえることが条件なので、どんな形で手に入れてもいいようです。

実際、ドライブライドウォッチに関してはゲイツが未来でオーマジオウから盗んだライドウォッチでした。

ソウゴが仮面ライダードライブのレジェンドたちからウォッチを継承する必要はないってことですね。

また、モモタロスに電王ライドウォッチを取られた瞬間グランドジオウライドウォッチが消滅していたので、ライドウォッチが破壊されたりして、19個揃わなくなったらグランドジオウライドウォッチは消滅すると考えられます。

夏映画ではドライブの歴史を消すことが敵の目的のようなので、自動的にグランドジオウライドウォッチの消滅も達成できる形になりますね。

グランドジオウのスペック

ソウゴが平成仮面ライダーのライドウォッチを手に入れてたことによって手にしたグランドジオウライドウォッチを使用して変身した姿。

身体の各箇所にクウガ~ビルドまでの平成仮面ライダーをあしらった彫像があるという、かなり見た目的に特徴的なフォームでしたね。

仮面ライダーディケイドコンプリートフォームの時でもやりすぎだと思ったのですが、グランドジオウはその上を行っている気がしますw

グランドジオウの身体にある彫像は「ライダーレリーフ」という名前で、このライダーレリーフに触れることで、触れた平成仮面ライダーの時間「ライダーズレコード」を切り取って召喚することができます。

また、その平成仮面ライダーの使用していた武器も召喚することが可能で、その武器を扱うノウハウもグランドジオウはトレースすることができるので、実質20人の平成仮面ライダーが同時に戦っている状態です。

頭部にある仮面ライダージオウのライダーレリーフはクウガ~ビルドまでのライダーレリーフを制御する役割があります。

ジオウのライダーレリーフが指揮者のように、ライダーズレコードの時間を止めたり巻き戻したりと指示を出していましたね。

必殺技「オールトゥエンティタイムブレーク」は複数の平成仮面ライダーを同時に召喚して、敵に攻撃を放つことができます。

グランドジオウの情報を書けば書くほど、最強だなと思わされるようなスペックですねw

電王が変身できなくてゼロノスが変身できた理由

モモタロスがソウゴに電王ライドウォッチを渡したことによって、電王への変身する力を失っていました。

ですがゼロノスは変身したままイマジンたちと戦っています。

最近ではアナザーライダーが誕生しても、オリジナルのライダーが消えなかったりと今までのルールが変わってきているのは確かです。

ですが今回のようにライドウォッチの継承(ソウゴが力を奪う)が済んだ状態で、2号ライダーが変身したのは今回が初のケース。

なぜゼロノスは変身できたのか考えられる理由は以下の2つ

  • アナザーライダー同様、ルールが変わっているから
  • ゼロノスの特性で、桜井侑斗が時間の干渉を受けないから

個人的には2つ目の「時間の干渉を受けない説」が有力かなと思ってます。

ライドウォッチの継承=時間の消滅と考えられるので、これは立派な時間への干渉です。

だから侑斗は変身能力を失うことなくゼロノスに変身できたと考えられます。

次回放送の注目ポイント

ついに魔王の力を手に入れたソウゴはグランドジオウへと変身しました。

そしてモモタロスを置いて、オーマジオウとの一騎打ちが始まります。

同じ魔王の力同士の戦いなので、互角の戦いが繰り広げられるのかと思いきや、戦況はオーマジオウ優勢のようです。

これには何か理由があるようなのですが、いったい何なのでしょうか?

またソウゴが2019年に帰ると、改心したはずの加古川飛流が再びアナザージオウとなってるじゃないですか!

しかもアナザージオウ2へとパワーアップしてるし!!

今までもアナザーライダーの影響で歴史改変が起きていましたが、今回の歴史改変はソウゴへもろに関係のある歴史が塗り替わってしまいます。

オーマジオウとの戦い、アナザージオウ2との戦いと状況が2転3転しそうな仮面ライダージオウ第41話から目が離せませんね。