仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ第41話ネタバレ感想戦アナザージオウ2編:その① アナザージオウ2登場!歴史改変の影響で歪む世界

2019年6月30日放送の仮面ライダージオウ第41話「2019: セカイ、リセット」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダージオウを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ
仮面ライダージオウ考察&ネタバレ感想戦まとめ

←仮面ライダージオウ第40話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダージオウ第40話ネタバレ感想戦電王編:その② グランドジオウが導く未来は最高最善か最低最悪か?

仮面ライダージオウ第42話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダージオウ第42話ネタバレ感想戦アナザージオウ2編:その② 海東がタイムジャッカーに!?スウォルツの目的とは?

仮面ライダージオウ第41話予告動画

仮面ライダージオウ第41話「2019: セカイ、リセット」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

仮面ライダージオウ見逃し配信中

動画配信サイトのauビデオパス[PR]に登録すると、仮面ライダージオウ放送終了後の見逃し配信を1週間何度も視聴することができます。

30日間のお試し登録で簡単に視聴ができるので、見逃してしまった、もう一度見返したいって人はぜひご利用ください。

下の記事でauビデオパス[PR]について詳しく書いています。

auビデオパス[PR]を徹底解説

仮面ライダージオウ第41話あらすじ

仮面ライダージオウ第41話「2019: セカイ、リセット」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 未来の世界でオーマジオウと戦っていたソウゴ(奥野壮)だったが、何者かが時間の流れを改変。ふと気づくと、「常磐ソウゴ初変身の像」も加古川飛流(佐久間悠)に変わっていた…。

2019年の現代に戻ったソウゴだったが、そこではゲイツ(押田岳)とツクヨミ(大幡しえり)がレジスタンスとしてアナザーライダーと戦っていた。ソウゴもジオウⅡに変身し合流するが、なんとライダーゲイツが襲いかかってきた。ゲイツもツクヨミもソウゴのことなど知らず、“大魔王ジオウ”は彼らの前では敵でしかないようだ。

戸惑うソウゴを、遠くから見つめる飛流がいた。これでゲイツらはソウゴを倒すべき敵として狙うはず。不敵な笑みを浮かべる飛流のそばには、「この世界はあなたの思いのままに」と恭しく接するスウォルツ(兼崎健太郎)が。アナザージオウⅡウォッチを手にする飛流、そしてスウォルツの狙いとは!?
引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

平成仮面ライダー20作品記念サイトあらすじ↓

グランドジオウ 対 オーマジオウ!!
全ての平成ライダーの力をかけて駆使した激しい戦い。だがソウゴの力は、オーマジオウに及ばない。その理由は全てのウォッチを集めたわけでは ないからだとういう……。

時の流れが乱れているーー?ソウゴが戻ったのは2019年だったが、何もかもが変わっていた。
クジゴジ堂では、叔父さんがソウゴを知らないという。ゲイツもツクヨミもソウゴを敵とみなしていた。
そして、銅像の中心には、加古川飛龍が君臨しており・・・。
引用:https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/41

仮面ライダージオウ第41話ネタバレ感想戦

ついに始まったグランドジオウVSオーマジオウ!

オーマジオウの攻撃をかいくぐりながらグランドジオウがビルドを召喚。

対抗すべくオーマジオウはクウガを召喚します。

前回までオーマジオウはライダーの力を使う時にライドウォッチを使っていましたが、今回は手をかざすだけ。

しかもライダーズレコードを使ってクウガを召喚するとは、さすがオーマジオウですね。

クウガVSビルドなんて見たら、シンゴが悲しむぞ(´;ω;`)

オーマジオウがグランドジオウに接近し、肉弾戦スタート!

その間にクウガとビルドはお互いのライダーキックによって消滅しました。

「今日、ここで決着をつける!」

若干押され気味のグランドジオウ。

「愚かな。お前は私。それがまだ分からぬとは。」

「うるさい!」

オーマジオウの言葉に耳を傾けようとしないグランドジオウはドライブを召喚。

「返してもらおう。」

オーマジオウがドライブに手をかざします。

するとドライブの目の色が少し曇り、グランドジオウを襲い始めました!

そのままドライブはグランドジオウに必殺技「スピードロップ」を放ちます。

攻撃をもろに受けたグランドジオウは変身解除。

変身解除したのに召喚したドライブは残ったままです。

これってドライブの力がオーマジオウに奪われたってことでしょうか?

オーマジオウを睨みつけながら、立ち上がれずにいるソウゴ。

そこにウォズが助けに来ます。

「なぜお前が私に及ばないか。それは、お前が全てのライダーの力を集めたわけではないからだ。」

「そうか、仮面ライダードライブ。あのウォッチはゲイツ君がオーマジオウから手に入れた物。」

オーマジオウの言葉にウォズは納得した様子。

「それがどうした!」

ソウゴはふらつきながらオーマジオウに立ち向かいます。

「まだ戦うと言うのか。愚か者!」

オーマジオウはソウゴにエネルギー弾を放ちました。

爆発に巻き込まれるソウゴをウォズがマフラーで包み、逃がします。

「さすがはウォズ。賢明な判断だ。」

ウォズは「恐れ入ります」とオーマジオウに跪きます。

たしかにウォズにとってはオーマジオウも「我が魔王」ですもんね。

すると周囲に謎の波が流れ、ドライブが消えてしまいます。

「何者かが時間の流れを変えた。」

オーマジオウの言う時間の流れを変えた犯人は一体?

一方、ウォズに助けられたソウゴは2019年に戻っていました。

目を覚ますと目の前には大きなお城があります。

「ここどこ?」

状況が読めないソウゴはとりあえずお城へと向かいました。

お城の中には1人の男性を囲むアナザーライダーの像が!

「加古川飛流 変身の像」

ソウゴの像とはまるっきり逆の感じになっていますね。

しっかりとアナザークウガも小さくなってましたw

さらにアナザードライブらしき後ろ姿の像もあります!

これは今後の登場に期待ですね。

状況が全く理解できないソウゴは逃げるようにお城を後にします。

ここでオープニングなんですが、冒頭のオーマジオウのセリフが変わってる!

ついに最終決戦なんだなって思わせる演出ですね。

城を囲む森を抜けると、ここで戦争でもあったかのような街並みが広がっていました。

街の様子をさらに探ると、迷彩服の男たちが銃を持って走っていきます。

「戦争?」

自分の知っている時代とはかけ離れすぎてしる光景にソウゴは戸惑います。

そんなソウゴは足元に落ちていた花火大会のポスターを見つけました。

ポスターには2019年8月10日(土)開催の文字が!

「現代に戻って来たんだ。」

ソウゴは歴史に何らかの変化が起きたことを知ります。

そんな戸惑うソウゴを盗撮する通りすがりの戦場カメラマンが1人。

「これがこの世界の結末か。さてどう動く。常盤ソウゴ。」

士が撮った写真には、存在が消えかかっているようにも見えるソウゴが映ってました。

これは士が撮ったからなのか、それともソウゴが歴史改変の影響を受けかけているという事なのか、どちらにせよ意味深な写真ですね。

とりあえずソウゴはクジゴジ堂へと帰ってみることにします。

ですが入り口はフェンスで囲まれて、かなり入りづらくなっていました。

クジゴジ堂の中に何とか入れたソウゴがまず目にしたのは、見知らぬけが人たち。

「あんた誰?」

病人の1人がソウゴを見るなり言います。

「誰って、、、あの、おじさんいます?」

困惑するソウゴの背後に1人の男性が忍び寄ります。

その男性は大根を振りかざし、ソウゴに斬り?かかりました!

しかもその男性は、まさかのおじさん!?

ギリギリで避けたソウゴ。

大根は椅子にぶつかり見事に折れてしまいます。

大根が折れ、若干悲しそうな顔をしたおじさんですが、葉っぱの部分で殴りかかってきました。

「だいっこん!!!」

手で受け止めながら驚くソウゴ。

「だっ誰だ!」

「いや、俺だって!」

「俺!?」

「俺!」

「俺?」

このやり取り、冬映画でも見たなw

「もう何があったの!?え?なんでこんなことになってんの!?なんなのこの人達?」

ソウゴは疑問をぶちまけるように、おじさんに聞きます。

「何って、ここレジスタンス達の救護施設だし。」

「レジスタンス!?」

おじさんの言葉に目を丸くするソウゴ。

するとラジオから聞きなれた女性の声が聞こえました。

「こちらツクヨミ。アナザーライダーを発見。飛渓地区のシェルターが危ない!誰か応援をお願い!」

「飛渓地区ってどこ?」

ツクヨミからの連絡を聞いたソウゴはおじさんに飛渓地区の場所を聞き、向かいました。

「最近の若い奴はずいぶん馴れ馴れしいな!初めて会ったのに!」

初めてだと!?( ゚Д゚)

ってことはこの時間にソウゴがいないってことまであり得てきそうな発言ですね。

飛渓地区で暴れるキャプテンアメリカ、、、間違えた、アナザーキバとアナザーオーズ。

そこに現れたゲイツとツクヨミが到着します。

ゲイツはすでに変身状態で、アナザーライダー達と戦闘開始。

避難誘導しているツクヨミも、ファイズフォンでアナザーキバに応戦。

ですがアナザーキバにファイズフォンを弾かれてピンチに!

ツクヨミが胸ぐらを掴まれたところでソウゴが到着し、何とか助け出します。

「ツクヨミ大丈夫?」

倒れるツクヨミを起き上がらせるソウゴ。

「え?私を知ってるの?誰?」

「え?誰って、俺だよ。俺!はぁ?」

おじさんといいツクヨミといい、様子がおかしいことに若干不満そうなソウゴ。

そこをアナザーキバが再び襲い掛かってきます!

ギリギリでツクヨミが時間を止め、ファイズフォンで攻撃!

難を逃れます。

「何している!早く逃げろ!」

ゲイツもアナザーオーズと戦いながらソウゴに逃げろと言います。

「逃げろ?なんで!?」

戦う力を持っているソウゴに「逃げろ」というゲイツに、ソウゴの頭の中は?だらけです。

「わけわかんないよ。」

ソウゴはジクウドライバーを取り出し、ジオウ2へと変身!

アナザーキバと戦闘開始です。

その間、ゲイツはアナザーオーズを足で壁に押し付けたままベルトを回し、タイムバースト!

アナザーオーズを撃破します。

このタイムバーストはマジでカッコよかったです(`・ω・´)!!!

ジオウ2も1度倒したことのあるアナザーキバを難なく撃破。

するといきなりツクヨミがジオウ2に発砲!?

「姿を現したなジオウ。ここで貴様を倒す!」

ゲイツもジオウ2に攻撃をしてきました。

「どうして!?」とソウゴも戸惑いを隠せません。

「大魔王ジオウを倒して、この世界を救う。それが、俺達レジスタンスの悲願だ。」

ゲイツはゲイツリバイブ剛烈へと変身。

一方的に攻撃を受けるジオウ2は変身解除。

「大魔王とか、なんとか、俺の事忘れちゃったの?ゲイツ!ツクヨミ!」

ソウゴは起き上がりながら訴えかけます。

「俺の名を気やすく呼ぶな!」

「あなたもジオウなんでしょ!」

ゲイツとツクヨミはソウゴに敵意むき出しです。

「ぜんっぜん訳が分からないよ!ちゃんと説明してよ!」

「黙れ!」

ゲイツリバイブは生身のソウゴにノコ切断( ゚Д゚)

「貴様の話を聞くつもりはない。」

ゲイツリバイブがとどめを刺そうとした時、時間が止まりました。

「ここは逃げることをおススメするよ。こいつにやられたくないならね。」

なんと助けてくれたのは敵であるはずのウール!

ソウゴはふらつきながら逃げ出しました。

「いい気味だ。」

ウールはにやりと笑って時間を動かします。

「君たちにジオウを倒してもらっちゃ困るんだよ。」

ウールはゲイツリバイブ達に言って逃げていきました。

「楽しかったなー。ジオウの焦った顔。見せてやりたかったよ。」

ウールはスウォルツ、オーラと合流。

どうやら今回の一連の騒動はタイムジャッカーによるものみたいですね。

「常盤ソウゴはすでに強大な力を手に入れた。こちらも強行手段に出る以外には無いという事だ。」
「オーラ、新たな魔王はお前に任せる。」

「命令しないでよ。ずっと思ってたけど、私たちの立場は対等でしょ?いい加減イラつくのよ。」

嫌そうな顔をしながらオーラは新たな魔王の元へと行きました。

タイムジャッカーが何をしたのか気になりますね。

「いやーしかし、家に来たあの子が魔王だったなんて、人は見かけによらないもんだねぇ。怖い怖い。」

ゲイツ達からソウゴがジオウであると聞いたおじさんは、料理を作りにキッチンへと行きました。

「ねえ、あの子、本当に魔王なのかな?」

ツクヨミが心配そうな顔でゲイツに聞きます。

「だってアナザーライダーを倒したのはあの子だったわけだし。」

「それが魔王の魔王たる所以だ。俺たちを欺くためなら自分の手下だって躊躇なく葬る。」

頑ななゲイツに「でも」と食い下がるツクヨミ。

「タイムジャッカーも手を貸した。それに、ジオウに変身したのが何よりの証拠だ。」

この言葉にツクヨミは何も言い返せませんでした。

「次に会ったときは必ず俺が倒す。」

また2人の関係が戻ってしまいましたね。

ウールのおかげで逃げ切ったソウゴはベンチに腰掛けます。

そこにウォズが現れます。

「ウォズ!無事だった!?」

「ああ。」とそっけなく答えるウォズ。

「よかった。大変なんだ!みんな俺の事忘れてて、世界も変わっちゃってて!」

藁にもすがる様な顔でウォズに歩み寄るソウゴ。

「ずいぶん、心細い思いをしたようだね。」

「うん、、、理由を突き止めないと。」

やっとまともな知り合いに会えて、ソウゴも安心した様子です。

「森の奥にお城があってさ、そこに未来で見た俺の銅像みたいなのがあって。ただ、そこに立っていたのは、、、」

「加古川飛流。」

「ウォズもあの銅像を見た?」

「いや」と言ってにやりと笑うウォズ。

「連れてきてあげたわよ。」

ウォズの隣にいきなり現れたオーラ。

ソウゴは身構えます。

「君に紹介しなければならない人物がいる。新たな我が魔王だ!」

ウォズが手を伸ばします。

「久しぶりだなぁ。常盤ソウゴ。」

そこには見た目がガラッと変わり、高貴な印象を思わせる加古川飛流がいました。

「飛流。ウォズ、これって!」

「私は、新たな魔王に仕えることにした。」

ウォズは加古川飛流の元へと歩いていきます。

「どういうこと!?」

「君がオーマジオウになる未来は、この本から消えてしまった。という事だ。」

ウォズの裏切りに、悔しさとも悲しさとも取れる表情を浮かべるソウゴ。

「いい顔だなぁ。お前のそんな顔を見たかったんだよ。」

お前改心したんじゃなかったんか!!!

「飛流、この世界は君が?どうして!」

ソウゴの質問に鼻で笑う加古川飛流。

「どうして?お前に味合わされた屈辱を返すために決まってるだろ!」

ソウゴは加古川飛流との最後の会話を思い出しました。

「今のために生きるだと?ふざけるな!」

ですが加古川飛流はソウゴの胸ぐらを掴み、殴り飛ばします。

「お前は何にも分かっちゃいない。選ばれなかった者の悲劇を。」

加古川飛流の言葉にソウゴは返す言葉もありません。

「だから試してやるんだ。お前からすべてを奪って同じことが言えるかどうかをな!」

加古川飛流はアナザージオウウォッチを取り出し、アナザージオウへと変身!

しかしその姿は、ソウゴの知るアナザージオウではありませんでした。

なんと加古川飛流は新たな魔王となるために、アナザージオウ2へと進化していたのです!

怒りに震えるソウゴはグランドジオウへと変身。

2回目の変身にして、変身音声省略ですw

そのころソウゴを探すゲイツとツクヨミ。

「あいつが暴れているよ。場所を教えてあげようか?」

ゲイツ達の前にウールが現れました。

果たしてウールの目的とは一体?

「こいつらで遊んでやるよ。」

グランドジオウとほぼ互角に戦うアナザージオウ2は、アナザーアギト、アナザー電王、アナザー鎧武を召喚。

「こんな戦い、すぐに終わらしてやる!」

グランドジオウも負けじと、電王、鎧武を召喚。

なんでアギトは出さなかったんだろう?

しかも電王の声も、もうモモタロスじゃない(´・ω・)

アナザーアギトに対してはフレイムセイバーで応戦するグランドジオウ。

見事に3体のアナザーライダーを撃破することに成功します。

「ふっ、無駄だ。」

アナザージオウ2のマスクの針が動き出し、アナザーライダー達が復活。

そしてさっきまで昼だったのに辺りが夜に変わっていました。

「どうして?倒したはずなのに?」

困惑するグランドジオウにアナザージオウ2は高笑いをします。

「歴史を書き換えたのさ。俺には時間を思うがままに書き換える力がある。」

(;゚Д゚)!?ヤバない?

うろたえている隙をつかれ、電王と鎧武がやられてしまいます。

1対3でしたが、グランドジオウはなんとかアナザーライダーを撃破。

しかしまたもや歴史が書き換えられ、アナザーライダーが復活!

ついでに昼に戻りました。

アナザージオウ2の歴史改変の力に万事休すのグランドジオウ。

そこに士がマシンガンでアナザージオウ2達を足止めしてくれました。

「来い!魔王!」

グランドジオウは士について行きます。

士のおかげで逃げ切れたソウゴは、逃走先の地下駐車場で倒れこみました。

「王様になりたいとか言ってた時の威勢はどうした?」

士が煽ります。

「こんな所でへこたれるなんて、甘いな。」

「あんたに何が分かる。」

ソウゴは目も合わさず言いました。

「お前の事なら大体わかってるつもりだが。」

「ゲイツもツクヨミも俺の事忘れてた。しかもウォズは、、、」

「お前を見限って新しい魔王の元へ。」

士がまた煽ります。

自分がオーマジオウに負けたから、ウォズに愛想をつかされたと思っているソウゴ。

「どちらにせよ言えるのは、世界の崩壊はもう始まったってことだ。」

士から衝撃的な事実を聞いたソウゴは驚き言葉も出ません。

「防ぎたかったらお前が加古川飛流を倒して、元の世界に戻すんだな。」

この世界を元に戻す方法を聞いたソウゴですが、仲間のいない状況に自信がなさそうです。

「お前。あいつらが傍に居たから王様になりたいと思ったのか?」

士がソウゴの顔をじっと見つめて言いました。

「順序が逆だろ。」

士はソウゴを無理やり立たせます。

「お前が王様になりたいと思った。ただし魔王だけどなぁ。そこにあいつらが現れた。違うのか?」

壁ドンされるソウゴ。

「それとも魔王になるの諦めるか?」

頬をトントンと叩き挑発する士。

ソウゴは士の手を振りほどき、歩き出します。

すると目の前には追っ手としてやって来たアナザーアギト達がいました。

一歩後ずさるソウゴ。

「来たか。まずはそいつらから倒せ。話はそれからだ。」

ソウゴはグランドジオウへ変身し、迫りくるアナザーライダーと戦います。

グランドジオウは、大橙丸とデンガッシャーと召喚。

アナザー電王とアナザー鎧武を一刀両断します。

次にアギトを召喚し、アナザーアギトの幻影を纏ったグランドジオウがアナザーアギトを撃破!

アギトのスキルを召喚したって感じでしょうか?

「ふっ、やるじゃないか。」

士に歩み寄るグランドジオウですが、そこにゲイツが現れます。

「ジオウ、お前を倒して俺がこの世界を救う。」

ゲイツはゲイツリバイブ疾風へと変身。

その様子を士は眉間にしわを寄せて見ていました。

グランドジオウへ斬りかかるゲイツリバイブ。

ですがグランドジオウは斬撃を避けようとせず、もろに斬撃を喰らってしまいました。

これってわざと負けようとしてるのか!?

そしてまたもや次回予告前に登場したジオウライドウォッチがアナザージオウウォッチへ!

これは先が気になる展開ですね!

仮面ライダージオウの見逃し配信を視聴したい人はコチラ

仮面ライダージオウ第41話時点での考察

仮面ライダージオウ第41話時点での考察ポイントは以下の3つ。

  • 歴史改変の影響一覧
  • アナザージオウ2の歴史を書き換える能力
  • ウォズの真意とは?

これらのポイントについて考察していきます。

仮面ライダージオウの見逃し配信を視聴したい人はコチラ

歴史改変の影響一覧

スウォルツの手によって起きてしまった歴史改変。

その影響でソウゴ達がいた元の時間とかなり歴史が変わってしまいました。

今回の歴史改変で見られた影響は以下のとおり。

  • アナザージオウ2とレジスタンスの戦う世界になっている
  • ゲイツ、ツクヨミ、おじさんにソウゴの記憶が無い
  • ウォズには記憶があるが、加古川飛流に寝返る
  • 士は戦場カメラマンに転職
  • 加古川飛流はアナザージオウ2へと変身し魔王として君臨

逢魔の日を迎えて、ソウゴが魔王へと進む未来が確定したと思われたのに、まだ改変可能だったとは意外でした。

この歴史改変にはスウォルツが関係していて、タイムジャッカーは元の時間の記憶を引き継いだ状態で活動しています。

次回の第42話でも新たな改変要素が出てくるかもしれませんが、ソウゴにとってプラスに働くことは少ないと思われますね。

アナザージオウ2の歴史を書き換える能力

今回の歴史改変の犯人でもあるアナザージオウ2。

変身者はアナザージオウと同じく加古川飛流でしたね。

彼はソウゴとの戦いに敗れて、魔王を決める戦いから降りたわけですが、スウォルツのおかげで再びログイン。

しかも歴史改変というチート能力まで備えてきました。

今までアナザーライダーと言えば、対象の作品に対してのみ歴史改変をすることができました。

ですがアナザージオウ2の歴史改変は世界そのものに干渉する力です。

おそらく、逢魔の日を制したのをジオウではなく、アナザージオウにした結果、このような歴史改変が起きたと考えられます。

仮面ライダージオウ第28話「オレたちのゴール2019」でアナザージオウウォッチが破壊されなかったのは、ここへの伏線だったというわけですが、影響力が強すぎませんか?w

あわせて読みたい
仮面ライダージオウ第28話ネタバレ感想戦約束の刻編:その②明かされる過去、2人で歩む未来。2019年3月24日放送の仮面ライダージオウ第28話「オレたちのゴール2019」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編を見ながら...

今後アナザージオウ2の歴史改変能力をどのように突破するのか楽しみですね。

ウォズの真意とは?

今回の歴史改変で一番ショッキングだったのがウォズの裏切りです。

ウォズが持っている「逢魔降臨歴」に書いてある記述が変わったという理由で、今まで仕えていたソウゴを見捨て加古川飛流に寝返ったわけですが、何かしらの考えがあってのことだと考えられます。

これまでもウォズはソウゴを裏切ったような行動をしてきましたが、すべてはソウゴを魔王にするためにしてきたこと。

今回もそのうちの一環に過ぎないと考えています。

もし本当に逢魔降臨歴の記述が変わったとしても、ウォズなら逢魔降臨歴の記述を元に戻そうと動くはず。

ウォズが崇拝しているのは魔王ではなく、オーマジオウである常盤ソウゴなのであって、これは間違いないかと思います。

第42話でウォズが颯爽と助けに入ることを祈っておきましょう。

次回放送の注目ポイント

次回放送の仮面ライダージオウ第42話で私が注目しているポイントは、何と言ってもディケイドとディエンドの登場です!

士自体は何度も登場して、準レギュラーみたいな扱いになってきていましたが、仮面ライダーディケイドとしては第16話「フォーエバー・キング2018」以来になります。

あわせて読みたい
仮面ライダージオウ第16話ネタバレ感想戦 ソウゴとゲイツの絆https://youtu.be/povsNadomD0 2018年12月23日放送の 仮面ライダージオウ第16話「フォーエバー...

また仮面ライダーディエンドも白ウォズのノートを盗んで以来の登場なので、これは期待しかありません。

あわせて読みたい
仮面ライダージオウ第30話ネタバレ感想戦ブレイド編:その②ジオウトリニティは魔王、救世主、予言者のてんこ盛り2019年4月7日放送の仮面ライダージオウ第30話「2019:トリニティはじめました!」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編を...

もしかしたらアナザージオウ2への対抗手段として、海東が持つ白ウォズのノートを使うかもしれませんね。

なんにせよ、ソウゴは元の時間へと変えることができるのか第42話を楽しみにしておきましょう!

仮面ライダージオウの見逃し配信を視聴したい人はコチラ