仮面ライダーゼロワン

仮面ライダーゼロワン第29話ネタバレ感想戦&考察:ランペイジバルカンはZAIAの傀儡と成り果てるのか!?

仮面ライダーゼロワン29話考察と感想戦の画像

2020年3月29日放送の仮面ライダーゼロワン第29話「オレたちの夢は壊れない」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダーゼロワンを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ↓
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめ

仮面ライダーゼロワンの考察と感想戦のまとめ画像
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめこれまで放送された仮面ライダーゼロワンのネタバレ感想戦記事をまとめました。 テレビ本編の他にも、劇場版や仮面ライダーゼロワン関連イ...

←仮面ライダーゼロワン第28話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダーゼロワン第28話ネタバレ感想戦&考察:唯阿まかさのレイダー化!?波乱のお仕事5番勝負

仮面ライダーゼロワン第30話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダーゼロワン第30話ネタバレ感想戦&考察:新章突入!或人と迅の共同戦線!?

仮面ライダーゼロワン第29話予告動画

仮面ライダーゼロワン第29話「オレたちの夢は壊れない」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

【ファン必見】ウラ仮面ライダー配信中

仮面ライダーゼロワンの制作秘話などを語っている「ウラ仮面ライダー」が隔週日曜朝10時から各サイトにて配信中です。

司会進行は仮面ライダー大好き芸人でもお馴染みのオジンオズボーン篠宮さんということで、かなり突っ込んだ内容になっていました。

ここでしか聞けない裏話やNGシーン集などがあるので、ファン必見の番組となっています。

ウラ仮面ライダーはテレビ朝日公式やYoutubeの公式チャンネルにて配信される「Sウラ仮面ライダー」と東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパスの会員限定で配信される「Lウラ仮面ライダー」の2部構成。

前半部分である「Sウラ仮面ライダー」は無料で視聴することができます。

この動画の続きである「Lウラ仮面ライダー」は各配信サイトの有料会員登録が必要です。

東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパス2つあるのですが、一度も利用したことが無いなら30日間の無料お試し登録ができるauビデオパスがおススメ

続きが気になる方は、今すぐ無料お試し登録をしてファン必見のウラ仮面ライダーを視聴しましょう!

下のリンクからauビデオパスのお試し登録ができます↓

auビデオパス公式HPはコチラ

仮面ライダーゼロワン第29話あらすじ

仮面ライダーゼロワン第29話「オレたちの夢は壊れない」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 MCチェケラ(副島純)が暴走、唯阿(井桁弘恵)が変身したファイティングジャッカルレイダーに倒されたことで人々はZAIA支持に回ってしまった。孤立し戦意を喪失したゼロワンメタルクラスタホッパーは、勢いづくサウザーに圧倒されるが、そこへバルカンアサルトウルフが割って入った。

自分が滅亡迅雷.netの亡だと疑念を抱く諫(岡田龍太郎)=バルカンは「お前が仕組んだんだろう!」とサウザーに銃を向けるが、サウザーは自分に忠誠を尽くせとバルカンにゼロワンを倒せと命令する。

諫=バルカンがそんな命令に従うはずなどない…。しかし、そんな或人(高橋文哉)=ゼロワンの思いを裏切り、バルカンはゼロワンに銃を向けて…!?

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

仮面ライダーWEBあらすじ↓

ヒューマギア自治都市の住民投票を巡る“お仕事5番勝負”最終決戦は、「ヒューマギア賛成」を主張していたラッパーヒューマギア・MCチェケラの暴走によって一気に飛電インテリジェンス不利に傾いていく。そんな中、チェケラ暴走の騒ぎを収束させるため現場に駆け付けたバルカン。そんな彼に対して、天津垓が不穏な言葉を口にする。
「ザイアの道具となり、ゼロワンを倒すんだ」
垓の命令などきくはずのないバルカンが、不意にその銃口をゼロワンに向けて―――。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/30

仮面ライダーゼロワン第29話ネタバレ感想戦

ヒューマギア自治都市計画の反対を訴える民衆。

ゼロワンメタルクラスタホッパーは、その光景に唖然とします。

そこへ民衆の声をかき消す、銃声が鳴りました。

銃声の先にいたのはバルカンアサルトウルフ。

「A.I.M.Sだ。全員下がってろ。」

バルカンの声に民衆は一目散にその場から立ち去ります。

「ZAIAは、お前は一体、何を企んでる!」

バルカンは怒りの声を上げて、ショットライザーをサウザーに向けます。

「この俺が、滅亡迅雷.netのはずがない!お前が仕組んだんだろ。」

「真実を知りたければ、私に忠誠を誓いなさい。ZAIAの道具となり、ゼロワンを倒すんだ。」

サウザーの命令の後、バルカンは突然の頭痛に苦しみ、力無くショットライザーをゼロワンに向けました。

「承知、しました。」

バルカンから発せられる亡の声。

これにはゼロワン、ハンティングジャッカルレイダーも驚きを隠せません。

バルカンから攻撃を受けるゼロワンにサウザーが追撃を仕掛けます。

攻撃を受けて動けなくなったゼロワンに、バルカンとサウザーが必殺技を放ちました。

2人の必殺技を防ぐことができずゼロワンは変身解除してしまいます。

倒れる或人を見て、その場の全員も変身解除。

変身を解除した諌の目には覇気がなく、ただ目の前を見つめているだけでした。

戦闘後、ZAIAの社長室にやって来た垓、諌、唯阿。

「君達は脳に埋め込まれた人工知能チップによって、仮面ライダーへの変身が可能になっている。」

「しかし、なぜ不破が滅亡迅雷.netの仲間に?」

唯阿の疑問に垓が楽しそうに答えます。

「彼の人工知能チップに内蔵されているのが、滅亡迅雷.netの1人、亡の人工知能だからだ。」

衝撃の事実に諌と唯阿は目を見開きます。

諌の中に亡がいたからアサルトウルフキーが使えたんですね(`・ω・´)

「なんでそんな奴を俺に埋め込んだ。」

「アークのテクノロジーをコントロールするために、君とアークを繋げる存在が必要だったからさ。亡は兵器開発に携わったヒューマギアであり、私の命令に従う道具。お前もそのための道具の1つに過ぎない。」

今までフードを被って暗躍していた諌の姿が回想されます。

「そして君は兵器を運用する実験体第1号と言うわけだ。」

真実を知っても、自分が亡であること認めようとしない諌は垓に飛び掛かります。

垓は装着していたZAIA SPECを起動し、諌の脳内になる人工知能チップに命令を出して頭痛を強めました。

「君は私に逆らえない。私の思考プログラムが君のチップに転送されれば、亡として君をコントロールできるからね。」

頭痛に苦しみながらも垓の胸ぐらを掴もうとする諌ですが、さらに頭痛を強められて、もだえ苦しみます。

「君達2人は始めから私の道具だったんだよ。」

道具と言う言葉に唯阿もショックが隠せない様子。

「さあ、社長命令に従いなさい。」

垓は懐からランペイジガトリングキーを取り出し、倒れる諌の顔元に落としました。

バルカンの最強アイテムゲットですね(`・ω・´)

社長室を後にした諌と唯阿はZAIAの休憩室にいきました。

「知らなかった。亡のこと。」

「おかげで納得できた。なんでお前があんな社長について行ったのか。」

頭痛が治まった諌の言葉に「自分の意志で決めた」と唯阿は自分に言い聞かせるように言いました。

その頃、飛電インテリジェンスの社長室では、福添副社長が或人を責め立てています。

或人は投票日までの約1週間の間で、できるだけのことをやると決意しました。

次の日から、イズと2人で街中に出てビラ配りを開始。

ですが街での反応は冷たく、ビラを貰ってくれる人は、ほとんどいませんでした。

「ヒューマギアは私達人間の心を映す鏡のような存在なんです。私達が正しく接してあげれば、彼らも正しくラーニングして素晴らしいパートナーになるんです。私達人間も同じじゃないですか。家族や学校、友達、色んな環境から色んな影響を受けて、成長して変わっていくのが人間じゃないですか。たとえ今が困難な事でも、夢を持って前に進めば、笑える未来が待ってる。私はそう信じています!」

或人の必死の演説を遠くで聞いていた諌は、助けることができない自分を歯がゆく思っているようでした。

そして投票結果の発表日。

住民投票の投票率は65%、賛成3%、反対62%。

これでヒューマギア自治都市計画は否決されてしまいました。

「ついに飛電が私の物に。飛電すらも私の道具になる。」

垓は買収に本腰を入れ、飛電インテリジェンスの持ち株率を上げていきました。

絶体絶命の中、或人は会社と社員を守れるよう戦うことを決意します。

その頃、大雨の中をフラフラ進むフードを被った諌。

「は!なんでここに!?」

意識を取り戻し、亡の時に着ていたフードを急いで脱ぎ捨てます。

「僕が連れてきたんだよ。お前をハッキングしてね。」

諌の前に迅が現れました。

「お前の中の亡を解放する。」

迅はスラッシュライザーを装着します。

その瞬間、迅の背後から刀での攻撃が!

迅は拳銃を取り出し斬撃を受け止めました。

「何で邪魔するんだよ、、、滅。」

なんと刀を振るったのは滅!

「あの男を滅ぼすことはアークの意思に反する。」

「どいてよ滅。人間から亡を解放するんだ。」

「あいつには亡の器としての利用価値がある。それがアークの判断だ。」

「ふざけるな!俺はお前らの道具じゃねえ!」

2人のやり取りにキレる諌ですが、再び頭痛が襲いフラフラとその場から逃げ出しました。

後日、或人は垓にヒューマギアの廃棄を止めるよう頼みに来ていました。

「頼む!あいつらを殺さないでくれ!一緒に生きていける道がきっとあるはずだ!」

土下座をし垓に頼み込む或人。

「まだ分からないようですね~。ならば今この場で、あなたの秘書である彼女を廃棄しましょう。」

垓がZAIA SPECを装着すると、後ろからショットライザーを持った諌が現れました。

「やれ、ヒューマギアを処刑するんだ。」

命令通り、諌はショットライザーをイズに向けました。

ですが諌の意識が戻り、必死にショットライザーをイズに向けないように抵抗します。

「やれ!社長命令は絶対だ!」

苦しむ諌を心配するように唯阿が言いました。

「本当にそれが本心か!刃!会社の道具のままでいいのか!!!」

諌の言葉に唯阿の動悸が激しくなります。

「私は道具じゃない。私の意志で会社に従ってるだけだ。」

唯阿はレイドライザーを装着、ハンティングジャッカルキーを起動し、実装。

「お前がやらないなら、私がやる。」

イズを守るために或人もメタルクラスタホッパーに変身。

ハンティングジャッカルレイダーの鎌を防ぎながら、加勢に入ったサウザーの攻撃も受け止めるゼロワン。

さすがのゼロワンも、イズを守りながら2人を相手にするのは分が悪い様子。

ハンティングジャッカルレイダーが隙を突いて、必殺技をイズに放ちました。

それを身を挺して防ぐゼロワンに、サウザーの必殺技が追撃。

倒れるゼロワンの元に、頭痛に苦しみながらも諌が駆けつけ、ショットライザーをサウザーに向けます。

ですがサウザーの意志に従い、諌はショットライザーをイズに向け、接近。

ゼロワンが止めようとしますが、サウザーに邪魔をされ踏みつけにされます。

「イズ!逃げろおおお!!!」

ゼロワンの言葉に従い、逃げ出すイズですが、ハンティングジャッカルレイダーが行く手を阻みます。

諌とハンティングジャッカルレイダーに挟まれたイズは絶体絶命!

「そうだ!お前達は私の道具なんだ!」

サウザーの言葉に諌の意識が呼び起こされます。

次の瞬間、イズに振り下ろされる鎌をショットライザーで受け止める諌!

「目が覚めたぜ。」

ニヤリと笑う諌はハンティングジャッカルレイダーに発砲し、距離を取ります。

「ヒューマギアをぶっ潰して、その先に何があるのか。夢なんて、考えたことも無かった。」

諌はゼロワンをチラッと見て話を続けます。

「けど、いつか見つけてやるよ。俺が俺であるために。俺の夢を!」

ショットライザーをベルトに装着し、ランペイジガトリングキーを起動!

「そのために、俺は戦う!俺の!!!ルールで!!!!!」

ランペイジガトリングキーをこじ開けた諌は、ショットライザーにキーを装填。

「変身!」

戦う覚悟を決めた諌は、引き金を引きます。

複数の弾丸が9体のライダモデルとなって放たれます。

ライダモデルがハンティングジャッカルレイダーに襲い掛かる中、ゆっくりと歩き出す諌。

その後、ウルフの弾丸が諌の左手に当たると命中した個所から変身!

次々とライダモデルの弾丸が諌に命中し変身が続いていきます!

この時、弾丸が命中した個所にしっかりと反動がある演出はマジで神(`・ω・´)

体、マスクと変身が完了した状態で、最後に全てのライダモデルが自身の特徴を象徴したパーツへと変化し、バルカンを武装!

青色のイナズマを放ちながらランペイジバルカンへと変身完了!!!

カッコ良すぎかよ(;゚Д゚)

諌の変身に見とれていたサウザーの隙を突いて、ゼロワンは拘束を解きイズのもとへ行き避難させます。

「刃!お前の夢はなんだ?ZAIAの奴隷になって、その先になにがある!」

ハンティングジャッカルレイダーは叫びながら、ランペイジバルカンに攻撃。

「答えろ!刃!」

ランペイジバルカンは攻撃を受け止め、ハンティングジャッカルレイダーに呼びかけます。

「道具が意志を持つな!」

サウザーがランペイジバルカンに襲い掛かります。

ランペイジバルカンはダイアルを2回転させ、ファルコン、蜂、チーターの能力を解放する「ランペイジスピードブラスト」を発動!

サウザーが放ったウルフのジャッキングブレイクに対して蜂の針を連射し、相殺させ、残った針でさらに追撃。

チーターの超高速移動でサウザーとの距離を詰め、足技による連撃を繰り出し、後方へバック宙。

空中でファルコンのライダモデルを纏って、片翼による飛翔で頭上から叩きつける形での蹴りを炸裂させます!

この連撃カッコよすぎるんだが(`・ω・´)!!!

「お前が本気の夢を語るまで、俺はお前を認めない。お前がお前であるために、俺はお前をぶっ潰す!!!」

ここでREAL×EYEZが流れるのは神演出過ぎた(´;ω;`)

ランペイジバルカンの思いを打ち砕くため、己の選択を正当化するためにハンティングジャッカルレイダーは必殺技を静かに発動。

対するランペイジバルカンもダイアルを1回転させ、マンモス、ゴリラ、サメの能力を解放する「ランペイジパワーブラスト」を発動!

ゴリラの超パワーでハンティングジャッカルレイダーの必殺技を受け止め、ラリアットによるカウンター!

吹っ飛んだハンティングジャッカルレイダーに地面をヒビ割りながら接近し、マンモスの能力で地面を踏みつけて上空へと飛ばします。

続いてサメの力を解放して、落ちてくるハンティングジャッカルレイダーに真下から両足で噛みつくように挟み込み、捻り回転を加えながら地面に叩きつけました!

サウザーとハンティングジャッカルレイダーにとどめを刺すため、ダイアルを4回転し、全てのライダモデルの能力を解放する「ランペイジオールブラスト」を発動!

全ライダモデルのエネルギーがショットライザーの銃口に集まります。

そしてファルコンの片翼が展開し、攻撃の反動に備えるように地面へと突き刺さりました。

放たれたウルフの弾丸が、かすかな虹色のオーラを纏ってサウザー達に襲い掛かります。

サウザーはシャインシステムで防御しますが、ウルフの弾丸は全てを打ち砕いていきました。

必殺技を受けて、サウザーとハンティングジャッカルレイダーは変身解除。

「我々ZAIAに歯向かうという事がどういう事か、いずれ思い知るでしょう。」

負傷した垓は負け惜しみのようなセリフを言って、退散。

唯阿も黙ったまま、垓について行きました。

後日、飛電インテリジェンスはZAIAによる買収によって、子会社化されてしまいます。

飛電インテリジェンスの社長室の机には、社長の証であるゼロワンドライバーがありました。

その席に新社長である垓が座ります。

飛電インテリジェンスを後にする或人に、福添元副社長と山下元専務が声をかけます。

「本気で会社を辞める気か?」

「たしかに我々取締役員は、自主退職を推奨されていますが、強制ではないんですよ。」

「私はしがみ付いても残るぞ。先代社長から預かった会社を最後まで見届ける責任があるからな。」

或人は2人に深々と頭を下げます。

「どうか、会社をよろしくお願いします。」

「これからどうするつもりだ?」

「俺の夢は変わりません。たとえ立場が変わっても、夢に向かって跳ぶだけです。」

或人はもう一度頭を下げて、その場を後にしました。

飛電インテリジェンスを背に、或人は新たな決意を胸に歩き出します。

次回から始まる仮面ライダーゼロワン第3章も目が離せませんね(`・ω・´)

仮面ライダーゼロワン第29話時点での考察

仮面ライダーゼロワン第29話時点での考察ポイントは以下の3つ。

  • ランペイジバルカンの戦闘力と性能を比較
  • ランペイジバルカンのゴリライズは仕様だった!?
  • なぜ諌は亡の呪縛から解き放たれたのか?

これらのポイントについて考察していきます。

ランペイジバルカンの戦闘力と性能を比較

仮面ライダーバルカンの最強フォームとして登場したランペイジバルカン。

これまでサウザーが回収した10個のプログライズキーのテクノロジーを集約した「ランペイジガトリングキー」を使用して変身します。

「ウルフ」「ファルコン」「ホーネット」「チーター」「ゴリラ」「マンモス」「シャーク」「ベアー」「タイガー」「スコーピオン」の全てのアビリティが使えるという事で、強力な戦闘力を誇っています。

このランペイジバルカンが他のフォームと比べて、どのくらい強化されているのか比較してみました。

パンチ力 キック力 ジャンプ力 走力(100m)
シューティングウルフ 10.5t 27.0t 16.2m 2.9秒
アサルトウルフ 25.7t 57.8t 32.4m 2.0秒
ランペイジ 46.5t 97.7t 61.2m 0.9秒

さすが最強フォームといった性能ですね。

性能面だけで言えば、跳躍力以外はメタルクラスタホッパーに勝っているデータです。

また、シリンダー部分の回す回数で性能の異なる4つの必殺技を使い分けることができます。

  • 1回転:ランペイジパワーブラスト(ゴリラ、マンモス、シャーク)
  • 2回転:ランペイジスピードブラスト(ファルコン、チーター、ホーネット)
  • 3回転:ランペイジエレメントブラスト(ベアー、タイガー、スコーピオン)
  • 4回転:ランペイジオールブラスト(全ライダモデル)

これ以外にも、ガトリングリミッターと呼ばれるスイッチを押すことで発動する「ランペイジガトリングブラスト」や「ランペイジガトリングブラストフィーバー」と言った必殺技も使えるので、戦闘のバリエーションがかなり多いのも特徴。

今回の戦いでは2種類の必殺技を見ることができたので、次回以降では他の必殺技が見られることに期待しましょう。

ランペイジバルカンのゴリライズは仕様だった!?

諌と言えば、ロックが解除されていないプログライズキーを無理やりこじ開ける、いわゆる「ゴリライズ」が特徴的です。

このゴリライズは設定を見る限り、諌が認証動作をしていないから起こっている現象で、唯阿のようにショットライザーに装填して認証させてしまえば簡単に開きます。

ですが、今回登場したランペイジガトリングキーは違ったんです!

なんと、装着者の戦闘能力を測る指標としてゴリライズが採用されていますwww

ランペイジガトリングキーの認証部分に一定以上の負荷かかからないと、ロックが解除されない仕様になっていて、公式にゴリライズが認められた瞬間ですw

そうなると現段階では諌しか変身できないですね(`・ω・´)

なぜ諌は亡の呪縛から解き放たれたのか?

垓の思考プログラムが諌の脳内にある人工知能チップに転送された時、諌の体は亡として操られてしまいます。

ですが今回、諌はこの呪縛から解き放たれたような描写で、ランペイジバルカンへと変身しました。

ではなぜ諌はこの呪縛から解き放たれたのでしょうか?

私の考えは「亡が諌の感情をラーニングしたから」です。

或人と一緒に戦ってきたことで、諌はヒューマギアを殲滅した後の未来を考えます。

今までのように、ただ目の前の敵を倒すだけでは、ロボットと何も変わりません。

ですが今回、諌は戦いの先にある未来や夢を見つけようと考えるようになりました。

未来に向かって前進しようとする感情、つまりは「人間の生きる力」をラーニングしたことにより、ZAIAの道具としての呪縛から解き放たれたんじゃないかなって考えています。

もし今後、亡が登場することがあれば、彼女がどのように変化しているのかも注目したいですね。

次回放送の注目ポイント

長かったZAIA編も終わり、次回から新章の開幕です!

飛電インテリジェンスが買収され、社長としての立場と一緒に仮面ライダーゼロワンとしての変身資格も奪われた或人。

その或人が人間とヒューマギアが笑いあえる世界をどのように作っていくのか、大注目の回になりますね。

予告映像では迅が、イズを抱えていましたが、これは共闘フラグでしょうか!?

或人が再び仮面ライダーとして、どのような戦いを見せてくれるのか大注目です(`・ω・´)