仮面ライダーゼロワン

仮面ライダーゼロワン第10話ネタバレ感想戦:大和田伸也さんの求める演技にヒューマギアが挑む!

2019年11月10日放送の仮面ライダーゼロワン第10話「オレは俳優、大和田伸也」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダーゼロワンを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ↓
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめ

あわせて読みたい
感想戦
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめこれまで放送された仮面ライダーゼロワンのネタバレ感想戦記事をまとめました。 テレビ本編の他にも、劇場版や仮面ライダーゼロワン関連イ...

←仮面ライダーゼロワン第9話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダーゼロワン第9話ネタバレ感想戦:諌を救うために或人が下した判断は!?

仮面ライダーゼロワン第10話予告動画

仮面ライダーゼロワン第10話「オレは俳優、大和田伸也」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

【ファン必見】ウラ仮面ライダー配信中

仮面ライダーゼロワンの制作秘話などを語っている「ウラ仮面ライダー」が隔週日曜朝10時から各サイトにて配信中です。

司会進行は仮面ライダー大好き芸人でもお馴染みのオジンオズボーン篠宮さんということで、かなり突っ込んだ内容になっていました。

ここでしか聞けない裏話やNGシーン集などがあるので、ファン必見の番組となっています。

ウラ仮面ライダーはテレビ朝日公式やYoutubeの公式チャンネルにて配信される「Sウラ仮面ライダー」と東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパスの会員限定で配信される「Lウラ仮面ライダー」の2部構成。

前半部分である「Sウラ仮面ライダー」は無料で視聴することができます。

この動画の続きである「Lウラ仮面ライダー」は各配信サイトの有料会員登録が必要です。

東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパス2つあるのですが、一度も利用したことが無いなら30日間の無料お試し登録ができるauビデオパスがおススメ

続きが気になる方は、今すぐ無料お試し登録をしてファン必見のウラ仮面ライダーを視聴しましょう!

下のリンクからauビデオパスのお試し登録ができます↓

auビデオパス公式HPはコチラ

仮面ライダーゼロワン第10話あらすじ

仮面ライダーゼロワン第10話「オレは俳優、大和田伸也」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 或人(高橋文哉)ら飛電インテリジェンスは、初の俳優型ヒューマギアのエンジ(崎本大海)とベテラン俳優の大和田伸也(大和田伸也)が共演するドラマプロジェクトを企画。諫(岡田龍太郎)らエイムズも撮影所の警備で協力する。

 その諫は、イズ(鶴嶋乃愛)から暗殺ヒューマギア(松村龍之介)の映像をリークしたのが唯阿(井桁弘恵)だったことを知らされ、にわかに動揺。そのとき迅(中川大輔)と暗殺ヒューマギアが撮影所に現れたという連絡が入り…!

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

仮面ライダーWEBあらすじ↓

病院でのヒューマギアの暴走の一件でイメージが落ちてしまった飛電インテリジェンス。その汚名を返上するべく、新しいドラマプロジェクトを立ち上げる。俳優ヒューマギアを主演にすえて、イメージアップを図ろうというエグゼクティブプロデューサーこと副社長・福添の発案だ。主演を支えるのは大御所俳優である大和田伸也。
「最高。絶対に台詞を忘れない!」
と、ヒューマギアを表面的には認める大和田だが、果して、人工知能とのお芝居合戦は上手くいくのだろうか―――?

引用:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/11

仮面ライダーゼロワン第10話ネタバレ感想戦

豪雨の中傘もささずに走る1人の刑事ギリィ。

彼が追いかけるのは大和田伸也さん演じる暗殺者「ねずみ」。

ギリィはねずみに追いつくと、肩で息をしながら拳銃を構えます。

「ギリィ、お前にこの私が撃てるのか?」

ねずみは挑発します。

「義理と人情で解決は!!!」

どうやらギリィとねずみはパートナーとして事件を解決してきた感じでしょうか?

そのドラマの最終回間際でねずみがギリィを裏切った的なシーンのようです。

2人の迫真の演技により監督から「カット!」と声が入ります。

カットがかかると、ギリィ役の男性にさっきまで無かったヒューマギアのヘッドセットがありました。

なんと、このドラマはヒューマギアが主演の刑事ドラマだったのです。

医療ヒューマギアのハッキング事件によって失いかけている飛電インテリジェンスの信用を取り戻すべく、福添副社長が計画したプロジェクトとのこと。

このドラマの見どころは、ギリィ役を務める俳優ヒューマギア「エンジ」がハリウッドでラーニングをしてきた世界初のヒューマギアであることです。

ドラマの制作発表記者会見で記者からヒューマギアとの共演について、大和田伸也さんに質問がされました。

「最高です!なんてったって、絶対にセリフを忘れない。」

大和田さんのジョークで会場の笑いを取ったりと記者会見はいい感じです。

その様子を後ろで見ていたイズと諌。

どうやら或人がA.I.M.Sに警備依頼をしていたようです。

諌も前回の借りがあると、警備に参加。

「それにしても、あの映像。いったい誰がリークした。」

諌は暗殺ちゃんがマギア化したときの映像のことをつぶやきます。

「A.I.M.S。ではないのですか?」

イズの言葉に諌は寝耳に水。「どういう意味だ?」と問い詰めます。

タブレット端末を操作し、イズは唯阿が撮影している時の映像を諌にも見せました。

仲間の仕業と知り、諌は動揺している様子です。

その問題となっている唯阿はZAIAにて上司に経過報告をしていました。

上司の机には、ペンギンやクワガタなど新型のプログライズキーが数多く並んでいます。

まだこんなに出るのかよ(;゚Д゚)

ていうか、その中には現在トイザらスにて限定発売されている「スパーキングジラフプログライズキー」まであるじゃないですか!
ベルトを着けながら買いに行くのは、かなり勇気がいると思うので恥ずかしいって方はコチラの記事を参考にしてください。

仮面ライダーの変身ベルトを1人で買うのが恥ずかしい時の対処法

あわせて読みたい
仮面ライダーの変身ベルトを1人で買うのが恥ずかしい時の対処法仮面ライダーの変身ベルトを買いに おもちゃ屋へ1人で行くのって最初のころは恥ずかしいですよね。 私も変身ベルトが欲しいけど、 ...

「君がマンモスゼツメライズキーを飛電に渡すとはね。」

「申し訳ありません」と唯阿は謝罪します。

「問題ない。それよりも、新しいゼツメライズキーを取ってきて欲しい。」

いったいZAIAは何を企んでいるのでしょうか?

その頃デイブレイクタウンのアジトでは、迅と暗殺ちゃんが大和田伸也さんの作品を見ていました。

二刀流での殺陣を見事に演じる大和田さんを見て、2人は興奮ぎみ。

「暗殺ちゃん!この人に教えてもらえばいいんだよ。いっつも負けてばかりなんだしさッ」

「負けではない。成長だ。」

暗殺ちゃんポジティブ(`・ω・´)!

「こういうこわーい顔すれば勝てるよ。」

いやゼツメライズしたら顔見えないやん。

そんな2人のやり取りを見ていた滅が新しいゼツメライズキーを渡します。

今度の標的はやはりエンジでしょうか?

おそらく標的のエンジはドラマの撮影準備。

「すっげー。耳のモジュール消えてる。」

或人は撮影現場で監督さん達が映像を確認するモニターで、エンジの耳のモジュールが消えていることに驚いています。

「我が社が開発した、撮影時にリアルタイムでモジュールの消去ができるソフトです。」

ざっくり言うと、ヒューマギア用のCG加工ソフトです。
画面上では普通の耳ですが、実際に演技している時にはモジュールのままって感じ。

「ご苦労なこった。んで何だその恰好?」

諌も感心しながら、或人の恰好を気にします。

「エキストラ出演!記念にね!」

鑑識役としてエキストラ出演する或人は首から下げていたカメラを構えます。

すると死んだように顔色の悪い福添副社長が映り込みましたw

「なんで私が死体役なんだ!」

「まあまあ、社運がかかってるんでしょ!」

或人は不貞腐れる福添副社長をなだめます。

そして撮影本番。

殺害現場で死体を確認しているギリィの元に、ねずみが現れるシーンです。

「なんだか、大変なことが起きそうな予感がしてね。」

大和田さんのフラグ回収をするべく、撮影現場の外に迅と暗殺ちゃんが登場。

待機していたA.I.M.Sの戦闘員が応戦します。

滅亡迅雷.netの襲撃はすぐに諌にも知らされ、現場へと急ぎます。

変身した迅が戦闘員を戦闘不能にしたタイミングで諌が到着。

バルカンへと変身し、迅と戦闘開始です。

その様子をイズも確認し、すぐに或人の元へ。

ですが或人は撮影中。直接話しかけるわけにはいきません。

イズは軽快なジェスチャーで滅亡迅雷.netの襲撃を伝えますw

これはぜひ映像で見て欲しいシーンでしたw

いまいちジェスチャーの意図が読み取れない或人でしたが、イズの後方で戦うバルカン達を見つけて思わず声をあげます。

もちろん撮影は中断され、或人は監督に怒られてしまいました。

「すいません。」と謝り、「すいません!!!」とバルカンの元へ走っていこうとすると、足元で死体をしていた福添副社長が足を掴んで離しませんw

「どこへ行くんです!芝居に集中して!」

社運がかかってますから、福添副社長も必死です。
死体ですけど。

或人が助けに入れない状況で戦うバルカン。

ですが、前回の手術から全快というわけにはいかず、苦戦しています。

「ケガ人は無理するな。」

バルカンの後方から唯阿が迅に発砲し援護。

バルキリーに変身し、バルカンをサポートします。

さきほどのリーク情報を聞いたバルカンとしては、少し微妙な心境みたいです。

激化する戦いをイズが指さし、それに反応する或人が思わず死体を蹴ってしまいました。

不意打ちを喰らった福添副社長は「ぎゃーーー!」と声を上げてしまいます。

再びエキストラによって撮影が中断され、スタッフ陣もオコです。

助けに入れず或人は歯がゆい状態が続きます。

そんな中、バルキリーはライトニングホーネットにフォームチェンジ。

無数の働きバチによって、空中に逃げる迅を追い詰めていきます。

地上からもバルカンが銃撃でサポートし、かなりの優勢です。

しかし戦闘が激しくなったせいで、撮影現場のセットがタイミング良く福添副社長に倒れ掛かってきましたw

ギリギリで直撃を免れた福添副社長。
本当の死体になる所でしたねw

完全に追い詰められた迅は暗殺ちゃんに助けを求めます。

ですが暗殺ちゃんの姿が見えません。

うろたえる迅にバルカンが間髪入れず発砲w

分が悪いと判断した迅は飛んでその場から離脱していきました。

いつの間にか消えていた暗殺ちゃんは、撮影現場で大和田さんの演技を観察。

A.I.M.Sのおかげで無事にその日の撮影は終了。

ですが和やかな現場の雰囲気とは対照的に、大和田さんの表情は少し暗い感じです。

大和田さんは監督を呼んで、話を始めます。

「俳優ヒューマギアだけどね。やっぱり、ちょっと無理があるんじゃないかな?」

記者会見では褒めていただけに、これは衝撃的な一言。

「いやだってさ、やっぱりロボットだろ?なんかこ~、迫るものっていうか、人間が見えてこないんだよね。」

大和田さんの意見に監督も「おっしゃる通りです。」と同調。

ですが監督は、そこを割り切って欲しいと大人の対応をします。

「いいのかね?こんな芝居で。」

そう言って大和田さんは現場から帰っていきました。

滅亡迅雷.netが襲撃しなくても撮影が中止しそうな雰囲気ですね(; ・`д・´)

「滅亡迅雷がこの撮影を狙っているのは間違いない。即刻、制作中止にするべきだな。」

戦闘を終え、今後の対策を話し合う諌と唯阿。

「いや、このままやらせておこう。A.I.M.Sが警備すればいいだけの話だ。」

どう考えても、撮影は中止するべき状況なのに続行を指示する唯阿に諌は正直に話をします。

「刃、お前が映像をメディアにリークしたのも、何か関係してるのか?」

「そうだ。撮影をしたのは私だ。」

「なぜそんなことを?俺達A.I.M.Sの任務はヒューマギアの監視だ。飛電を陥れることが任務じゃない。」

「いや、それが私の任務だ。」

この言葉に諌は「何?」と聞き返します。

「それがお前の本心か?ZAIAか?」

諌の質問に答えることなく唯阿は立ち去っていきました。

どうやら諌は唯阿とZAIAの関係を知っているようですね。

一方、撮影を終え自分の車で帰ろうとする大和田さんを暗殺ちゃんが待ち伏せ。

大和田さんを襲うのかと思いきや、暗殺ちゃんはモジュールをウィッグとニット帽で隠して普通の人間に見えるように接触しています。

「私は強くなりたい。」

一体暗殺ちゃんは何を考えているのでしょうか?

大和田さんは暗殺ちゃんの殺陣を見て、自身の演技を研究してきていることに喜んでいました。

「その目、本当にやりそうな目をしている。」

暗殺ちゃんに心を開いた大和田さんは、今回のドラマの読み合わせをすることに。

器用に演技をする暗殺ちゃんは、台本に無いセリフをアドリブで返します。

「カーット。いいじゃないか。アドリブまでいけるのか?」

「学習した」とドヤ顔の暗殺ちゃん。

「刑事失格。台本よりいいセリフだ。あんちゃん、俳優ヒューマギアより上手いぞ!」

褒めてくれた大和田さんをまっすぐ見つめ、「強くなりたい」と暗殺ちゃんは言いました。

「ははは!気に入った。大和田伸也の弟子になるか?」

「し~しょ~!」

暗殺ちゃんは嬉しそうに大和田さんにペコペコお辞儀をします。

この2人、めっちゃいい感じやんけ(`・ω・´)

そして翌日、その日は大和田さんが暗殺ちゃんと読み合わせをしたシーンの撮影でした。

「ちゃんと自分を信じているか?」

「それが信じられないんだ。ここに来るしかなかった。」

ここまでは昨日の暗殺ちゃんとの読み合わせ通りです。

「若造。それじゃあ、刑事失格じゃねーか。」

大和田さんは暗殺ちゃんのアドリブを現場で試します。

これには周りも驚いた様子です。

ねずみはテーブルにあった缶コーヒーをギリィに投げます。

慌てて受け止めたギリィは、アドリブの連発に対応できず「カーット!!!」と撮影を中断させました。

これには大和田さんも「おいおーい」とガッカリしています。

「はー、ダメだダメだ。やっぱりヒューマギアじゃダメだ。」

そう言って大和田さんは現場から帰ろうとします。

「どうしたんですか!?」と或人が止めます。

「芝居っていうのはね、人と人のぶつかり合いなんだよ。やっぱりヒューマギアじゃ、人間が見えてこない。なんかこう、信じられないんだよね。」

そう言って大和田さんは現場を出ていきました。

監督もついて行き、とりあえず撮影中断の指示が出ます。

「ダメエンジ。俳優ヒューマギア、、、いらない。」

現場に弟子として見学に来ていた暗殺ちゃんが、いつもより低い声でエンジを見ていました。

そのままエンジに近づき、投げ飛ばします。

「俳優ヒューマギア、暗殺。」

ドードーマギアにゼツメライズし、エンジに襲い掛かります。

警備に来ていた唯阿がバルキリーに変身し、応戦。

その間に迅が現れます。

「暗殺ちゃん。お友達、暗殺したらダメだよ。」

全快の借りを返すべく、迅も変身し1対2。

この報せをイズから受けた或人も戦闘現場に急ぎます。

防戦一方のバルキリーを救うべく、或人はゼロワンへと変身!

迅の相手を引き受けます。

アタッシュカリバーで斬りかかり、迅のアタッシュアローを弾き飛ばしました。

武器を失った迅は、建物の屋上に飛翔。

ですがその高さはゼロワンジャンプ圏内だったため、追撃に入ります。

迅も負けじとゼロワンからアタッシュカリバーを奪い取り反撃。

地面へと叩きつけられたゼロワンは、さっき弾き飛ばしたアタッシュアローを拾います。

お互いの武器を好感した状態でに戦闘とかアツいですね(`・ω・´)

一方、ドードーマギアとの1対1にもつれ込んだバルキリー。

しかし戦況は変わらずバルキリー劣勢。

「こいつ何体目だ!?さらに進化している。」

ドードーマギアは度重なる戦闘によって、成長しているようでした。

迅に言った言葉は嘘じゃなかったんですね。

ドードーマギアの必殺技を喰らい、バルキリーは変身解除。

絶体絶命の唯阿の前に、ショットライザーを構えた諌が登場します!

「不破!?なぜ助けた?」

「お前はなぜあの病院で俺を助けた?」

動画の件で後ろめたい気持ちがある唯阿は諌の質問にうつむきながら答えます。

「助けたいと思ったからだ!」

「俺もだ」と諌はショットライザーを構えながらニヤリと笑います。

「俺は俺の信じる物のために戦っている。お前もそうなんだろ?」

諌が唯阿を見て言いました。

唯阿は顔を上げ「ああ」と諌に応えます。

「だったらそれでいい!」

諌はバルカンへと変身し、ドードーマギアに銃撃を放ちます。

ドードーマギアは有線を伸ばし、近くの撮影ヒューマギアをハッキング。

けっこうな数のトリロバイトマギアがバルカンに襲い掛かります。

その間、空に飛んでいる迅にアタッシュアローで応戦するゼロワン。

ですが、縦横無尽の攻撃にやや劣勢です。

ゼロワンは打開策として、フリージングベアーにフォームチェンジ。

氷結攻撃で迅の動きを鈍らせ、なんとか状況を好転させます。

バルカンもアタッシュショットガンを駆使し、トリロバイトマギアを着実に撃破。

「自分を信じている、、、」

唯阿はさっきの諌の言葉を噛みしめ、何かを決意します。

「不破!これを使え!」

唯阿がバルカンに投げたのは「ガトリングヘッジホッグプログライズキー」!

今回のゼロワン冬映画のプレミアム前売り券の特典ですね!

令ジェネ、プレミアム前売り券の情報は以下の記事にまとめているので、気になる方はご覧ください。

【ゼロワン冬映画】令ジェネ、プレミアム前売り券の特典と購入場所は?

あわせて読みたい
【ゼロワン冬映画】令ジェネ、プレミアム前売り券の特典と購入場所は?2019年12月21日(土)に公開される仮面ライダーゼロワンの冬映画「仮面ライダー令和ザ・ファースト・ジェネレーション」のプレミアム前売...

投げられたガトリングヘッジホッグプログライズキーを受け取ったのは、まさかのトリロバイトマギアw

ですが、すかさずバルカンが奪い取ります!

バルカンはガトリングヘッジホッグプログライズキーをアタッシュショットガンに装填。

フォームチェンジじゃないのか!(´;ω;`)

放たれるハリネズミのトゲがトリロバイトマギアを殲滅していきます。

そのままエネルギーをチャージし、ドードーマギアへと銃口を向けました。

反動に備え、右足をグッと踏み込んで必殺技「ガトリングカバンバスター」が放たれます。

無数の針がドードーマギアを集中攻撃!

見事に撃破することができました。

ドードーマギアがやられたことに気が付いた迅は、ゼロワンそっちのけでドードーゼツメライズキーを回収!

そのまま飛んで逃げていきました。

「これで、お相子だな。」

変身を解除した諌が唯阿に言いました。

「不破、私はいつかお前を裏切るかもしれない。私と戦う日が来たら、、、」

「その時は、俺が勝つ。」

不破さーーーーーーん(`・ω・´)
カッコよすぎるんですけど!!!

唯阿が話している時、ピントは合ってないけど諌の表情が半端なくカッコよかったです!

これはバルカン推しが増えた瞬間ですね。

そこに或人がお礼を言いにやってきました。

撮影は続けられそうと一安心している或人の元に、監督が大慌てでやってきます。

「或人社長!!!大和田さんが!ドラマの降板を訴えています!」

「え?、、、ええええええええええ!!!?!!?」

或人がんば!(`・ω・´)

この情報を唯阿はZAIAに戻って上司に報告。

「飛電のドラマプロジェクトは難航中です。」

「いや、継続するはずだ。飛電インテリジェンス崩壊という面白いドラマが。」

上司は立ち上がり、話を続けます。

「これは、私のシナリオ通り。100%、いや1000%。」

この時ついに、謎の男の素顔が空かされました!!!

あらやだ!イケメン!(`・ω・´)

今後、ZAIAがどのように絡んでくるのか今後に期待ですね!

仮面ライダーゼロワン第10話時点での考察

仮面ライダーゼロワン第10話時点での考察ポイントは以下の2つ。

  • 動画をリークした犯人
  • ZAIAの陰謀

これらのポイントについて考察していきます。

動画をリークした犯人

第9話から話題になっている、暗殺ちゃんのマギア化動画。

動画の撮影者である唯阿は、イズの質問に対して「私じゃない」と答えていました。

前回の感想戦にて私は唯阿のヒューマギアがあるんじゃないの?と考察したんですけど、10話での唯阿の話からその線は薄そうですね。

あわせて読みたい
仮面ライダーゼロワン第9話ネタバレ感想戦:諌を救うために或人が下した判断は!?2019年10月27日放送の仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編を見ながら私...

では「私じゃない」発言はどういうことなんでしょうか?

最終的な私の考えは「動画をリークしたのは」私じゃないってことです。

たしかに動画を撮影したのは唯阿です。

しかし動画をマスコミにリークしたのは、飛電インテリジェンスの崩壊を望むZAIAの仕業と考えるのが打倒かと思います。

唯阿自身、動画をマスコミにリークするとは思っていなかったため、あの時は取り乱しているようでした。

もしかしたら唯阿は、ZAIAに良いように使われているだけなのかもしれませんね。

ZAIAの陰謀

デイブレイクタウンでの共同研究に参加していたZAIA。

私の感想戦で何度も書いていますが、ヒューマギア事業のNo.2である可能性が高いです。

これから飛電インテリジェンスを失脚させようと動いている様子から、もしかするとデイブレイクもZAIAの仕業なんじゃないの?って勘ぐっちゃいますね。

デイブレイク後もおそらく是之助前社長が優秀だったおかげで、飛電インテリジェンスはトップを走り続けてきました。

ですが、今は或人が社長を務めています。

これはZAIAにとって絶好のチャンスとなってるわけです。

今後も必要以上にZAIAの魔の手が忍び寄ってくるかと思われます。

もしかすると滅亡迅雷.netよりも先に、中ボス枠でZAIAとの決着をつけないといけなくなるかもしれませんね。

次回放送の注目ポイント

次回の見どころは何と言っても、暗殺ちゃんと大和田伸也さんの師弟コンビ!

次回予告画像では暗殺ちゃんの変身するドードーマギアがパワーアップしているし、大注目です。

しかもゼロワンとしては初めて、話数を跨いでのストーリーとなってます。

これまでの1話完結も良かったけど、従来の2話完結スタイルもストーリーに厚みが出るので個人的には好みです。

第11話では暗殺ちゃんが、大和田伸也さんを通してどのような経験をして、成長するのか注目したいと思います。