仮面ライダーゼロワン

仮面ライダーゼロワン第11話ネタバレ感想戦:暗殺ちゃん覚醒の真相とは!?

2019年11月17日放送の仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダーゼロワンを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ↓
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめ

あわせて読みたい
感想戦
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめこれまで放送された仮面ライダーゼロワンのネタバレ感想戦記事をまとめました。 テレビ本編の他にも、劇場版や仮面ライダーゼロワン関連イ...

←仮面ライダーゼロワン第10話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダーゼロワン第10話ネタバレ感想戦:大和田伸也さんの求める演技にヒューマギアが挑む!

仮面ライダーゼロワン第12話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダーゼロワン第12話ネタバレ感想戦:シャイニングホッパー爆誕!その輝きはAIの未来をどう照らす?

仮面ライダーゼロワン第11話予告動画

仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

【ファン必見】ウラ仮面ライダー配信中

仮面ライダーゼロワンの制作秘話などを語っている「ウラ仮面ライダー」が隔週日曜朝10時から各サイトにて配信中です。

司会進行は仮面ライダー大好き芸人でもお馴染みのオジンオズボーン篠宮さんということで、かなり突っ込んだ内容になっていました。

ここでしか聞けない裏話やNGシーン集などがあるので、ファン必見の番組となっています。

ウラ仮面ライダーはテレビ朝日公式やYoutubeの公式チャンネルにて配信される「Sウラ仮面ライダー」と東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパスの会員限定で配信される「Lウラ仮面ライダー」の2部構成。

前半部分である「Sウラ仮面ライダー」は無料で視聴することができます。

この動画の続きである「Lウラ仮面ライダー」は各配信サイトの有料会員登録が必要です。

東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパス2つあるのですが、一度も利用したことが無いなら30日間の無料お試し登録ができるauビデオパスがおススメ

続きが気になる方は、今すぐ無料お試し登録をしてファン必見のウラ仮面ライダーを視聴しましょう!

下のリンクからauビデオパスのお試し登録ができます↓

auビデオパス公式HPはコチラ

仮面ライダーゼロワン第11話あらすじ

仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 大和田伸也(大和田伸也)が飛電インテリジェンスのドラマプロジェクトから降板すると言い出した。理由は、俳優型ヒューマギア・エンジ(崎本大海)の芝居に厚みが感じられない、から。そんな大和田を或人(高橋文哉)は必死で説得する。

一方、滅亡迅雷.netは暗殺ヒューマギア(松村龍之介)を新たに復活させると、滅(砂川脩弥)は暗殺の標的を「大和田伸也」と命令する。そして、自らはゼツメライザー、ゼツメライズキーを手に、控室にいるエンジに近づいて…!

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

仮面ライダーWEBあらすじ↓

飛電の社運をかけたドラマプロジェクトが危機に陥っていた。ヒューマギア俳優・松田エンジの芝居に対して「人間の厚みを感じない」と不信感を抱いた共演の大和田伸也が、ドラマの降板を訴えているというのだ。或人は社長として、大和田説得のために動き出す。
一方で、大和田伸也に芝居が認められ弟子となった暗殺ヒューマギアには『大和田伸也の暗殺』指令が下されて―――。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/12

仮面ライダーゼロワン第11話ネタバレ感想戦

第11話は今までとは違い、2話完結スタイルだったため前回までのあらすじ紹介からスタート。

山寺宏一さんの素敵ボイスで10話を振り返りました。

あらすじ紹介後デイブレイクタウンのアジトにて、ドードーゼツメライズキーにあるバックアップデータを基に、暗殺ちゃん復活!

「あの俳優のおかげで、ラーニング完了間近だ。」

「滅、暗殺ちゃんね、この前お友達狙おうとしたんだよ。」

暗殺ちゃんの行動をチクる迅が子どもっぽくていいですね(`・ω・´)

迅からの報告を聞いた滅は、「素晴らしい」とニヤリ。

予想外の反応に迅は「えーーー!?」と驚きます。

「迅、お前より成長が目覚ましい。」

滅の言葉を聞いた暗殺ちゃんは、迅に向かって鼻で笑って挑発。

「もういいよ!滅の言うことなんて聞かないもんね!」

迅は頬を膨らまして拗ねてしまいましたw

「暗殺。お前の標的はこの男だ。」

拗ねる迅を無視して、滅は暗殺ちゃんに次のターゲットを見せます。

「大和田伸也、、、師匠。」

暗殺ちゃんの顔が少しだけ歪みます。

本当に師匠を手にかけるなんてしないよね( ゚Д゚)!?

その頃、大和田伸也さんが降板を訴えたことで撮影現場の空気は最悪。

或人は大和田伸也さんの楽屋に赴きます。

「あなた方はこのドラマで、会社のイメージアップを図りたいんだろ?」

「それもあります。ですが、」

或人の言葉を遮るように大和田伸也さんが話し始めます。

「そこが私とはズレてんだ。」

大和田伸也さんが求めるドラマは「見た人が本当に楽しめるドラマ」が作りたいと言います。

その考えを持つからこそ、エンジの演技に対する「厚み」を大事にしているようです。

この話を聞いた或人は自分の考えを話し始めます。

「たしかにヒューマギアは機械です。ただ、接する人によって変わっていきます。」

或人の言葉に大和田伸也さんは興味を持ちます。

「心を込めて向き合えば、ヒューマギアはそれに応えてくれます。ですが、いい加減に扱うと良い関係は作れません。それって人と人とのぶつかり合いと一緒じゃないですか。」

大和田伸也さんの表情が変わってきます。

「もちろん会社のイメージも大事です。ですが、僕はそれ以上に皆さんにヒューマギアの可能性を知って欲しいと思ってます。」

或人が熱い思いを語っている時、楽屋で台本を見つめていたエンジ。

その背後に忍び寄る滅!

迅は拗ねてるから自分で来たのかな?w

「大和田さん。もう一度松田エンジを、ヒューマギアの可能性を信じてはもらえませんか。」

ですが大和田伸也さんは首を縦には振ってくれません。

「それに僕は昔、ヒューマギアに救われたんです。」

この言葉に大和田伸也さんは興味を持ちます。

或人の説得が続く中、左手に台本を持ったエンジが撮影現場にやってきました。

「おおエンジ、どうした?」

監督が話しかけると、エンジは台本を落とします。

「人間を絶滅させる。」

さきほど滅によってマギア化されたエンジは、アルシノマギアへとゼツボウライズ!

アルシノマギアのモデルとなったのは「アルシノテリウム」というサイみたいな動物です。

V字に伸びた角が特徴で、アルシノマギアにもその特徴どおり大きな角が生えています。

撮影現場で暴れるアルシノマギアを止めるために、唯阿はバルキリーライトニングホーネットに変身!

突進攻撃をしてくるアルシノマギアを何とかいなしていきます。

イズも或人にエンジがアルシノマギアになって暴れていることを報告。

或人は大和田伸也さんに一礼して、現場へと急ぎます。

バルキリー達の戦闘は外へと展開し、飛翔からのハチ攻撃でアルシノマギアを追い詰めます。

エンジを止めるためにゼロワンバイティングシャークに変身してやって来た或人。

ですが仮面ライダー滅がゼロワンの前に立ちはだかります。

ゼロワンが攻撃を仕掛けますが、滅が全て防ぎ反撃。

劣勢のゼロワンとは反対に、バルキリーは必殺技「サンダーライトニングブラストフィーバー」を放ちアルシノマギアを撃破。

そして命令通り、ゼツメライズキーを回収しその場から退散していきました。

アルシノマギアがやられたことを見届けた滅も、ゼロワンを無視して退散。

まるで滅はゼツメライズキーを渡すために、やって来たような印象ですね(; ・`д・´)

そのゼツメライズキーをZAIAに持ち帰り上司に手渡す唯阿。

「1つ質問です。ゼツメライズキーが使われると、なぜお分かりだったのでしょう?」

「このシナリオ、もっと劇的にしてみよう。」

この言葉の意味とはいかに?って感じですね。

エンジの一連の騒ぎについて、福添副社長に追及されている或人。

「ドラマプロジェクトは中止とさせていただきます。大和田伸也さんの降板に、松田エンジまで破壊されて、我が社のダメージは大きい。」

福添副社長は或人に詰め寄ります。

「社長。この責任は取って頂きます!」

「あれ?エグゼクティブプロデューサーでは~?」

山下専務が疑問を口にしますw

しかし福添副社長が睨むと、すぐに下を向きました。

福添副社長の言葉に困り果てる或人。

「その決定は早すぎるんじゃねーか?」

なんと大和田伸也さんが登場!

「社長さん。さっき言ってたよね。」

或人の「ヒューマギアに救われた」という話ですね。

「私も同じだ。私は昔、芝居に救われたんだ。」

芝居によって今の自分があるという経験を、或人の話したことを紐づけて考えた大和田伸也さんは、ドラマの降板を撤回します。

「でも、あの時のエンジはもういないんです。新しい個体を作り直しても、それだけじゃ、、、」

エンジはハリウッドで演技をラーニングしてきたため、すぐに同じような演技ができるまでには時間が足りません。

「いいじゃないか。また一からやれば。ビシビシ演技指導してやるよ。お前を救えるのは俺だけだ。」

ドラマでのキメ台詞を言ってくれた大和田伸也さんに感激する或人。

続けようと言ってくれた大和田伸也さんに或人も笑顔で返事をします。

新たに松田エンジの個体を用意し、撮影再開をスタッフ陣に報告。

大和田伸也さんもエンジに「やるぞ!」と笑顔で声をかけます。

撮影の準備を見守る或人の元に、唯阿がやってきます。

「飛電或人社長。ご足労願えますか?」

改まった言い方に或人はあっけにとられます。

唯阿に連れられてやって来たのは「ZAIAエンタープライズジャパン」の本社。

移動の車内で唯阿から、ZAIAについてザックリと説明を受けます。

「ZAIAはAIはもちろん、宇宙開発などのテクノロジー事業を全般的に扱うトータルカンパニーだ。」

「うちより大きな世界的大企業ですよね?以前うちの会社とヒューマギア運用プロジェクトを共同開発していたっていう、、、」

そうこうしている内に、車はZAIAへと到着。

「ていうか何であなたが?」

「私はZAIAの人間だ。」

そうだったんか( ゚Д゚)!

どうやら唯阿はA.I.M.Sに出向していたようです。

「ようこそZAIAへ!」

唯阿に連れられた部屋にいたのは、これまで何度も登場した謎のイケメン。

「初めまして。私、ZAIAエンタープライズジャパン代表取締役社長、天津垓(あまつ がい)です。」

垓は或人に名刺を渡しました。

「あ!今、これしかなくて。」

或人はライズフォンを取り出し、電子名刺を垓に送信。

名刺が垓の時計型端末に移動していくとか、カッコよすぎかよ(`・ω・´)

あいさつも済んだため、さっそく本題に入ります。

「飛電或人さん、折り入ってご相談があります。飛電インテリジェンスを、お売り頂きたい。」

(´・ω・)

はあ!?(;゚Д゚)

或人の顔芸見事でしたw

まさかの買収話がされている時、ドラマの撮影はクライマックスへ。

ビルの屋上で犯人から銃を向けられるギリィ。

そこに「お前を救えるのは俺だけだ」と言ってねずみも登場。

「お前を強くできるのも俺だけだ。」

ねずみのセリフの後、犯人がねずみに向かって発砲。

大和田伸也さーーーーん( ゚Д゚)

左胸を撃たれ倒れこんだねずみ。

すかさず監督から「カーーット!!!オッケーイ!」と声がかかりました。

笑顔の監督が大和田伸也さんに近づくと、異変に気が付きます。

カメラが止まっても動かない大和田伸也さん。

周りを見ると、犯人役の俳優の後ろでサイレンサーを付けた銃を持つ暗殺ちゃんがいました。

その銃からはバッチリと硝煙が上がっています。

「標的、師匠を暗殺。ラーニング完了。」

ヒューマギアが人間を襲ったことに現場はパニック状態です。

屋上での騒ぎに気付いた諌は階段を上がっていきます。

そこで屋上から降りていく暗殺ちゃんを発見。

「何度ぶっ壊されれば気が済む!」

諌はショットライザーを構えます。

暗殺ちゃんは何も言わず、ドードーマギアへゼツボウライズ。

諌もバルカンへと変身します。

ラーニングが完了したことで、ドードーマギアの体もパワーアップ。

体中にミサイルを装備し、腹部に「改」の文字が刻まれています。

バルカンとドードーマギア改が戦闘を開始した頃、ZAIAから急いで戻ってきた或人の前には倒れる大和田伸也さんの姿が。

「社長!ヒューマギアが人を撃った!ヒューマギアは殺人マシーンだ!」

監督からの言葉に或人は顔を歪ませます。

「そう。人類を滅ぼすのが我々の使命。これは新たな革命だ。ヒューマギアが人間に手をかけた。」

背後からやって来た滅に或人は怒りで体を震わせています。

「ヒューマギアは人類を滅ぼす存在だ。」

「ふざけるな!絶対に許さない!」

鎧武かな(; ・`д・´)?

向かい合う或人と滅は変身し、戦闘開始。

ゼロワンは怒りに身を任せた荒々しい攻撃を仕掛けます。

その頃、バルカンも強化されたドードーマギア改に苦戦を強いられていました。

そしてドードーマギア改のミサイル攻撃をもろに受けたバルカンは変身解除。

時を同じくして、滅の攻撃を受け絶体絶命のゼロワン。

「負けるか!!!」

ゼロワンはブレイキングマンモスへとフォームチェンジ!

速攻で必殺技「ブレイキングインパクト」を滅に放ちます。

さすがの滅もブレイキングマンモスの巨体を受け止めきれず、後方へと吹き飛びました。

ゼロワンの勝利かと思いきや、サソリのライダモデルによって守られ無傷の滅が立っています。

「革命は続く。人類は」

「滅びゆく定めだ。」

滅からドードーマギア改へとカットが分かれてのセリフ。

この言葉の後、両者はその場から退散していきました。

これらの事件はすぐに報道され、飛電インテリジェンスへの強制捜査がなされることに。

ちなみに大和田伸也さんは一命を取り止め回復に向かっているそうです。

警視庁と共にA.I.M.Sも捜査に加わります。

諌もなんだか浮かない表情でした。

強制捜査が始まるころ、社長室で暗い表情の或人は垓との会話を思い出します。

「お早い決断をされた方が、今後の御社のためにもよろしいかと思われます。」

話の意図を理解できない或人に垓は話を続けます。

「悩まれるくらいなら、撮影現場に戻られてはいかがですか?御社に非常事態が起きるはずです。」

この言葉を思い出していた或人は、この危機をどう切り抜けるのでしょうか?

そして突如、衛星ゼアからの命令を受信した3Dプリンター。

なにやらプログライズキーを構築しているようですが、これはまさか(`・ω・´)!!!

これは次回の放送から目が離せなくなってきましたね。

仮面ライダーゼロワン第11話時点での考察

仮面ライダーゼロワン第11話時点での考察ポイントは以下の3つ。

  • 滅の気になる行動
  • ZAIAはなぜ暗殺ちゃんの行動を知っていたのか
  • ドードーマギアの進化について

これらのポイントについて考察していきます。

滅の気になる行動

今回、俳優ヒューマギアのエンジをマギア化させた際に、滅はわざとゼツメライズキーをバルキリーに回収させたように見えました。

滅亡迅雷.net的にも、ゼツメライズキーを敵勢力に奪われることは避けたいはず。

ここから考えられることは2つ。

  • 滅亡迅雷.netとZAIAが協力関係にある
  • なにかの作戦でわざと奪わせた

一番有力なのは、前者の滅亡迅雷.netとZAIAが協力関係であることですね。

いちおうZAIAも企業なので、滅亡迅雷.netとの繋がりを臭わせるわけにはいきません。

もし滅亡迅雷.netとの接点がバレてしまえば、信用が地に落ちる事は火を見るよりも明らかです。

なので飽くまでも「奪う」という形を取ったのかなと考えられますね。

ZAIAはなぜ暗殺ちゃんの襲撃を知っていたのか

垓が或人に買収の話を持ちかけた時、撮影現場で暗殺ちゃんが大和田伸也さんを襲撃することを臭わす発言をしていました。

さきほどの考察でも書いた通り、ZAIAと滅亡迅雷.netが裏で繋がっており、計画の全容を知っていたから分かったと考えるのが自然な流れ。

もしあの時或人が買収の話を即決していたら、大和田さんも撃たれずに済んだのかな?とか考えちゃいますね。

でもそうなると暗殺ちゃんのラーニングが完了しないので、ZAIA的には買収は目的では無いのかも。

この計画にはもっと大きな陰謀がありそうな予感ですね。

ドードーマギアの進化について

暗殺ちゃんがラーニングを完了したことで、ドードーマギアからドードーマギア改へと進化しました。

バルカンが言っていたように、格段にパワーアップされており、次回予告で少し出た映像だとさらに進化していましたね。

改の次だから超ですかねw
ドラゴンボール的な発想ですが、、、

公式の設定を見る感じ、ラーニングの進捗によってマギアも成長していくようです。

成長の仕方がゼツメライズキーに記録されている動物の特徴が強化されるのではなく、ミサイルやマシンガンといった機械よりの強化だったのが意外でした。

今後も暗殺ちゃんのように、進化していくマギアが登場すると予想されるので、敵側にも注目していきたいですね。

次回放送の注目ポイント

次回放送の注目ポイントはゼロワンの中間フォームに当たる「シャイニングホッパー」の登場ですよね!

見た目がよりシャープになって、蛍光イエローの配色がさらにカッコ良くなってます。

さらに暗殺ちゃんがさらなる進化を遂げて、中ボスとしての登場。

恐らく次回は暗殺ちゃんロスが起こると思われるので、皆さん心の準備をしておく必要がありそうです。