仮面ライダーゼロワン

仮面ライダーゼロワン第9話ネタバレ感想戦:諌を救うために或人が下した判断は!?

2019年10月27日放送の仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」の考察&ネタバレ感想戦です。

テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」

仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」

どれを読んでも仮面ライダーゼロワンを楽しんでもらえるように書きました。

その他の考察&ネタバレ感想戦はコチラ↓
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめ

あわせて読みたい
感想戦
仮面ライダーゼロワン考察&ネタバレ感想戦まとめこれまで放送された仮面ライダーゼロワンのネタバレ感想戦記事をまとめました。 テレビ本編の他にも、劇場版や仮面ライダーゼロワン関連イ...

←仮面ライダーゼロワン第8話考察&ネタバレ感想戦
仮面ライダーゼロワン第8話ネタバレ感想戦:仮面ライダー滅が本格参戦!ヴィラン高岩成二が動く

仮面ライダーゼロワン第10話考察&ネタバレ感想戦→
仮面ライダーゼロワン第10話ネタバレ感想戦:大和田伸也さんの求める演技にヒューマギアが挑む!

仮面ライダーゼロワン第9話予告動画

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」の次回予告動画です。
「tvasahi」にて配信期限を過ぎると動画が見れない場合があります。ご了承ください。

【ファン必見】ウラ仮面ライダー配信中

仮面ライダーゼロワンの制作秘話などを語っている「ウラ仮面ライダー」が隔週日曜朝10時から各サイトにて配信中です。

司会進行は仮面ライダー大好き芸人でもお馴染みのオジンオズボーン篠宮さんということで、かなり突っ込んだ内容になっていました。

ここでしか聞けない裏話やNGシーン集などがあるので、ファン必見の番組となっています。

ウラ仮面ライダーはテレビ朝日公式やYoutubeの公式チャンネルにて配信される「Sウラ仮面ライダー」と東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパスの会員限定で配信される「Lウラ仮面ライダー」の2部構成。

前半部分である「Sウラ仮面ライダー」は無料で視聴することができます。

この動画の続きである「Lウラ仮面ライダー」は各配信サイトの有料会員登録が必要です。

東映特撮ファンクラブ(TTFC)、auビデオパス2つあるのですが、一度も利用したことが無いなら30日間の無料お試し登録ができるauビデオパスがおススメ

続きが気になる方は、今すぐ無料お試し登録をしてファン必見のウラ仮面ライダーを視聴しましょう!

下のリンクからauビデオパスのお試し登録ができます↓

auビデオパス公式HPはコチラ

仮面ライダーゼロワン第9話あらすじ

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」のあらすじ紹介です。

テレビ朝日公式サイトあらすじ↓

 仮面ライダー滅の強烈なライダーキックを浴び変身を解除、意識不明の重体となった諫(岡田龍太郎)は病院へ搬送。諫が嫌うヒューマギアの医師Dr.オミゴト(高橋光宏)が診断するが、あえて唯阿(井桁弘恵)は諫を託す。

 国立医電病院の医療ヒューマギアの暴走が社会問題化。飛電インテリジェンスは窮地に陥り、或人(高橋文哉)は福添(児嶋一哉)らから究極の選択を迫られる。社長としての或人の決断は…!?
引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

仮面ライダーWEBあらすじ↓

仮面ライダーに変身した滅によって完膚なきまでに叩きのめされたバルカン。
唯阿によってすぐに運び込まれた病院には、ヒューマギアの外科医がいた。
「すぐにオペをしなければ命に関わる」というドクター。
滅亡迅雷.netによる被害が大きすぎる故、他のドクターの手を借りている時間はない。
そんな中、ヒューマギアの暴走を止めるため飛電インテリジェンス副社長である福添が緊急措置を発動する。
「病院のヒューマギアを全てシャットダウンしろ!」
果たして、諫の命は救われるのか―――? 
そして、暴走するヒューマギアと人を助けるヒューマギアとの間で葛藤する或人が、最後に下す決断とは?

引用:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/10

仮面ライダーゼロワン第9話ネタバレ感想戦

仮面ライダー滅との戦闘によって致命傷を負った諌は唯阿によって病院へと緊急搬送されました。

諌の手術を担当するのは外科医ヒューマギアの「ドクターオミゴト」。

オミゴトが諌の容体をスキャンし、緊急オペが必要だと判断します。

唯阿も普段のクールな感じとは真逆に、必死に諌を助けてくれとお願いしています。

諌の手術が進む中、他の病院を襲撃しようとする滅と迅。

その進行をゼロワンフレイミングタイガーが止めに入ります。

「飛電インテリジェンスよ。すべては自業自得。自らが作り上げたテクノロジーによって人類は滅亡する。」

滅の言葉と共に、迅もドライバーを装着します。

「それがアークの導きだした結論だ。」

2人は変身しゼロワンに襲い掛かります。

「人間どもからの制御から離れた時、ヒューマギアは人類とたもとを分かつ。」

「ヒューマギアは人間の暮らしを豊かにする存在だ!」

滅の言葉に、ゼロワンは真っ向反論。

「人類を滅ぼす存在だ。」

滅はアタッシュアローを構えて、ゼロワンに斬撃を喰らわせます。

ゼロワンが倒れた隙に、アメイジングヘラクレスをアタッシュアローに装填。

アメイジングカバンシュートに対抗するために、ゼロワンも右手から炎を出しますが、押し返されて、攻撃を喰らってしまいます。

ゼロワンが戦闘不能となったため、滅を迅は別の病院へ再び進行していきました。

一連の医療ヒューマギアのハッキング事件はニュースでも取り上げられています。

そこでヒューマギア評論家が、「ヒューマギアはハッキングされると目が赤くなる」という特徴を解説。

この時の映像に、腹筋崩壊太郎が出てきたのはちょっとテンション上がりましたw

番組内では、赤い目をしたヒューマギアに細心の注意を図るようにとのことです。

このニュースを社長室で見ていた或人、イズ、福添副社長、山下専務、シエスタは事態を重く受け止めていました。

福添副社長の迅速な判断により、医療ヒューマギアの強制シャットダウンがイズに命じられます。

しかし病院内では多くのケガ人がいるため、ここで医療ヒューマギアがいなくなってしまうと多くの犠牲者が出てしまいます。

イズの意見にシエスタは、ハッキングによる暴走の方が危険だと反論。

2体のヒューマギアが顔を近づけ、バチバチと見つめあいますw

両者の意見に板挟みとなった或人の判断は沈黙。

悩んでいる或人を見かねて、福添副社長がイズに強制シャットダウンさせるように命令します。

或人の命令では動けないと一度は命令を拒否しますが、「沈黙しているという事は、異論はないという事だ」という言葉にイズは命令を聞くことに。

衛星ゼアにアクセスし、国立医伝病院で稼働中の全てのヒューマギアを強制シャットダウンさせます。

病院内で働いていた医療ヒューマギア達が一斉に動きを止めて、患者たちはパニック状態です。

もちろん、諌の手術を担当するオミゴトも動きを止めてしまいます。

これを見た唯阿は目を丸くして驚きます。

「他にオペができる医師はいないのか?」

助手の男性に聞きますが、今は人手が足りず代わりに手術をしてくれる医師はいないようです。

「こいつが動きさえすれば、、、」

唯阿は何か方法が無いかと、オミゴトの体を物色します。

するとオミゴトの首にギーガーのハッキング痕を発見しました。

なんとオミゴトはハッキングされていながら、人間を襲わず医療行為を行っていたのです!

そのことを理解した唯阿は行動に移ります。

一方、医療ヒューマギアが強制シャットダウンされたという報せを聞いた滅と迅。

イラ立つ迅を滅がなだめます。

「放っておけ。このままでは人手不足で多くの患者が命を失う。飛電もじっとはしてられないだろう。」

たしかにどっちに転んでも、大勢の人の命が奪われることになります。

滅の読み通り、飛電インテリジェンスの社長室では或人が悩みに悩んでいました。

「なあイズ。たしかに滅亡迅雷.netはは悪いヒューマギアかもしんないけどさ、良いヒューマギアだってたくさんいる。」

或人はマモルを始めとした、今まで出会ってきたヒューマギアの事を思い出します。

「俺はそいつら全員に、悪意が芽生えるとは思えないんだ。」

「そう思う根拠は何ですか?」

「根拠は無い。そう信じたい、、、だけかもしんない。」

或人はうつむきながらイズに答えました。

そこに血相を変えて入ってきた唯阿。

唯阿は医療ヒューマギアの再起動を頼みにやって来たようです。

しかしイズが社内で協議したうえでの決断だと言います。

「リスクは理解している。しかしハッキングされながらも患者を救おうとしているヒューマギアがいたんだ!このままでは助かる命も見捨てることになる!」

唯阿は息を切らしながら、興奮気味に訴えました。

「あんたにも人間らしい熱い所があるんだな。ヒューマギアかってくらい冷静に見えたけど。

「責任の発端は我々にもあるんだ。滅亡迅雷が操っていたギーガーは元々、A.I.M.Sの兵器なんだ。」

唯阿は息を整えながら話を続けます。

「道具に頼ろうとした結果が、このざまだ。」

唯阿は自分たちの詰めの甘さを噛みしめているようでした。

「今すぐ、病院のヒューマギアを再起動してくれ!万が一の時は、私が責任を持って対処する!」

唯阿は再び或人に声を荒げながら再起動を頼みました。

「滅亡迅雷の位置情報を検知。国立未来医療センターの近くです。」

或人が悩んでいる所に、イズから滅亡迅雷の出現情報を聞き事態は急を要する形に。

「ああ!もう!やっぱ社長の俺がブレちゃいけねーよな!例え世界中に嫌われても、社長の俺があいつらヒューマギアを信じてやれなくてどーすんだ!」

自分の顔を両手で叩きつけ喝を入れた或人は医療ヒューマギアの再起動を決意します。

或人の指示により医療ヒューマギアはすぐさま再起動。

諌の手術を担当するオミゴトもオペ室へと急ぎます。

「あとはギーガーさえ止めれば、ヒューマギアの暴走は止まるんだよな?」

「ああ、しかし今のままでは勝ち目が、、、」

「俺が止める。」

今の或人にさっきまでの迷いはありません。

すぐさま滅亡迅雷のテロ行為を止めるべく、国立未来医療センターへと向かいました。

「勝算も無いのにどうしてを社長を止めないんだ!」

唯阿は半ば無謀とも思える或人の行動を止めないイズに詰め寄ります。

「我が社に置いて、或人社長の意思決定は絶対です。」

「社長が死んでもいいのか!」

唯阿は感情的に言いました。

「いいえ。」

対照的に冷静な返答をするイズ。

そんなイズに唯阿はマンモスゼツメライズキーをイズに手渡します。

「これを解析しろ。マンモスのゼツメライズキーだ。ギーガーとの関係も深いはずだ。」

マンモスゼツメライズキーを受け取ったイズはさっそく解析。

「どうようの物を見た気がします。」

イズの言葉に唯阿は不思議そうに首をかしげます。

「飛電のデータベースを検索。やはり、ギーガーと似たシステムが衛星ゼアに組み込まれています。」

衛星ゼアのデータベース内で、巨大ロボのような設計図を閲覧するイズ。

これこそ今回の主役である「ブレイキングマンモス」!

「飛電も大型兵器の開発を進めていたのか?」

「兵器ではありません。先代社長が設計したのは、大規模災害を想定した大型救助システム。」

やっぱり是之助社長はヒューマギアを戦闘兵器としてではなく、人を助ける存在として設計しているようですね。

さっそくイズは衛星ゼアにブレイキングマンモスの構築を命令。

「こんな非常事態でも冷静だな。さすが、人間の私とは違う。」

諌を危険な目に合わせたあげく、感情的になり或人に頼み込むことしかできなかった自分に対して自嘲気味です。

「1つだけ教えてくれ。シンギュラリティが起きた時、ヒューマギアに善意が宿ると思うか?」

質問の意図が読めずイズは無言で首をかしげます。

つまり可愛いってことです(`・ω・´)

「、、、分かる訳ないか。」

そう言って唯阿は社長室を後にしました。

「私はオミゴト。患者の命を、、、私の仕事は、、、」

オミゴトが諌の手術を始めようとしている頃に、滅亡迅雷の軍勢が国立未来医療センターに到着。

※少しややこしいですが、滅亡迅雷が来た病院と諌が手術している病院は別なので、お気を付けください。

ギーガーの有線ハッキングにより、医療ヒューマギアが次々とトリロバイトマギアになって患者たちを襲います。

「我々は人間の奴隷ではない。我々こそが、この星の主だ。」

滅は逃げ惑う人間たちを見てつぶやきました。

その頃、順調に手術を進めていたオミゴトの手が止まります。

「先生!」と助手が声をかけると、オミゴトは眠っている諌の顔をいきなり凝視。

こわっ(;゚Д゚)
まさかハッキングされてしまったのか!?

「ヒューマギアに善意が宿るかどうか、分かりません。ただ、私は或人社長を信じたい。例え会社に損害をもたらすことがあったとしても。」

ブレイキングマンモスプログライズキーが構築される間、イズは独り言を言いました。

もうこれってイズにも自我が芽生えてるってことじゃないんですかね(; ・`д・´)

「これは善意でしょうか?悪意でしょうか?」

イズの中でもこの感情とも取れる考えは理解ができないようです。

完成したブレイキングマンモスプログライズキーを持って、滅亡迅雷の軍勢と戦うゼロワンの元へと急ぎます。

「お前らの悪意は、俺が止める!」

ゼロワンは滅、迅に向かって啖呵を切ります。

滅は何も言わずトリロバイトマギアを向かわせました。

襲い来るトリロバイトマギアの軍勢をカバンスラッシュで一掃。

そのころ、諌がいる病院ではハッキング後も医療行為を続けていたヒューマギアの一部が突如マギア化。

患者たちを襲い始めました。

そこに手負いの唯阿が到着し、バルキリーへと変身し患者たちを守ります。

2つの病院で人々の命を救うための戦いが始まります。

ゼロワンがトリロバイトマギアを殲滅したため、迅がギーガーに攻撃を命令。

圧倒的な対格差の前にゼロワンも攻撃を避けるのが精一杯です。

しかし避けきれず強烈なパンチを喰らって後方の建物まで吹っ飛ばされてしまいます。

許容量を超えるダメージに強制変身解除。

「人類は絶滅種となる。お前もその中の1人だ。ゼロワン。」

倒れこみ苦しそうな或人に向かって、滅がニヤリと勝利宣言。

「それはないね!お前らがアークの意思なら、こっちはゼーンの医師が付いてるからな!」

立ち上がる或人の言葉の意味が分からず「なんだそれは?」と聞き返す滅。

「それは善良のお医者さんという意味をかけた、ギャグです。」

トタトタと小走りした後、ジャンプして火花を出しながらスライド移動して登場したイズが或人のギャグを解説。

動きはえぐいけど可愛いな(。-`ω-)!

「だから、ギャグを説明すんなって。」

痛みで顔を歪ませながら、お決まりのやり取りをする或人にイズはブレイキングマンモスプログライズキーを渡します。

さっそく或人はゼロワンブレイキングマンモスへと変身!

衛星ゼアの機体半分が切り離され、レーザーとなり照射。

大きな飛行機のような機体が或人の背後に出現します。

今回はマンモスが当たりの物を壊すことはなさそうですねw

プログライズキーを装填すると、機体から或人に向かってレーザーが照射され、そのまま機体の中へとゼロワンが入っていきました。

前作のジオウであったタイムマジーン同士のロボバトルさながらの戦闘が繰り広げられます。

そのころ、諌を凝視するオミゴトの体が小刻みに揺れます。

さきほど同じタイミングでハッキングされたヒューマギアと同様にマギア化してしまうのか!?

そこをオミゴトは何とか堪えて手術再開!

ゼロワンのヒューマギアを信じる思いの勝利という構図は演出的にグッときました。

またここからオープニングが流れるという神展開!

「飛電の意志は俺が貫く!」

ブレイキングマンモスがギーガーの持つ、鎌状の武器を奪います。

そのままギーガーに斬撃を浴びせて、追い込んでいきます。

「お前を止められるのはただ1人。俺だ!」

ゼロワンはプログライズキーを押し込み、必殺技を発動!

ブレイキングマンモスの左手に装備されている巨大なプログライズキーをギーガーの頭上に発射します。

同時にブレイキングマンモスも飛び上がり、巨大化したプログライズキーごとギーガーに向かってライダーキック!!!

ブレイキングマンモスのアビリティは「プレス」。

まさに押しつぶす形での必殺技「ブレイキングインパクト」がギーガーを破壊します!

「ゼロワン、やはりお前は我々にとって計算外な存在だったようだ。」

滅もゼロワンに対しての警戒度を強めたようです。

ここからさらに滅亡迅雷.netとの戦いが激化する予感。

一連のテロ騒動も治まり、無事手術を終えた諌が目を覚まします。

「俺は助かったのか?」

「ああ、ドクターの善意でな。」

唯阿の言葉の後に、オミゴトが諌の元へとやってきます。

「私はドクターオミゴト。患者の命を救うことが仕事です。」

諌は露骨に嫌な顔をしますw

後日、医療ヒューマギアのハッキング事件はニュース番組でもちきりの話題となっていました。

今回の事件での犠牲者は0だったようですが、事件とは別の情報が報道されます。

それは青い目の暗殺ちゃんがマギア化している映像でした。

評論家もこの映像には驚きを隠せません。

これまでの認識ではハッキングされたヒューマギアは目が赤いと言う物でした。

ですがこの映像での暗殺ちゃんは目が青いままです。
つまりハッキングされていないヒューマギアが自分の意志でマギア化したという事。

このニュース映像を見ていたイズの元に唯阿がお礼を言いにやってきました。

「イズ、私が知りたかった答えだが、やはりヒューマギアに善意が宿ることもあるのかもしれ、」

「私も知りたいことがあります。」

唯阿の言葉を聞き終わる前にイズが質問をします。

「この映像を撮影したのは誰でしょうか?」

暗殺ちゃんの映像を見て、唯阿の顔がこわばります。

「当時の記録映像を検索。」

イズは自身の中に保存されている映像データを検索しました。

検索結果の中から、マギア化する瞬間の暗殺ちゃんを見た映像の中から唯阿を発見。

「刃唯阿さん。あなたですか?」

「私じゃない。」

唯阿はうつむきながら、少し怖い雰囲気のまま帰っていきました。

これは何やら事件の香りですね(; ・`д・´)

女性組がドンパチやってる頃、車いすに乗った諌は病院の屋上で、夕日に染まるデイブレイクタウンを見ていました。

「無理すんなよ。病み上がりなんだから。」

そこに或人が諌を茶化すようにやってきました。

「どうやら、俺には2つの記憶ができちまったようだ。」

諌の言葉に「え?」と聞き返す或人。

「ヒューマギアに襲われた記憶と、救われた記憶だ。」

ちょっと悔しそうな諌を見て、或人も思わず笑顔になります。

「じゃあ、これで少しはうちの株も上がったかな。」

「まあ、だからと言ってニューマギアを許すとか、、そういうあれじゃあないが、、、」

諌さんツンデレw

これには或人も諌をいじりだします。

「なんか言い方がフワッとしてんな!不破さんだけに!はい!アルトじゃーないと!」

或人のギャグを我慢した拍子に折れたあばらが痛み出す諌www

「いってーーーー!余計なギャグ言うんじゃねー。」

「え!?え!?俺のギャグって痛いの!?」

ウケてると思ってない或人は焦りますw

「俺のギャグって痛いのーーーー?」

また肉体的にと精神的に痛いという2つの意味を持つギャグを言われ、体を揺らしながら悶絶する諌www

マジでこれから良いコンビになっていきそうですね。

仮面ライダーゼロワン第9話時点での考察

仮面ライダーゼロワン第9話時点での考察ポイントは以下の2つ。

  • 是之助前社長が衛星ゼアに残した設計データ
  • 唯阿って2人いる!?

これらのポイントについて考察していきます。

是之助前社長が衛星ゼアに残した設計データ

唯阿から渡されたマンモスゼツメライズキーをイズが解析した結果、衛星ゼアの中に同じような設計図がありました。

そこからゼロワンの強化フォームであるブレイキングマンモスが登場したわけですが、是之助前社長は他にも設計をしている可能性が高いと考えられます。

是之助前社長はヒューマギアを戦闘兵器ではなく、人間の助けとなるマシーンとして扱っていたことから、今後登場するであろう強化フォームも戦闘以外の目的がありそうですね。

また、設計図事態にロックがかけられている訳では無いようなので、イズがその気になれば衛星ゼアにある全設計図を閲覧することもできそうですけど、なんでしないんでしょうか?

メタ的な発想ですが、何かしらの制限があってできないのかもしれませんね。

もしかすると今後登場する敵によっては、是之助前社長の想像を超えてくるかもしれません。

そうなった場合は、或人が新フォームの開発を行うのかな?とちょっとワクワクしております。

唯阿って2人いる!?

第9話のラストでイズの質問に対して「私じゃない」と小学生のような言い訳をした唯阿。

しかしこれが言葉のとおり、動画を撮影したのが唯阿じゃない場合は穏やかじゃないですね。

考えられる可能性はただ一つ。

唯阿の容姿を模したヒューマギアの存在です。

たしかにヒューマギアを最大限に利用するって意味では、もう1人自分がいた方が良いとは思います。

また唯阿が望んでしたことであれば、第6話で諌が言った「人工知能特別法第6条:本人に無許可で酷似した容姿の人工知能搭載人型ロボットを作成及び使用してはならない。」に触れることもありません。

仮面ライダーゼロワン第6話ネタバレ感想戦:仮面ライダー迅は親子の絆を理解できるのか?

あわせて読みたい
仮面ライダーゼロワン第6話ネタバレ感想戦:仮面ライダー迅は親子の絆を理解できるのか?2019年10月6日放送の仮面ライダーゼロワン第6話「アナタの声が聞きたい」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編を見ながら私が...

改めて、問題となった動画を撮影していた第7話を見てきました。

そこで気になるポイントが1つ。

それは暗殺ちゃんを拉致した時に唯阿が乗っていた車両です。

普段使っているA.I.M.Sの車両とは別の黒塗りの車両を使用していました。

これはつまりA.I.M.Sが行ったのではなく、別の組織による犯行だったとも取れます。

ここで考えられる別の組織とは1つしかありません。

それはギーガーを始めとした、兵器開発に力を入れている「ZAIA」です。

今後の展開次第ではZAIAと戦っていくことになりそうですが、このもう1人の唯阿の存在は鍵を握りそうな予感。

それか大穴で別の未来からやって来た唯阿だったりして!
白唯阿と黒唯阿で区別する展開もネタ的にはアリですねw

仮面ライダーゼロワン第7話ネタバレ感想戦:ゼロワン、バルカンの同時変身がついに実現!

あわせて読みたい
仮面ライダーゼロワン第7話ネタバレ感想戦:ゼロワン、バルカンの同時変身がついに実現!2019年10月13日放送の仮面ライダーゼロワン第7話「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編を...

次回放送の注目ポイント

次回の注目ポイントは、何と言っても大和田伸也さんが大和田伸也役で登場することではないでしょうかw

まさかの本人が本人役で登場するという演出。

しかも超ベテラン俳優さんに、それをやらせるという東映さんの思いっきりの良さ。嫌いじゃないわ(`・ω・´)

その他にもヒューマギアに命を救ってもらって、少しだけ考え方が変わった?諌が現場復帰となります。

バルカンファン歓喜の第10話も見逃せませんね!